ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

アイドルの熱烈なファンとして有名な男性が、猥褻行為やセクハラを繰り返していたことが発覚した。
この男性は、「フェアリーズ」(ライジングプロダクション)を中心に、「Little Glee Monster」 (ワタナベエンターテインメント)、「アンジュルム」及び「こぶしファクトリー」(いずれもアップフロントプロモーション)のファンである。
(略)
ある少女は、男性に「無理やりハグされた」、「とても怖かったです」と暴露。「こんな人野放しには出来ません」と情報の拡散を呼びかけた。「今度、家によんでください」、少女と「部屋で2人きりになっていろんなことしたい」と、男性はライブ会場で彼女の母親に言い放ったそうだ。
no title

no title

ハグを要求された際、「ぼくMなんですよね こちょこちょしてください」と言われたとの情報もある。別の少女は、男性から握手を求められ、キスされたと告白。さらに別の少女は、「腰に手を回されたり肩組まれたりしました」と暴露した。写真を撮られそうになった上に、ハグや肩組みをLINEで要求されたと明かした人物もいる。
ライブ会場で男性がストーキング行為に及び、相手は泣き寝入りしたと暴露する人物も現れた。
この人物は、署名を集めて提出することや、警察への通報を宣言した。
男性は一連の暴露を全面的に認め、謝罪のツイートを繰り返した。
(略)
no title

9日から10日にかけて、当サイトでは男性が応援しているアイドルグループが所属する各社に連絡を取った。
いずれも、その時点までに本件は初耳だったという。そこで、騒動の概要と経緯を説明した。
(略)
担当者に伝えて、詳細を調べるとのことである。

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteiwatch.com/62025

【【炎上】有名なアイドルオタク、ライブ会場で女性客にハグやキスなど猥褻行為・セクハラ常習犯だった!】の続きを読む

no title

出版大手の講談社の編集次長が妻を殺害したとして逮捕された事件で、編集次長は
妻の死亡直後に「階段から落ちた」と話したものの、翌日には「衣類で首をつって自殺した」などと説明を一変させていたことがわかり、警視庁はうその説明をしていたと見て調べています。 
調べに対し、容疑を否認しているということです。 

出版大手の講談社で、人気漫画雑誌「モーニング」で編集次長を務める韓国籍の朴鐘顕容疑者(41)は、去年8月、東京・文京区の自宅で妻の※佳ナ子さん(38)の首を圧迫して殺害したとして、10日、殺人の疑いで警視庁に逮捕されました。 

これまでの調べで、妻が自宅で倒れているのが見つかった際、朴容疑者はみずから119番通報をして、警視庁に対し「妻は階段から転落した」などと話したものの、翌日には「衣類で首をつって自殺した」などと説明を一変させていたことが、警視庁への取材でわかりました。 

衣類からは妻のDNAは見つからず、現場には自殺したような形跡は無かったほか、妻の首に内出血が確認され、圧迫されていたことがわかったということです。 

警視庁は朴容疑者がうその説明をしていたと見て、夫婦の間でトラブルが無かったか調べを進めています。警視庁によりますと、調べに対し、朴容疑者は「間違っています」などと供述し、容疑を否認しているということです。 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170111/k10010834941000.html
【【講談社殺人】階段から落ちた→首を吊った 説明を一転 首絞めか】の続きを読む

news_header_kiminona_201605_poster

日本アニメ『君の名は。』が韓国でドラマとして製作されると報じられた。

10日、ある韓国のメディアは関係者の言葉を引用し、最近人気を博している日本アニメ『君の名は。』が韓国内でドラマとして製作されると報道した。

そのメディアは「韓国上映とともに、ドラマ製作も推進してきた」とし、「アニメーション輸入に続き、版権契約を話し合っている」と関係者の言葉を借りて報道した。

これに対し、『君の名は。』を配給する東宝側は「まだ決まったことはない」とし、「韓国でのドラマ製作の話には根拠がない」と明らかにした。

『君の名は。』は9日を基準に、累積観客数133万人を突破してヒットしている。

中央日報日本語版 1/11(水) 9:07配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000011-cnippou-kr

【【悲報】<君の名は。>韓国でドラマ製作を推進?!】の続きを読む

東京都文京区の自宅で2016年8月に妻(38)を殺害したとして、警視庁は17年1月10日、講談社で青年コミック誌『モーニング』の編集次長を務める朴鐘顕(ぱく・ちょんひょん)容疑者(41)を殺害容疑で逮捕した。

逮捕された朴容疑者は大ヒット漫画「進撃の巨人」を連載していた雑誌の編集長を昨年まで務めていた。一部メディアでは、朴容疑者は「担当編集者」だったと報じられているが、講談社広報室の担当者は「『進撃の巨人』の担当編集者だったことはありません」と否定している。

■講談社広報「本人は無実を主張」

各メディアの報道によると、朴容疑者は16年8月9日未明、自宅で妻の首を絞めて窒息死させた疑いが持たれている。朴容疑者は当初「妻は自殺した」などと説明していたが、警視庁は遺体の状況などから、事件の可能性があるとして捜査を進めていたという。

講談社広報室は逮捕について、

「このような事態になり大変遺憾です。本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りつつ社として慎重に対処してまいります」
とのコメントを発表している。

多くのメディアでは、朴容疑者の逮捕を報じた電子版記事の中で、捜査関係者の話として、

「朴容疑者は人気漫画『進撃の巨人』を担当していた編集者」
などと報じている。だが、講談社広報室の担当者はJ-CASTニュースの取材に、「朴容疑者が『進撃の巨人』の担当編集者だったことはありません」と報道の内容を否定している。

■「進撃の巨人は事件と関係なくね?」

アニメ化や実写映画化もされた人気漫画「進撃の巨人」は、朴容疑者が編集長として2009年に立ち上げた雑誌『別冊少年マガジン』で、創刊と同時にスタートした。そのため、朴容疑者は「進撃の巨人」の連載に編集責任者として関わったと言える。

インターネット上では、朴容疑者の逮捕を伝えるニュースの見出しに「『進撃の巨人』編集者」を用いるメディアが多いことに対し、「漫画の名前を出す必要はあるのか」との声が漏れているツイッターには、

「進撃の巨人は事件と関係なくね? 見出しに使う必要なくね」
「殺人した事と進撃の巨人は関係ないのに何故そこをクローズアップするのか意味不明」
と違和感を感じるとの投稿が数多く出ている。


2017/1/10 16:04
http://www.j-cast.com/2017/01/10287691.html?p=all

no title

捜査員に連れられ自宅を出る朴鐘顕容疑者(中央)=10日午後0時52分、東京都文京区

no title

【【妻殺害容疑で逮捕】講談社編集次長『朴鐘顕容疑者』「進撃の巨人」見出しに違和感続出】の続きを読む

このページのトップヘ