ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題


“松阪牛”や“日本酒”などの名前をお互い保護することが日本とEUの間で決まった。日本のブランド名が保護される一方で、シャンパンやパルマハムなど、使っていた名前が今後使えなくなる可能性もでてきている。偽物からブランド名を守る動きを取材した。


■日本とEUとの間で大枠合意されたEPA(=経済連携協定)で、EU産のチーズやワイン、日本酒など多くの関税が撤廃されることになった。この協定には関税の他に、お互いに地名を使ったブランドを保護するという取り決めも含まれている。松坂牛の中でも数パーセントしかないという“特産松阪牛”も、保護対象の1つになる見込み。

■特産松阪牛は3月に農林水産省が認定する“地理的表示保護制度”に登録された。この制度は、地名を使ったブランドを国が審査の上、登録し、保護するものだ。
特産松阪牛の登録を申請した松阪市長は、偽物が出回るのを防ぐ目的もあり申請したという。

■“日本酒”という名称も保護されることになる。山形県で120年以上続く老舗の酒蔵では、約30か国に日本酒の輸出を行っている。日本酒という名前が広がることで、ワインのような“世界のアルコール飲料”になってほしいと話す。

■イタリアのパルマで作られる生ハム“パルマハム”は、EUで“プロシュット・ディ・パルマ”という名前で保護されている。そのため、今後、日本でパルマハムを使っていないものに“パルマ風”などの名前をつけることが禁止になる可能性がある。

■わかりやすいということで“パルマ”のつくメニューを提供している飲食店では、「名前を変えなきゃいけなくなる」と、戸惑いの声も。農林水産省によると、パルマ風などの使用について「本家にあやかろうとしたか」が使用禁止の判断基準になるという。

詳細はソースにて
http://www.news24.jp/articles/2017/07/12/06366836.html

【【飲食店困惑?】EUとのEPAで日本のインチキ○○料理が使えなくなる?今後騙れなくなるかも。】の続きを読む

98084442df23f6b201ea4ebc9baf11d5

「皆様の支援で助かっていることは確かです。ただ、それで『困っている』部分もあるんです」――。
2017年7月12日、J-CASTニュースの取材にこう話すのは、九州での豪雨被害を受けてフェイスブックに「タオル支援」を呼び掛けた大分県日田市の佐藤日出美さん(50)だ。

12日昼時点で、佐藤さんの元には段ボール約500箱分のタオルが届いている。また、一時は支援に関する問い合わせ電話が1日に100件近くもかかってきた。佐藤さんは「対応に追われている」として、「まさか、こんなことになるとは...」と話す。

■「古いタオル、全国から大募集」

佐藤さんは日田市で児童向けの雑貨店「ちゃいるどるーむ」を営んでいる。7月5日から6日にかけて九州北部を襲った記録的な豪雨の影響により、店舗と自宅の両方が床上浸水した。
浸水の影響で店舗と自宅は泥だらけになり、掃除に必要なタオルが足りなくなった。そこで佐藤さんは、5日夜に更新したフェイスブックで、浸水被害の状況を写真付きで紹介するとともに、

“「古いタオル、全国から大募集」などと、住所と電話番号を添えて呼び掛けた。

この呼びかけには多くのネットユーザーが反応。翌6日までにシェア数は500件を超え、佐藤さんの元には大量のタオルが届くことになった。直接、「ちゃいるどるーむ」店舗までタオルを届ける人もおり、6日朝に佐藤さんは、

“「タオル十分足りてます!」

とフェイスブックに投稿。その後6日夕になって、「混乱を招く」ためタオル募集を呼び掛けた投稿を削除したことを報告した。

だが、佐藤さんの元にはその後も大量のタオルが届く。一部のブロガーやツイッターユーザーが、削除済みの「タオル募集」投稿の拡散を進めたことが原因だ。佐藤さんは8日に更新したフェイスブックで、「(タオルは)送らないでください」と発信。続けて、

“「タオルは現在募集しておりません。(中略)問い合わせが殺到して、対応が大変な状況です。facebookしかしていませんが、ツイッターで蔓延しているそうです。困っています。ご協力お願いします」とも呼び掛けた。

■問い合わせ電話は1日「100件」近くに

だが、それでもネットの「拡散」は止まらない。佐藤さんが「送らないでください」と訴えた8日以降も、ツイッターには、

“「雑巾がたくさん必要だそうです」
「古いタオルわりとあるからおくろうと思う」
「まとめて現地に送ります」

とのコメント付きで、タオル支援を広く呼び掛ける投稿が寄せられていた。中には、佐藤さんがタオル募集を中止した事などを伝えるツイートもあるのだが、「拡散」を食い止める力はなかったようだ。

こうした「拡散」の結果、どれだけのタオルが佐藤さんの元に送られてきたのだろうか。

12日昼に佐藤さんに話を聞くと、「これまでに、段ボール500箱近くですかね」。現在も段ボール単位でタオルが届く状況だという。また、一人だけでは大量の荷物に対応できないため、周辺の住民にタオルの受け取りや仕分けの「ボランティア」も依頼しているそうだ。
さらに、支援の「問い合わせ電話」にも追われているという。佐藤さんは、支援ができないかと尋ねてくる電話は「すべて断っている」とした上で、

“「一時は、1日100件近くの問い合わせがありました。本当に、朝から晩までひっきりなしに電話がかかってくる状況で...。今は少なくなりましたけど、まだ電話は来ますよ」としていた。

こうした状況を説明した上で、佐藤さんは、支援への対応に追われ「日常生活が大分削られているのは事実」として、「やっぱり、過剰な支援に困っている部分はあります」と話した。

※続きはソース先をお読み下さい

J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2017/07/12303051.html?p=all

【【被災地支援】ネットの「善意」の盲点 九州豪雨で「タオル大量送付」が起きた理由】の続きを読む

mushi_dani

マダニにかまれ男性死亡 発熱と意識障害(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170712-00000957-fnn-soci

北海道で、マダニにかまれた男性が亡くなった。死因は、ウイルスによる脳炎だったという。
日本列島がヒアリ騒動で揺れる中、より身近にいるマダニで死者が出た。
函館市から北海道に入った報告によると、マダニにかまれた70代の男性が、発熱や意識障害などの症状が出て、死亡したという。
その原因が、ダニ媒介脳炎。
ダニ媒介脳炎とは、マダニによって媒介されるウイルス感染症で、主に血を吸われることで発症する。
感染すると、1~2週間の潜伏期間を経て、発熱、頭痛が現れ、その後、けいれんや目まい、知覚異常などが起き、最悪の場合、死に至る。
ダニ媒介脳炎の感染確認は、今回で3例目。

詳細はソースにて

【【日本列島がヒアリ騒動で揺れる中】マダニにかまれ男性死亡 発熱と意識障害】の続きを読む

ダウンロード

CDやレコードをまったく買わず、ただ「写真」だけを撮りに店を訪れる若者が増えている――。ある老舗レコード店のオーナーがツイッターに寄せたこんな呟きが、インターネット上で驚きをもって受け止められている。

実際、複数のレコード店にJ-CASTニュースが取材すると、「店内の様子や商品を撮影している若者は確かによく見かける」と答える店が多かった。なかには、店員に許可を取らず、いきなり撮影を始める客もいるという。

レコード店と若者を巡る現象について指摘したのは、1987年開業の「ジャンゴレコード」(奈良市)のオーナーだ。
店の公式ツイッターアカウントで2017年7月9日夕、「突然人が入ってきて驚いた。しかも若い女性3人組。1人がレコードを見てる様子を友人が撮影し、すぐに帰っていった。実はこの春以降、全く同様の行動がこれで4~5回目!買った人は1人もいない」
と報告したのだ。続けて、「若い女性だけに限って言うと、お客さんの実数よりも多いくらいだ(笑)」としていた。

また、こうした客は「写真だけ撮ったら皆さんサッと次のお店に向かう感じ」だとして、「SNSやインスタグラムは現代を生きる若い人たちの青春なのだろうか?」との疑問も呟いている。
ただ、決して写真だけを撮りに来る客を非難するつもりはないとして、「単純に今の若い人のインスタグラムへの情熱に驚いている」との感想を綴っていた。

一連のツイートを受けて、インターネット上では、CDやレコードを購入せずに写真だけを撮る行為について賛否の分かれた意見が出ている。ツイッターやネット掲示板には、「なんのためにやっているのか理解できん・・・」
「レコードやCDの写真を買ってもいないのにインスタにあげて何のメリットがあるの」
「レコード選ぶのがオシャレなのかな。レコードを触ってるのがオシャレなのかな。そんなブームだったら要らないな」
といった反発の声が目立つ。ただ一方で、「広告費用かけずに宣伝してくれてる」「どう考えてもビジネスチャンス」など、店側はこうしたブームを活かすべきと前向きに捉える意見もあった。

実際、レコード店を訪れたことを報告する写真はSNS上に大量に公開されている。例えば、インスタグラムでハッシュタグ「レコード女子」「レコ女」などと検索すると、レコード店で商品を選ぶ様子をおさめた写真が数多くヒットする。
そのほか、ツイッターでも、レコード店を訪れたことを「オシャレなレコード屋さんに来た」「お洒落感がすごい!」などと写真付きで報告する投稿が見つかる。

こうした現象について、上述した「ジャンゴレコード」オーナーは7月10日のJ-CASTニュースの取材に、「本当に、一切レコードを選んでいる様子もなく、ただ写真だけ撮っていくんです。ゴールデンウィーク以降、こうしたお客様が立て続けに来店したので、単純に疑問に思ってツイッターでつぶやきました」と話す。
オーナーが遭遇したのはいずれも10代後半から20代前半の女性グループで、店の滞在時間は「どのグループも、大体1分くらいだった」という。

ただ、オーナーは写真だけを撮る客を責める気は一切ないそうで、「むしろ大歓迎したいくらい」。その理由については、「レコード店もCDショップも少なくなってきていて、純粋に『珍しい』と思って写真を撮ったのではないでしょうか。
私としては、どんな理由でもレコードに興味をもってくれればそれだけで嬉しいので、むしろ、『みんな写真を撮りに来て!』と言いたいほどです(笑)」
(続きはソースをご覧下さい)
https://www.j-cast.com/2017/07/11302879.html 

【【レコード店に入るも写真撮るだけ…】買った人は1人もいない 若者の奇怪行動に店側は...】の続きを読む

このページのトップヘ