ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
3222453025062018000001-PB1-5

アジアの五輪といわれるアジア競技大会に、ゲーム対戦競技「eスポーツ」の日本代表選手が初めて出場することになった。

国内予選を勝ち抜いた11人の選手のうち3人が東アジア地域予選を突破。
これを受けて日本オリンピック委員会(JOC)はエントリー手続きをするが、「JOCが派遣する正式な日本代表ではない」という位置づけだ。
日本代表であって日本代表でない――とはどういうことなのか。

焦点となっているのは8~9月にインドネシアのジャカルタで開かれるアジア競技大会だ。
同大会はアジア・オリンピック評議会(OCA)が4年ごとに開催する国際総合競技大会で、JOCが日本代表選手を派遣する。
ジャカルタでは初めてeスポーツが公開競技に採用されることになり、日本を含む27の国・地域の選手が6つのエリアに分かれて予選を戦った。

本戦の出場権を得た日本人選手はサッカーゲーム「ウイニングイレブン」で2人、カードゲーム「ハースストーン」で1人。

韓国、中国、台湾などの強豪がひしめく東アジア地域予選を勝ち抜いただけあって、
競技団体の日本eスポーツ連合(JeSU、東京・中央)は「上位入賞できるかもしれない」と期待する。

だが代表選手を派遣するはずのJOCは、我関せずというスタンスだ。
「(エントリーの書類に)JOCの判がなければ出場できないので、代わりに押してあげるだけ。
eスポーツの選手を派遣するのはJeSUであって、JOCではない」。
日本代表としての統一ユニホームや現地での滞在費支給は無し。JOCの公式記録にも残らない。

大会が始まっても、JOCが派遣する正式な日本代表でないeスポーツの選手たちは開会式や閉会式に出席できない。
現地ではホテルなどの宿泊場所が不足する可能性が高いが、「選手村に入れるかどうかはインドネシアの組織委が判断すること」とJOCは突き放す。

背景には、eスポーツに対する態度を決めかねているJOCの事情がある。
もともとJOCの内部には「テレビゲームがスポーツなのか」という慎重な意見が根強い。
「eスポーツが公開競技になると現地から連絡を受けたのはつい先日で、きちんと議論している時間がなかった」とJOCは説明するが、
内々には以前から分かっていたことで、結論を先送りしてきたのは間違いない。

JOCには国内の様々な競技団体が加盟している。
正加盟には水泳、体操、柔道、野球、サッカーからボディービル、ダンス、ボウリングまで55団体(4月25日時点、以下同)、
準加盟にはカバディ、チアリーディング、ブリッジなど6団体、
承認にはオリエンテーリング、ペタンクなど5団体が名を連ねるが、そのいずれにもeスポーツの名前はない。

(※以下ソース)
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32224460V20C18A6000000?channel=DF090520172480

【【アジア競技大会】「テレビゲームがスポーツなのか」・・・eスポーツ日本代表“JOC除外”、開会式出れず、滞在費支給無し、公式記録残らず 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: ジャック@\(^o^)/ 2018/06/27(水) 18:27:52.15 _USER9
だから日本の男性は若い女の子が好き?! ヤマザキマリが「日欧の違い」を斬る〈dot.〉
6/27(水) 16:00配信
AERA dot.

「ポルトガルに住んでいた頃のこと。近所に近代的な文房具屋ができたんだけれど、誰も行かなくてつぶれちゃった。
代わりに昔からある古い店が繁盛してるんです。新しい店が信用されないんですね」

【4種類の描き下ろしのカバー表紙や裏表紙はこちら】
no title

no title


そう語るのは、漫画家のヤマザキマリさん。ヤマザキさんは大ヒット漫画『テルマエ・ロマエ』の作者。
その作品は、油絵専攻らしい確かな画力と、歴史についての該博な知識が高く評価されている。
そんなヤマザキさんに、累計8万部突破『エリア別だから流れがつながる 世界史』の特装版の装画を依頼。
カバー表にマリ=アントワネットとカエサルを描いてもらい、カバー裏は外国暮らしで感じる「日欧の文化の違い」や「歴史」に関するインタビューを掲載。

今回は、カバー裏に掲載しきれなかったお話をご紹介する。

*  *  *
「ヨーロッパに住んでいると歴史的な事件が、まるで最近の出来事のように感じられます。
例えば、16世紀末にキリシタンの少年たちが日本からローマへ派遣された天正遣欧使節団。
彼らの通過した国々に住んでいた頃、その痕跡を至る所で感じました。
地元の小さな教会を訪ねたとき、壁に彼らの姿が描かれていたり、
『あんた日本人かい? 以前ここに日本人が来てあのオルガンを弾いたんだよ』と話しかけられて、よくよく確認すると使節団のことだったり。
そういうなかで暮らして、築500~600年の家に住んでいると、歴史に組み込まれているのが当たり前で、特別なことだとは全く感じなくなるんです」

そんなヤマザキさんが一番感動したのは、レバノンのバールベックやシリアのパルミラなど、地中海東部の古代ローマ遺跡を初めて見たときだそう。

「とても壮麗で、しかも、最盛期の様子が想像できる状態で残っているんですね。
それでいて、遊牧民が住みついていて、洗濯物を干していたりするんです。
『おれの家になぜ来た?』と言われましたよ。彼らはそこを長年、普通に住居としてきたんですよね。歴史性がそんなふうに感じられる点も素晴らしい。
パルミラはその後、シリア内戦で破壊されてしまいましたが……」

古代ローマは建築のレベルだけでなく、生活水準も高かった。浴場が整備され人々に利用されていたようすは『テルマエ・ロマエ』にも詳しく描かれている。
が、ヤマザキさんが古代ローマに引かれるのは「食いしん坊だから」でもあるとのこと。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00000013-sasahi-life

「味覚が相当進化していたらしいんですよ、古代ローマ人は。魚醤があったということは、魚の出汁がわかっていたということじゃないですか。
私の、現代日本人の味覚とどのくらい張り合えるのか、タイムマシンでトリップして確かめたいです! 
それに、砂糖が普及するのは1000年以上後ですし、香辛料はシルクロードで運ばれてくる貴重品でしたが、ローマ人はハチミツで甘味を出し、
香辛料もけっこう使っていたらしいんです。パクチーさえ使っていたというので、パクチー好きの私にはたまりません。
宮廷料理なんて、さぞや豪華だったと思うんですよ。当時の貴族は、とても豊かな生活をしていたはず。
家の壁も、この大理石をピカピカに磨き上げていて、輝くばかりだっただろう……と、イタリアにごろごろしている遺跡を見るたびに、想像力がかきたてられます」

■対する日本は?

イタリアみたいに石の家屋がずっと残っている所だと、『車だって新車じゃなく、中古をわざわざ選んで買う』、
『他人の癖がついてきたものを、自分流にするのが面白い』。一方、日本は木の文化で、地震や火事などの災害のたびにリニューアルを余儀なくされています。
「新しいもの」に軸足を置かざるをえません。日本の男性が若い女の子が好きなのは、そこに理由があるのかな(笑)」(ライター・砂崎良)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00000013-sasahi-life&p=2

【『テルマエ・ロマエ』作者ヤマザキマリが「日欧の違い」を斬る だから日本の男性は若い女の子が好き?! 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
220px-Doki_Doki_Literature_Club_Cover

海外ではカルト的な人気を誇るビジュアルノベル『Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部!)』。
イギリス東部の都市サンダーランドでは、本作をプレイした男子学生が精神崩壊の末に自殺する事件が起きてしまった。

イギリスの地元紙「サンダーランドエコー」が報じている。

問題視されているのは『Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部!)』。

本作は北米のゲームスタジオTeam Salvatoが開発を担当。日本の美少女ゲームの体裁をしながら、鬱病・自殺・自傷行為を扱ったホラービジュアルノベルだ。
精神を蝕まれるプレイヤーが相次いでいる。

そして今年起きた15歳少年の自殺も、本作が元凶だと考えられている。

少年の自殺の調査にあたったマンチェスター市検視局は「学生が『Doki Doki Literature Club!』をプレイした証拠を得た」と発表。
さらにサンダーランド市の教員・保護者らに本作をプレイしないよう警告を発令した。マンチェスター市検視局は事態を重く見ているようだ。

英国全土の関係当局に連絡をとり「各自治体がこの問題を認識し、適切な情報を発信できるようにして欲しい」と述べた。

サンダーランド児童安全保護理事会のPaul Ennals会長も「子供の安全を守るため、事件について保護者や自治体と情報共有していきたい。特に高学年の児童がいる家庭にはこのゲームのことを周知させたい」と語っている。


Sunderland parents warned about online game as teen death probe launched
https://www.sunderlandecho.com/news/sunderland-parents-warned-about-online-game-as-teen-death-probe-launched-1-9218527

【【悲報】美少女ゲーム『ドキドキ文芸部!』で精神崩壊したイギリスの学生が自殺 イギリス全土に警告発令 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
61uQQmwp-xL

「女性活躍」が声高に叫ばれ続けている。「女性活躍推進法」が成立し、職場で活躍したい全ての女性たちの能力発揮のための行動計画の策定などが事業主に義務付けられた。
しかし、実際の現場はどうだろう。本当に国の思惑どおりに「女性活躍」は進んでいるのだろうか。

『「女性活躍」に翻弄される人びと』(奥田祥子/光文社)は、大学教授でありジャーナリストでもある著者が、
長年にわたり取材対象者ひとりひとりと丁寧に対話していく中で浮かび上がってきたリアルな声を元に、女性たちや、それを取り巻く男性たちの姿を描いたルポルタージュだ。

■「こんなはずではなかった」…迷える女性たち
 結婚、非婚、出産、離婚、シングルマザー…女性の生き方はさまざまな選択肢が存在し、男性よりもバリエーションに富む。
しかし中には、やむにやまれぬ事情で望まぬ生き方を選ばざるをえない状況も存在する。

 非正規社員として働くMさんは30歳を過ぎて未婚で子どもがいない。
いわゆる“負け犬”にはなりたくなかったが、非正規ゆえに職場に定着できず、信頼できる人間関係の構築が困難で出会いもない。

「非正規であるせいでいい出会いがない」

 今や結婚相手を探す男性たちは、妻となる女性たちにも経済力を求める傾向が強くなっているのだという。

「産め」「働け」「輝け」の三重殺。真の「女性活躍」とは?
https://ddnavi.com/review/467706/a/

【【主婦が勝ち組の時代に…?!】まんさん「女性活躍と言うから仕事に専念したら婚期を逃した。こんなはずでは」 】の続きを読む

このページのトップヘ