ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

no title


森林に入り、高い狩猟技術のもと、野生動物を増やさず絶やさず生態系を保ってきたハンター。
この猟銃を持ったハンターそのものが“絶滅”の危機に瀕している。

1970年代には、狩猟免許の保持者が50万人を超えていた。だが、いまやその人数は十数万人しかいない。
年齢比率を見ても、1970年代には60歳以上が約5%しかいなかったが、時代とともに高齢化が進み現在では70%以上に達している。
逆に20代は15%から1%に激減。シカやイノシシの獣害が目立つようになってきたことには、ハンターの減少も影響している。

「『有害鳥獣対策費』は毎年100億円前後が予算に計上されていますが、農作物被害はそれを上回る200億円前後に達しています。
獣害で農家が疲弊し、農地を手放すような深刻な状況に陥っているケースもあるのです。
シカが樹皮を食い荒らす森林被害も深刻で、国はシカとイノシシを半減させる目標を掲げていますが、
現実は繁殖が駆除をはるかに上回っています」(農林水産省鳥獣対策室)

そんな折りに、JR東日本の駅構内商業施設『エキナカ』に展開するファストフード店『ベッカーズ』が、
鹿肉バーガーを昨年11月から先月までのキャンペーンにおいて、前回より3割増しの2万食を準備し、これがすべて完売するほどの人気を博した。

鹿肉の味は、牛肉ほど主張がない控えめなあっさり系だという。
同店のミートパティは、野生鳥獣被害対策で捕獲された長野の鹿肉を使用しているという。
この鹿肉バーガーは、1個720円と牛肉バーガーのおよそ2倍もする価格だが、
農作物を食い荒らすシカがおいしい料理に変わるのならば、まさに一石二鳥である。

このような野生動物の問題は、海外ではどう対処しているのだろうか。
ヨーロッパなどでは野生鳥獣の肉を『ジビエ』と呼び、貴重な高級食材として珍重されている。
日本ではなぜビジネスの対象にならないのだろうか。

「実際に、ハンターが捕獲した肉が利用されるのはまれで、9割以上が廃棄されています。銃で駆除すると食用として使えないのです。
それに加えて、全国的に獣肉の処理施設が未整備で、捕獲しても持っていく施設がありません。
牛や豚、鶏に比べ、日本の消費者の抵抗感は根強いこともあります」(グルメライター)

戦前は旧帝大に狩猟学が存在していたというが、現在は消滅している。
一方で、欧州では狩猟学が確立され、生息域や個体数の管理から人道的な捕獲、食肉利用まで担う専門の職業人が存在している。
また、英国営林署の職員の1割は野生シカの捕獲係だという。

日本でも狩猟学講座を復活させ、ジビエ料理として活用してこそ、鳥獣の命は全うされるのではないだろうか。

http://myjitsu.jp/archives/17217

【【獣肉】海外で重宝される「ジビエ料理」はなぜ日本で定着しないのか?】の続きを読む

20170218-00010000-jomo-000-2-view

「ヤツガシラ」が今月上旬ごろから、館林市のつつじが岡公園周辺で目撃されるようになり、アマチュアカメラマンらが連日集まっている。

◎愛好家が集結 マナーを喚起
 日本野鳥の会群馬館林分会(太田進会長)によると、1科1種の珍鳥でユーラシア、アフリカ両大陸などに広く分布する。驚いたり興奮すると、頭にある冠羽(かんむりばね)を扇のように開く。

なぜここに…? アフリカなど分布の珍鳥ヤツガシラの目撃情報 館林・つつじが岡公園
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00010000-jomo-l10

【【秘境】群馬でアフリカにしか生息しない鳥を目撃。日本野鳥の会「調査員を派遣し、情報収集に当たっている」】の続きを読む

20170219-00000011-mai-000-1-view

 2016年の貸家着工は41万8543戸と8年ぶりの高水準になった。相続税の節税対策でアパートなどの貸家を建てる動きが活発化しているためだが、一方で既存のアパートやマンションの空室率は上昇している。専門家は「実需を伴わないアパート・マンション建設は続かない」として、バブル崩壊と首都圏郊外のさらなる「空きアパート」増加に懸念を示している。

 16年の新設住宅着工戸数は前年比6.4%増の96万7237戸で、2年連続で増加した。13年以来3年ぶりの高水準で、日銀のマイナス金利政策などを受けた低金利の長期化も住宅建設を後押しした形だ。

 中でも大きいのが貸家着工の増加だ。新設住宅着工のうち、持ち家や分譲住宅は20万~30万戸台にとどまる。これに対して貸家着工件数は08年のリーマン・ショック後は30万戸前後で推移したものの、13年に35万戸を回復し、16年には40万戸を突破。
この結果、新設着工の4割超を占めている。

 貸家着工増加の背景にあるのが15年の相続税の課税強化だ。貸家を建てると土地の評価額が下がって相続税が減らせるため、節税目的のアパート建設が相次いだ。だが、新築アパートが急増したことで、古いアパートの空室率が首都圏近郊を中心に急増するなど、ひずみも生じている。

 不動産調査会社のタス(東京都中央区)によると、首都圏のアパートの空室率は15年夏ころから急上昇しており、神奈川県や千葉県では木造などの空室率が35%を超えている。同社の藤井和之主任研究員は「少ないパイをアパート大家が奪い合っている状態。首都圏近郊で埋まっている物件は、駅近や新築などの条件の良いものが多い。人口減が続く中、条件の悪い物件は徐々に不良債権化していくのではないか」と分析している。

 また、首都圏近郊などでは、今後、高齢化が急速に進展することが予想される。ニッセイ基礎研究所の岡圭佑氏は、相続税の課税強化や低金利の長期化で「すぐにバブルが崩壊することはない」としながらも、「首都圏郊外の高齢化の進展がバブル崩壊のきっかけになる」と懸念を示している。【永井大介】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000011-mai-bus_all

【首都圏、新築アパートが多すぎて空室率急増 バブル崩壊の恐れ】の続きを読む

E1436931715522_9b05_2

面倒くさい人々=「意識高い系」がわかる4つのキーワード イイ男、できる女をアピールする心理とは - 古谷 経衡
http://lite.blogos.com/article/210808/

「面倒くさいやつ」と切り捨てられがちな「意識高い系」の人々には、どんなバックグラウンドがあるのか? 
外交やネットの問題に取り組んできた古谷経衡氏が、長年の構想であった『「意識高い系」の研究』を上梓した。

◆◆◆

「意識高い系」とは何か
「意識高い系」とは自意識の怪物である。自らの評価が実力に比して不当に高く、
またその姿を他者に見せびらかしたい欲望を持った人々の一群を指す。
SNS全盛時代の今、この「見せびらかし」の行為が溢れている。イイ男、できる女アピール。きらびやかな人脈をアピール。
社会や政治問題へ関心が高いことのアピール。アピールアピールアピール、そう、「意識高い系」の本質は他者への自己宣伝なのだ。

 なぜこのような「見せびらかし」が横行するのかといえば、それは単なる自慢ではなく他者からの承認に飢えているからだ。
ではなぜ「意識高い系」は他者からの承認に飢えるのか。人はだれしも「認められたい」と思うものだが、
ことさらその感情が熾烈な彼らの心理とはいったいどこから来るのか。本書はその核心に迫るものだ。

 本当の強者はその優秀さが自明であるがゆえに、他者に承認を求めたりはしない。
本当の強者ではなく、それまで承認に乏しかったからこそ、彼らは社会人になって(あるいは大学生以降)、
ことさら他者に対して承認を求めるのである。そういう意味で「意識高い系」は【エリートになれなかった中途半端な人々】である。

【「意識高い系」はなぜ面倒くさい人々なのか?】の続きを読む

このページのトップヘ