ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

2017-04-07-180829

4月7日に放送された情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)で、“夫のコレクションを勝手に売る妻”についての特集が放送され、スタジオの芸能人たちの間で激論が交わされた。
その中で、一環して「勝手に売るのはダメだ」と怒りを込めて発言を繰り返していたカンニング竹山(46歳)に、賛同の声が広がっている。

この日の番組はまず、買取ショップを訪れる妻たちの様子をVTRで紹介。
鉄道模型(Nゲージ)、刀のつば、勲章、鉄砲、アンティークカメラ、ネクタイピン、洋酒コレクション、外国紙幣、陣笠など、どれも夫たちが大事に収集していたであろうことがわかるコレクションの数々が登場し、10万円台から、高いものは40万円で買い取られ、それに喜ぶ妻たちの姿が映し出された。

ある妻は「夫は定年なので終活のような感じで。先がそんなにないので少しでもお金を…」と売りに来た理由を説明。
またある妻は「主人に言わないようにします」「私にとってはゴミにしかならない」「(売ったお金で)家族がおいしいもの食べられるたら幸せ。私ひどいですか?」などと言い放った。

VTR明け、「信じられないね。信じられない…」憮然とした表情を見せていたのが竹山だ。
タレントの熊田曜子が「(うちの場合は)お酒が大好きなので、知らないうちにどんどんたまって。キッチンの下半分がほとんどお酒なんですけど。バレないなら、ちょっと売りたい気持ちはすごいわかります。(勝手に売るまでは)まだいってないですね。でも売ってもわからないんじゃないかなってくらい、ちょっと雑に置いてあるように見えるんですよ、妻からみると」と、VTRに登場した妻たちの行動にも理解を示したが、竹山は「勝手に売っちゃダメよ…」と改めて“抗議”。

また、タレントの千秋は、「自分がコレクター気質があるので、勝手に捨てられたらいけないのはわかるんですよ。17万円で売れても、17万円では買い戻せないじゃないですか」と、怒る竹山にも理解を示したものの、一方で「だからダメなんですけど」と前置きしながら「自分が集めるのはいいけど、自分の旦那が集めてたらすぐ売っちゃう」と心情を明かした。

お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春はスニーカーをコレクションしているそうで、自宅で保管している大量のスニーカー(120足以上所有)を写真付きで紹介したが、女性陣から出た言葉は「いやだー」。
「靴だけど履かないのもある」と鑑賞用の靴もあると語る庄司だが、妻でタレントの藤本美貴からは「フリマやろうよ」と言われるそうで、「もう売りたくて仕方ないみたいです」と、あまりコレクションが理解されていないようだ。

竹山は「(コレクションは)使う、使わないじゃなくて、男は持っておくことにすごく喜びを感じるのよ」と力説。
さらに「旦那に内緒で人の物を勝手に売るなんて、これ詐欺と一緒だからね。犯罪だからね」と語気を強め、続けて「男はね、子ども時代から始まるわけですよ。男の子の時代から始まって、欲しいものとか買えないわけですよ。若いときもなかなか買えない。大人になってくるとある程度お金ができてくるから、それで買えるわけですよ、一個一個。集められるわけです。そこをね、バカにしたり捨てたらダメなんですよ」と女性陣に説くと、番組MCの設楽統も「要は人生を彩ってるわけですよね、バイクだとかカメラだとか」と同調した。

庄司も「僕は芸人でもお酒飲まないし、ギャンブルもしない、女遊びもしない、飲む打つ買う、やらないんですよ。何もしないですよ。それ(コレクション)だけは許して欲しいですね。夢を買ってるんですよ我々は」と理解を求めた。

ただ、熊田は妻であり、同時に子どももいる母という立場で「ひとり暮らしだったらわかるんですけど、みんなの家なんで。旦那さんのコレクションでスペースが埋まって、子どものおひなさま買おうか買わないか、場所がないなって悩むのも、じゃあ、アレがなければ置けるんだ…みたいな」と、コレクションのために家族のあれこれが制限されるのは違うのではないかと主張。
その視点に立った上で、千秋ともども、小さいコレクションをすることには一定の理解を示した。

“夫のコレクションを勝手に売る妻”については、以前よりネットでもしばしば議論されるトピック。
今回の放送では、竹山が「絶対に許せない」とのスタンスで臨んでいたことに、主に男性のネットユーザーからは称賛の声が上がっている。

http://www.narinari.com/Nd/20170443212.html

【【激論】“夫のコレクションを勝手に売る妻” 夫「男は持っておくことに喜びを感じる」 妻「私にとってはゴミにしかならない」】の続きを読む

士郎正宗によるマンガ「攻殻機動隊」を原作とした新作アニメーションの製作が決定した。

新作の監督を務めるのはテレビアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治と、「アップルシード」「アップルシード アルファ」の荒牧伸志。
アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。現時点では、そのほかの詳細は明らかにされていない。

「攻殻機動隊」は、全身義体(サイボーグ)の主人公・草薙素子率いる内務省公安9課が、サイバー犯罪に立ち向かうさまを描くSF作品。
なお本日4月7日に同作のハリウッド実写作品「ゴースト・イン・ザ・シェル」が公開された。
http://natalie.mu/eiga/news/227806 
2017年4月7日 11:01 

no title

no title

no title

no title

no title

【「攻殻機動隊」新作アニメ製作決定、神山健治と荒牧伸志がタッグ】の続きを読む

アトランタ(CNN) 地上に縛りつけられた生活から抜け出し、空中に浮かぶビルで自由に暮らせたら――。そんな願いをかなえる未来型の建物の構想が発表され注目を集めている。
米ニューヨークの建築事務所「クラウズ・アーキテクチャー・オフィス(CAO)」が発表した「アナレンマ・タワー」はなんと、地球周回軌道に乗せた小惑星からケーブルでビルをつり下げるという構想だ。
ビルは「ホーム」と呼ばれる都市の上空を拠点に、北半球と南半球の間を毎日行き来する。拠点都市としては、米国よりはるかに建設費の安いドバイが提案されている。
欧州宇宙機関(ESA)の探査機「ロゼッタ」が彗星(すいせい)に着陸し、米航空宇宙局(NASA)が小惑星のかけらを月の周回軌道に乗せる計画を進めるなど、宇宙開発技術の急速な発展とともに、構想が実現する可能性は高まっている。
設計担当者がCNNに語ったところによると、ビルの建材には軽量で耐久性のある炭素繊維やアルミを使うことを想定している。吊り下げ用の強力なケーブルを作る技術も必要だ。電力は宇宙空間に設置した太陽光パネルで常時供給され、雲や雨から集めた水分を循環させて使う。
ビル最上部の高度は3万2000メートルに達し、最大時速約480キロで空中を移動する。
地上と行き来するために大型の無人機を運航させるほか、最新型の電磁式エレベーターも設置するという。
発想のきっかけを問われた設計担当者は「人類が洞くつを出た時から、我々の建物はより高く、より軽く進化してきた。いつか建物が地面から離れ、我々が洪水や地震、津波の被害から解放される日が来ることを信じている」と答えた。

画像
no title


他の画像はソース
http://www.cnn.co.jp/fringe/35099308.html

【【画像あり】空中に浮かぶビル、米で構想 地震や津波からも解放】の続きを読む

huBOYxBUxQHqIGZ_8684

新年度になり、歓迎会や花見など宴会が多い季節。そんな宴席で、サラダなど大皿料理を取り分けるのは、「好印象をアピールしているようで、あざとく思われる?」と心配する声が掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。

宴会でかいがいしくサラダを取り分け、女子力をアピールする人のことを「サラダ取り分け系女子」と呼ぶそうです。投稿した「サラダ」さんは、「一昔前は料理を取り分けると好印象という風潮がありましたが、今は多くの人がこぞってやったためなのか、印象アップを狙っている、あざといなどの良くない印象を抱く人が増えているような気がします」と分析。しかし、目の前に料理が運ばれてきたのに取り分けないと、「気が利かない」と思われるのも嫌だと心配します。「何をしても悪印象を抱かれそうな気がして、大人数の飲み会が最近嫌です」と、お悩みの様子です。

昭和の時代には、大皿料理を取り分けたり、水割りを作ったりするのは女性の「役目」とされ、店側も女性のそばに料理やグラスを置くといったことがあったように思います。しかし、今は、女性だけに強要すると「セクハラ」と感じる人も。銘々が勝手に取り分ける形も増えているのではないでしょうか。

発言小町では、「わざとらしく立ち上がって『取りまーす!』というのはあざとい」という人や、「大皿はじゃまだから、さっさと自分の分を取って隣に回す」という人もいました。

「スマートな女性は『取り分け』に重きを置きません。気の利いた会話をしながら、自分から自然に取り分けをする感じ」といった高等テクニックもあるようです。

宴席での取り分けが苦手だという「momo」さんは「大皿が自分の目の前に来ませんように……といつも祈ってます」。「みやん」さんは、「やれる人がやればいいだけの話です。これで良い印象になる! やったら、あざといんじゃないか? と思う方が疲れませんか?」とアドバイスしました。

新しい職場で、まだ親しくない人に囲まれての立ち居振る舞いが悩ましいところです。あなたならどうしますか?

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/plus/hnews/20170405-OYT8T50089.html

【【あざといと感じる人が増えている?】宴会でかいがいしくサラダを取り分ける「サラダ取り分け系女子」】の続きを読む

このページのトップヘ