ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

ハーバード・スミソニアン天体物理学センター(CfA)とハーバード大学の研究チームは、「高速電波バースト」と呼ばれる天文現象が、高度に発達した異星文明の存在証拠である可能性があるとの見解を発表した。研究論文は、天体物理分野の専門誌「Astrophysical Journal Letters」に掲載される。

高速電波バーストは、継続時間が数ミリ秒という極めて短い電波のフラッシュ現象であり、その発生源は数十億~100億光年先にあると考えられている。2007年に初めて観測されて以来、豪州にパークス天文台やプエルトリコのアレシボ天文台などの大型電波望遠鏡で20例程度が検出されているが、その発生原因・メカニズムは謎に包まれている。

高速電波バーストを説明できる自然現象が特定できないため、研究チームは今回、この現象が異星人の文明による人工的なものである可能性について検討した。

研究チームは、宇宙船にエネルギーを供給するための巨大な電波送信機が存在しており、そこからの漏洩電波が高速電波バーストの正体ではないかと考えた。そこで、数十億光年以上離れた地球からも検出できるほどの強力な電波送信機は建造可能かどうかについて検討を加えた。

巨大電波送信機が太陽光エネルギーを利用していると仮定した場合、地球の2倍程度の大きさの惑星の表面に降り注ぐ太陽光によって、必要なエネルギーをまかなえる計算になるという。このような巨大送信機の建造は人類の技術では到底不可能だが、物理法則の許容範囲内で実現できる可能性はあると研究チームは指摘する。

巨大電波送信機が工学的な観点から可能かどうかについても検証した。エネルギーの集中によって構造物が溶解してしまうのではないかという懸念については、地球の2倍のサイズの水冷装置によって耐熱可能であることがわかったという。

研究チームは、巨大電波送信機の使用目的としてもっともあり得そうなのは、帆船のように光(電磁波)を受けて進む恒星間宇宙船の動力源であると主張している。巨大電波発信機によって、地球上の最大規模の客船の20倍程度(積載量100万トン)の宇宙帆船の推進力を供給できると考えられるという。これは「恒星間、あるいは銀河間での宇宙船の航行に十分な大きさである」と研究チームはコメントしている。

宇宙帆船にエネルギー供給するためには、電波送信機は、常に宇宙船に焦点を絞ってビーム照射を続けなければならない。地球上では電波が極めて短い時間しか観測されないのは、宇宙船およびそれが属する星系が地球に対して相対的に動いているためであると説明できる。

巨大送信機から電磁波を受けて進む宇宙帆船のイメージ(出所:CfA)
no title

http://news.mynavi.jp/news/2017/03/15/321/

【【宇宙ヤバイ】謎の現象「高速電波バースト」は異星文明の可能性、宇宙船の動力源か ハーバード大】の続きを読む

7d91f_1591_11508265e4e9dbb407498c4c6918488a

コンビニは日用品の購入だけでなく、宅配便の受け取りや公共料金の支払いなどもでき、もはや日常生活には欠くことができない。そうした中、ツイッターでは、コンビニでの「おむつの販売」をめぐって賛否両論が繰り広げられている。

事の発端は、とあるツイッターユーザーが投稿した「粉ミルクやおむつなどを売って欲しい」という趣旨のツイートだ。
これを別のユーザーが「#コンビニはエロ本を売らずにおむつを売れ」というハッシュタグで、3月12日前後に拡散した。

■「おにぎりやお茶のように、オムツや液体ミルクも買えるようになって欲しい」

成人雑誌をコンビニで販売することの是非は以前から議論されてきた。行政が動くケースもあり、千葉市では今年2月、市内の一部のコンビニで陳列棚の成人雑誌に不透明なフィルムをつけ、表紙の一部を隠す取り組みを始めることを発表している。
実際、成人雑誌を置かない店舗もある。

そうした背景もあり、「エロ本ではなくおむつを」という意見に賛同の声もある。
子育て中の人からすれば、出先でおむつを切らしたり、ドラッグストアが閉まっている時間帯などには便利だろう。

「おにぎりやペットボトルのお茶、生理用ナプキンがどこのコンビニでも買えるように赤ちゃんのオムツやおしりふき、液体ミルクも買えるようになって欲しいです」「同意。都会だとドラッグストアですら子供用オムツ売ってないことあるもんね」それと同時に、成人雑誌が陳列されていることへの批判的な意見も続出した。

「誰でも入れる店に性的な雑誌があるのは不快に感じる。エロ本は大人向けの専門店で販売すればいいし、コンビニは生活必需品を優先して販売すべき」「エロ雑誌が好きな読者は、別ルートでの販売を発行元に要請して欲しい」

■「単に『コンビニでおむつを売って欲しい』と言えばすむこと」

一方で、「片方の利便性を求めるにあたって、関係ない片方の封殺を理由にしてはいけない」という意見も挙がる。おむつを置くことと成人雑誌をコンビニから駆逐すべきという考えを結びつけるのは乱暴だ、というのだ。

「おむつを売るのと、エロ本を置くのをやめるのは、別の話じゃない?」
「別にエロ本を排除しなくてもオムツは置けるでしょ?何言ってんの?」
「子供をダシにして自分の気に食わない物を叩きたいだけだろ?」

過去にコンビニ勤務経験がある人物は、「おむつの回転率はエロ本以下だった」とツイートしているが、店側からすれば売上が上がらない商品を置くことに消極的になるのは仕方ない。

ツイートの趣旨はわからなくもないが、書き方が悪いという指摘も多い。
「ドラッグストアで売っているようなストック用ではなく、外出先で足りなくなった時に
役立つ1、2枚があればいい」と書けばよかった、という投稿や、

「単に『コンビニでおむつを売って欲しい』と言えばすむこと」
「オムツを置いて欲しいと言うだけなら賛同も得られるかもしれない」

などの声が挙がっている。コンビニで成人雑誌が堂々と陳列されているのは考えものだが、
だからといって自分が欲しい商品を置くために「なくなってしまえ」と言うのは乱暴だろう。
http://news.livedoor.com/article/detail/12796853/  

【「コンビニはエロ本を売らずにおむつを売れ」ツイートに賛否両論。「子供をダシに気に食わない物を叩きたいだけ」と批判も】の続きを読む

japan170310

居酒屋のお通し(=強制的な前菜)には納得できない!?

ビザの緩和や免税制度の拡充を背景に増加し続ける外国人観光客。2016年の訪日外国人観光客数は前年比21.7%増で2400万人を突破し、4年連続で過去最高を更新するなど、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、さらなるインバウンド市場の拡大を期待する業界も多いことだろう。

訪日の大きな目的である「グルメ」を提供する飲食業界もそのひとつ。
近年では、よりネイティブな食文化を楽しみたいと、ガード下や横丁の焼き鳥屋や居酒屋で夕食を楽しむ外国人も増えている。

そんな居酒屋でいま、客である外国人とのトラブルが多発しているという。居酒屋をはじめ、主に酒類を提供する日本の飲食店特有のシステムである「お通し」に関するいざこざだ。
昨年末、沖縄の地元紙「琉球新報」が報じたところによれば、外国人観光客向けに沖縄観光をサポートする沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)には、居酒屋などのテーブルチャージやお通し代など、メニューに表示がない料金の請求に困惑する外国人から質問が寄せられており、同センターが詳細を確認して店側が非を認めた場合、返金する事例もあるのだという。

店舗側からすれば、お通しは「注文した料理が出るまでの酒のつまみ」であり、「テーブルチャージ」の意味合いも含んだものというのが一般的な認識だ。
しかし、その金額は300~500円と料理1品と同等であるため、システムを理解していない外国人にしてみれば、「頼んでもいない料理になぜ料金を支払わねばならないのか!?」と、不満や憤りを覚えるのも当然だろう。英語のネット掲示板では「お通し」は「Compulsory Appetizers」、つまり「強制的な前菜」と翻訳され、たびたび非難の的となっている。

実のところ、そうした日本特有の「お通しシステム」には外国人はおろか、これまで当たり前のものと捉え享受してきた日本人からも非難の声が上がり始めている。2009年にYahoo!が行った意識調査(回答数:76,339票)によれば、「お通しは出して欲しい?」という質問に対し、「無料なら出して欲しい」が77%、「無料でもいらない」が17.3%と、実に94.3%が否定的な回答となった。
http://www.newsweekjapan.jp/nippon/mystery/2017/03/188097.php

【【海外から批判殺到】日本の居酒屋のお通し「頼んでない料理になぜ金を払うのか」】の続きを読む

plt1703120026-p1

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイ2機が9日午後3時から4時半ごろにかけ長野、上田両市など東北信地方の上空を飛行し、県民から80件を超える「目撃情報」が県に寄せられたという。

 陸上自衛隊が17日まで米海兵隊と群馬、新潟両県の演習場でオスプレイ6機が参加する共同訓練を行っており、2機は米軍横田基地を離陸して関山演習場(新潟県)に向かっていた。

 県がご丁寧にホームページで目撃情報を募っているのだから「見た、見た」と人々が通報するのはあり得ることだ。しかし行政も民もいささか過剰に反応し過ぎだろう。案の定、一部の県内メディアも「事前通告なしに県内を初飛行」などと“すわ事件だ”と言わんばかりに大きく報じていた。

 日本の安全保障のために自衛隊と米軍が沖縄県だけでなく、国内のいずこで共同訓練を重ねるのは当然のことだ。いつまでも沖縄だけに負担を強いるわけにいかない。オスプレイがどこかの空を移動しなければ訓練は成り立たないし、あまつさえ長野県は今回の共同訓練の舞台ではない。

 それなのに「うちの庭は通るな!」と叫ぶのは虫が良すぎる。あろうことか県に至っては2月27日、防衛省に市街地や観光地の上空を飛ばないよう、独りよがりな注文をつける始末だった。これを「利己主義(エゴイズム)」と言う。

 沖縄県在住の知人は「オスプレイが通過したり訓練したりするだけで批判するなら、沖縄は一体何だと言いたくなる」と怒りをあらわにする。

 かくして「オスプレイはけしからん」と声を荒立てる人や組織(マスコミ含む)は相場が決まっている。彼らにとって目下の“悪”である「オスプレイ」は時に、「米軍」「日本政府」「安倍政権」などと自由自在にすり替えられる。

 その急先鋒(せんぽう)たる共産党の県委員会は「住民の不安が広がっている」と決めつけ、オスプレイの県内飛行の翌10日朝、長野駅前で緊急の抗議活動を行った。13日朝には、県護憲連合と県憲法会議が合同で「オスプレイは帰れ!日米共同訓練反対緊急行動」と銘打った街宣活動を同駅前で繰り広げるという。

 昨年4月の熊本地震の折りには、オスプレイが被災地に救援物資輸送などの支援にあたり、被災者に大いに感謝された。オスプレイを袋叩きにする人たちはそれをお忘れのようである。

信州といえば、陸自松本駐屯地(松本市)の第13普通科連隊が行動訓練で市街地に出るだけでも、特定の団体や市民から抗議が巻き起こる土地柄だ。オスプレイが上空を過ぎ去っただけで大騒ぎになるのも不思議ではないが、「平和ボケ」以外の何物でもない。

とまれ、共同訓練の期間中、オスプレイが移動のために県内の上空を再び飛ぶ可能性はある。筆者がその姿を目にする機会を得られたならば大空に向かい、こう声をかけたい。「頑張って」「ありがとう」「達者で」…と。

(長野支局 高木桂一)

http://www.sankei.com/smp/politics/news/170312/plt1703120026-s1.html

【【長野】<オスプレイはUFOか?>県内上空の通過だけで騒ぐ愚 】の続きを読む

このページのトップヘ