ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

さいとう・たかを
no title


第1回さいとう・たかを賞の授賞式が、本日1月12日に東京・銀座の三笠会館本店 高千穂にて行われた。

一般財団法人さいとう・たかを劇画文化財団が創設したさいとう・たかを賞は、シナリオと作画の分業により制作され、成人男女を主な読者対象する優れた作品を顕彰するマンガ賞。審査員にはさいとうのほか、池上遼一、やまさき十三、小学館の相賀昌宏社長、作家の佐藤優が名を連ねる。栄えある第1回の受賞作品には、リチャード・ウー原作による芳崎せいむ「アブラカダブラ ~猟奇犯罪特捜室~」が選ばれた。同作は謎多き連続猟奇殺人事件を、若き刑事・鐘巻と伝説の名刑事・油小路のタッグが追うサスペンス作品だ。

壇上には受賞したリチャード・ウーと芳崎、同作を掲載するビッグコミックオリジナルの担当編集・中山久美子氏、平井真美副編集長が登壇。さいとう・たかをの手から正賞の「ゴルゴ13像」および賞状、賞金50万円が贈呈された。

まずはやまさきが、選考委員を代表して講評を述べる。やまさきは「最終候補に残った3作品すべてが甲乙つけがたい出来だった」としつつ、受賞作を「最新の科学・脳科学の知識を十分に吸収したうえで展開される緻密なストーリーと、思い切った俯瞰構図を取り入れるなど、斬新な作画とシナリオが融合し、完成度の高い作品を生み出している。作品・質・素材、そのどれもが新しい時代のマンガを期待させるものだった」と評した。

続いて登壇したさいとうは、「まず言っておかなきゃいけないのは、えーと……名前なんだっけ? なんとかウー。私はね、これが彼のことなんだって知らなかったんですよ」と断りを入れる。“リチャード・ウー”は長崎尚志のペンネームのひとつで、長崎はかつて編集者として「ゴルゴ13」の担当を務めたこともあるという経歴の持ち主。さいとうは「読んだ作品の中では、これが一番面白くなるんじゃないかと思ったんだけど、後で(リチャード・ウーの正体が長崎だと)聞いてびっくり」と驚きを隠さず、「ましてや小学館の作品だし、どうしてもひいきしたみたいに見えちゃうでしょ。だから後で『違うのにしときゃよかった』とも考えたんだけど、本当にこれが素晴らしい作品だと思っています。おめでとう」と賛辞を贈った。

挨拶に立ったリチャード・ウーは、「さいとう先生は私にとって、青年誌の師匠と呼べる存在。『ゴルゴ13』の担当をさせていただいた頃はまだ新米でしたが、先生は私の年齢やキャリアなど関係なく、同格のパートナーとして遇してくださり、それが非常にうれしかったことを覚えています」と当時を回想。「さいとう・たかを塾の出来の悪い塾生が、卒業証書をもらったような気持ちです」と喜びを語った。

リチャード・ウーとのタッグを組むのが、別名義も含めると『アブラカダブラ』で4作目となる芳崎は、彼の脚本について「映画『アマデウス』でたとえると、サリエリにとってのモーツァルトのようなもの。私がやりたいと思っていても形にできないものを、長崎さんが形にしてくださる」と述べ、「私自身、毎回『このお話、好きだな』という思いで描かせていただいています」とコメント。またさいとうが映画について語るインタビューを読んだことがあると言い、「そこに並んでいる映画のタイトルを観て、こういう作品が好きならきっと『アブラカダブラ』も気に入っていただけるだろうと感じていたんです。賞をいただけたことは、その思いが先生に伝わったようでうれしいです」と話した。
https://natalie.mu/comic/news/265014 
【【さいとう・たかを】自身の名冠した賞の授賞式で「分業制作がマンガの本流になる」】の続きを読む

名作漫画「ドラゴン桜」作者の三田紀房先生(60歳)が、元アシスタントのカクイシシュンスケ先生に11年間も残業代を支払っておらず、過去にさかのぼって残業代を請求。この件に関して人気漫画家のうすた京介先生が「嫌なら就職しなさい」とTwitterでコメントしたところ、ファンが失望して炎上した騒動で、新たな展開があった。

・うすた京介先生が言いたかったこと
うすた京介先生は、誤解が生まれないようにその書き込みを削除したが、時すでに遅し、大炎上となった。

しかしその後、ファンのNANASHINSINさんがうすた京介先生の気持ちを代弁。うすた京介先生が言いたかったことをズバリ書いてくれたことにより、うすた京介先生に対する世間の誤解が晴れたのだ。以下は、うすた京介先生のコメントである。

・Twitter上でのコメントのやり取り(一部抜粋)
うすた京介先生「残業代払わなくていいとは一言も言ってませんよ」

うしろからマンゾクさん「では何故ツイート消したのですか?」

うすた京介先生「曲解されまくって炎上の流れだったので…そうなるともう火に油で説明するのも怖くなるのです」

NANASHINSINさん「うすた先生は残業代を払わなくていいとはほんとにいってないよ(*´-`)アシとして実力があればサッサとやめてもっと待遇のよい先生につけばよい、実力がなければ他の業界に行って就職しなさいってだけの発言。苦しくなる前にそういう行動が取れるよって意味でね(*´-`)」

NANASHINSINさん「『残業代が出なくても我慢して働け』ではなく『辛い労働環境でわざわざ我慢して働く必要はないよ』っていうことだよ(*´-`)未払いが発生した時点(恩情で2、3回)で、ブラック認定して見切りつけて行動したほうがいいって事ね(*´-`)もちろんその時の未払い分を請求しつつだよ(*´-`)」

うすた京介先生「ありがとうございます。NANASHINSINさんの言う通り「自己評価で給料は決まらない」というのが大前提なんです。双方納得できる落としどころを見つけなきゃいけない以上、不満は雇用中に言うべきなんです。このコメントも今日中に消すと思います。色々ありがとうございました」


詳細はソースにて


http://buzz-plus.com/article/2018/01/12/usuta-kyosuke-gokai/
no title

【【漫画アシスタントの残業問題】 うすた京介先生が真相を語り誤解とける「残業代払わなくていいと言ってない」「不満は雇用中に言うべき」 】の続きを読む

no title

滋賀国体キャラクターの衣装変更

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/2064000251.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

6年後に開催する滋賀国体の県のマスコットキャラクター2体が、女性が男性に付き従うという古い男女の関係をイメージさせかねないとして、スカート姿のキャラクターの衣装を半ズボンに変更していたことがわかりました。

県は去年、びわ湖のナマズをモチーフにした「キャッフィー」と一緒に6年後の2024年に開催する滋賀国体を盛り上げようと、去年、新たなマスコットキャラクター「チャッフィー」を導入しました。

しかし、チャッフィーはナマズをモチーフにした女の子という設定だったため、チャッフィーが男のキャッフィーに付き従うという古い男女の関係をイメージさせ、そのイメージを助長させかねないなどとする意見が相次いだということです。

このため県は、見た目で性別を判断される要素を薄めることを決め、チャッフィーの衣装をスカートから半ズボンに変更していたことがわかりました。

この変更について県はとくに公表していませんでしたが、県の国体・全国障害者スポーツ大会準備室は、「男女に固定化されがちだった主従関係をなくしたかった。
後から登場したチャッフィーだが、キャッフィーのサポート役ではなく、どちらも主人公として対等に活用していきたい」と話しています。

【【フェミ】女性が男性に付き従うという古い男女の関係をイメージさせかねない! と滋賀国体のマスコットキャラがスカートから半ズボンに 】の続きを読む

index_5-10

高須クリニック院長であり、浄土真宗僧侶でもある高須克弥氏(72歳)が、一般人から侮辱的な言葉を浴びせられたため、裁判に向けて手続きを進めていることが判明した。

・高須克弥氏と西原理恵子氏を侮辱
訴えられる人物は「虫尾緑」(ミュージオミドリ)というニックネームの人物。
この人物はTwitterに「西原理恵子自身が、高須の慰安婦という存在な訳ですから」と書き込みし、高須克弥氏と西原理恵子氏(53歳)を侮辱したと指摘されている。

・謝罪どろか挑発される
その後「おい! こら すぐに謝罪しろ。だだではすまさない」と高須克弥氏が虫尾緑氏に警告。

しかし謝罪はなく「おっ、やるのか?」と挑発までされたため、高須克弥氏は戦うことを決意。
「謝罪がないので名誉棄損で訴訟することにしました」と発言し、開戦の狼煙をあげたのだ。

一般人が高須クリニック院長を侮辱して裁判へ / 高須氏が謝罪求めるも逆に挑発 → 名誉棄損で訴訟 |
http://getnews.jp/archives/2005066

【【これは酷い】高須クリニック院長と揉めてるツイッター主が改めて謝罪 「タブレットが誤作動して勝手にツイートしただけ」 】の続きを読む

このページのトップヘ