ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
生活雑貨店チェーン「ロフト」が2019年1月21日から展開する広告キャンペーンに批判が寄せられている件で、同社が広告を取り下げることが分かった。

 広報部は2月4日、J-CASTニュースの取材に「多様な価値観にもとづくお客様の意識へ配慮を欠いた」とお詫びした。

■「なんの意図?女貶めたいだけじゃん」

 批判を集めているのは、バレンタインデーに合わせて展開している広告だ。「女の子って楽しい」とのコンセプトのもと、メインビジュアルには体を寄せ合い仲睦まじい様子の女性5人のイラストを使った。

 しかしコンセプトとは対照的に、ウェブCMでは女性5人が実は不仲であると示唆するシーンが多数登場する。女性たちの後ろ姿が映し出される場面では、髪や服をひっぱる描写があり、「女子だけって落ち着く~」「FOREVER FRIENDS」と内容と真逆のコピーが踊る。

 動画をめぐっては、SNSで「女の友情なんて所詮こんなもんという強い女性蔑視を感じて不愉快」「なんの意図?女貶めたいだけじゃん」と疑問視する声が少なくない。

「楽しい女の子にみられる、茶目っ気やユーモアさを表現」

 ロフト広報部は取材に、広告は「楽しい女の子にみられる、茶目っ気やユーモアさを表現しました」と話す。

 しかし、「ご不快な思いを持たれたお客様も少なくない」として「多様な価値観にもとづくお客様の意識へ配慮を欠いたことは深く反省している」とお詫びした。

 今後、ウェブサイトと店頭ポスターに掲載した女性5人のイラストは取り下げる予定だという。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000002-jct-soci

写真
no title

【【バレンタイン広告取り下げへ】<ロフト> 女子の不仲描いて「女性蔑視」と指摘相次ぐ 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年1月29日放送された『ヒルナンデス!(日本テレビ系)』にて驚きのアイテムが紹介され騒然となっている。

Oggi専属モデルの林田岬優さんのカバンの中を抜き打ちチェックと称して数々のアイテムを紹介。
腰に挟んだりして使う『ホームローラー』やマッサージグッズの『トルマリンローラー』などを紹介。

そしてカバンの中から大きなボトルが出てきた。林田岬優さんは「化粧水です、エレクトロン スキンローション」と説明。
ただ普通の化粧水ではなく、「電子水(e-water)」だという。

水に電子を含ませており驚きの浸透力と説明。潤いとツヤを与えてくれるようだ。

このエレクトロンスキンローションは100mlで7020円と非常に高い。アマゾンだと既に「ヒルナンデス」と商品名に
付けられて販売されておりその価格1万2800円。しかも最短で2月22日~3月1日でのお届けとなっているようで
番組放送後に購入者が殺到したようだ。

※記事に動画あり
http://gogotsu.com/archives/47658
no title

no title

no title

【水素水の次は「電子水」なる怪しい物が番組に取り上げられる アマゾンで早速値段が高騰し到着が3月に 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「騎士団長 島耕作」が、3月28日発売の月刊コミックZERO-SUM5月号(一迅社)にてスタートする。
これは本日1月28日発売の同誌3月号にて告知されたもの。「島耕作」シリーズの生みの親である弘兼憲史は「テンセイ…と聞いて、島耕作が女性になるのかと思った。
転性した島耕作も見てみたかった、中世の騎士を楽しみにしている。がんばれ、騎士団長 島耕作!!」とコメントを寄せた。なお「騎士団長 島耕作」の詳細は次号にて伝えられる。

https://natalie.mu/comic/news/317655
no title

【【島耕作】ついに異世界転生へw 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00010004-newsweek-int

no title


これまでに少なくとも97枚のビキニを着た、と言っていたウー Gigi Wu/FACEBOOK
<ウーは救助を求めていたが、軍用ヘリも引き返すほどの悪天候だった>

ビキニ姿で山頂に立つ自撮り写真をインターネットに投稿して有名になったハイカーが、台湾で山登りの最中に凍死した。

エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

「ビキニ・ハイカー」として知られるジジ・ウー(36歳)は、台湾の南投県にあるマボラス山近くで、およそ20メートルの峡谷の下で死亡しているのを救助隊に発見された。

台湾の英字紙タイワン・ニュースによると、ウーは1月19日、滑落して怪我を負ったあと、衛星電話を使って救助を求めた。空中勤務総隊は、軍用ヘリのブラックホークを3度にわたって派遣したが、悪天候のためにウーを発見できなかった。

遺体が発見されたのは、徒歩による捜索が再開されたあと。ウーが持っていた遭難用ビーコンのそばで、南投県消防局の隊員に発見された。

ウーの死因は低体温症(凍死)とみられている。怪我で身動きが取れないのに、気温が1度くらいまで急降下したせいだ。

始めたきっかけは罰ゲーム
ウーは、台湾国内にある高い山々に登り、その山頂でビキニ姿になって自撮りした写真をインターネットで共有し、多くのファンを獲得してきた。

投稿を始めたきっかけは、友人との賭けに負け、罰ゲームとして山頂でビキニ姿になったこと、とウーは述べていた。ニュースチャンネル「フォーカス台湾」の報道によれば、ウーは4年間に100回ほど山に登り、少なくとも97種類のビキニを着たと話していたという。

ウーはこの後も、南華山から卓社山まで25日間の単独登山に挑戦するつもりだった。12月24日にフェイスブックに書いていた。2018年は、1年のうち127日間を山に登って過ごしたと述べていたと、蘋果日報は報じた。

ひどい切り傷と打撲を負った脚の写真をフェイスブックに投稿し、山で滑落したときのケガだと話していたこともあった。

ウーの訃報を受けて、ソーシャルメディアのユーザーたちは、彼女のフェイスブック・ページに追悼メッセージを寄せている。

「安らかにお眠りください。そちらの世界でも山登りをして、あなたらしく幸せでありますように」と、ウルム・リアンというユーザーは投稿している。

「美しい景色を見せたいというあなたの勇気に感謝します」というメッセージも寄せられた。リン・リッチというユーザーからだ。

【台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死 ・・・】の続きを読む

このページのトップヘ