ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

2013-02-23-15-31-57_deco-thumb-200x266-32170

1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2013/03/10(日) 10:12:36.60 ID:???0
“新いい女は「黒髪」主義”(『GINGER』4月号)、“だれがなんと言おうと、「日本女性は、髪ですから”(『Domani』4月号)――
年齢層を問わず、最近の女性誌では“黒髪”企画が定番化しつつある。
知花くららや竹内結子、石原さとみら、女性誌の表紙をたびたび飾る人気モデルや女優にも、美しい黒髪の持ち主が多い。
そしていま、黒髪と言えば、この人だろう。大ブレイクを果たしたグラビアタレントの壇蜜。
“黒髪の白拍子”というブログ名の通り、長い黒髪は、彼女のトレードマークとなっている。
その他、若いアイドルたちの黒髪も目立つ。元AKB48の前田敦子も、染めていた時期もあるが、黒髪のイメージが強いし、Perfumeの3人はデビュー以来、黒髪を貫いてきた。
日本テレビの元アナウンサー・夏目三久の黒髪の超ベリーショートは男女問わず人気が高く、彼女の再ブレイクに一役買ったとの見方もある。
とはいえ、女性の黒髪ブームは、急に到来したものではない。2000年代後半からアジエンス(花王)やTUBAKI(資生堂)、いち髪(クラシエ)など、東洋の美を前面に打ち出したシャンプーが続々と登場。
「黒髪ブームは、その頃から続く、長くゆるやかなブーム」(業界関係者)という。
こうした状況に嘆息するのは、東京・青山に美容室を構える美容師(40代男性)だ。
「ヘアカラーをするお客さんは、確実に減っています。長期的な傾向ではあるのですが、
震災後、さらに減ったように感じますね。実は、美容室の売り上げにおけるヘアカラーの比率って、一番大きいんです。
カットやパーマよりも大きい。だから痛いですね。個人的には黒髪の女性が好きなので、悩ましいところですが」
ここ10年の美容室市場は、2006年の1兆7500億をピークに、減少が続いている(富士経済調べ)。
長引く不況や格安店の登場による競争激化、少子化など、低迷理由は複数あるが、販売構成比率が最も高いヘアカラーの低調は大きな要因と富士経済も分析している。
http://www.news-postseven.com/archives/20130310_175755.html

【【 黒髪ブーム】で女性の 「ヘアカラー離れ」が加速・・・美容室に打撃】の続きを読む

ee9e1075bd060f587eeea1f792c197d8

1: クロアシネコ(徳島県) 2013/03/10(日) 07:41:23.41 ID:yFy5TIoR0 BE:3150617459-PLT(12122) ポイント特典
ネット通販会社の『ジャパネットたかた』は皆さんご存じだろうか。甲高い声の高田明社長の説明で商品を分かりやすく説明してくれる通販番組がお馴染み。地上波でも深夜に録画、または生放送での放送を行っているが、現在の通販業界は『Amazon』や『楽天市場』が牛耳っている形になっている。ではなぜ『ジャパネットたかた』は生き残ることが出来たのだろうか。
実にシンプルな答えを得ることができた。それは購入者の年齢層である。『ジャパネットたかた』の購入者の年齢は次の様になっている。
40代 …… 11%
50代 …… 20%
60代 …… 30%
70代 …… 18%
80代 …… 4%
以上の様に40代以上の購入者だけで83%も占めている。20代と30代に関してはそれぞれ2%と5%となっており、極端に少ないのも特徴だ。これは番組構成がパソコンやデジタル家電に詳しく無い年配でも分かりやすく説明し、更に欲しくなると言う衝動にからせているのが原因だろう。
テレビの通販番組の特徴である「このパソコンにプリンターを付けて!」というお得感を与える商法は、年配の方に実にウケが良い。
更にネットからの注文がわからないという人でも、テレビを見て電話を掛けるだけという敷居の低さから年配からの注文が多いのだろう。
今の若い人であれば、同じ商品をカカクコムやAmazonで検索し、値段や性能比較し別の候補の商品を探すというところから始めるが、そこはテレビの通販との違いである。
要するに若い世代が使う『Amazon』や『楽天市場』、年配層が利用する『ジャパネットたかた』とうまく棲み分けが出来ている形になっている。
『ジャパネットたかた』はテレビでの通販番組を委託しているのでは無く、自社のスタジオで行っている。それにより迅速に収録からオンエアまでが行える。昨年12月には都内にもスタジオを開設した。今はネットでの生放送も行っている『ジャパネットたかた』だが、50代以上の客が多い事からするとテレビでの放送が最も効果的ではあるだろう。ちなみに『ジャパネットたかた』の社員平均年齢は27~28歳だとか。実に若い。
http://getnews.jp/archives/297549

【『ジャパネットたかた』は『アマゾン』がある時代になぜ売れるのか?】の続きを読む

0309brits-fy1c

1: 白夜φ ★ 2013/03/09(土) 22:35:05.61 ID:???
ロシアの衛星、中国の気象衛星「風雲1号C」由来のデブリと衝突
March 9 - 2013 - その他
米アナリティクカル・グラフィックス社(AGI)の研究部門CSSIは8日、ロシアの小型衛星ブリッツと、中国の気象衛星「風雲1号C」に由来するスペース・デブリとが衝突したと発表した。
風雲1号Cは中国が1999年に打ち上げた極軌道(地球を南北に周る)気象衛星で、老朽化によって運用を終了したのち、2007年1月11日に衛星破壊実験の標的として利用された。
その結果約3000個もの破片(スペース・デブリ)が軌道にばら撒かれることとなり、くわえて風雲1号Cが周回していた軌道は高度800km辺りと比較的高く、発生したデブリは今後も長期に渡って軌道に留まり続け、他の衛星を脅かし続けることになる。
実際にこれまでも、いくつかの人工衛星や国際宇宙ステーション(ISS)が、このデブリとの接近や衝突を避けるために軌道変更を行ったことがある。
ブリッツ(Блиц ? BLITS)は2009年9月17日に打ち上げられたロシアの小型衛星で、球形のレトロ・リフレクター(逆反射鏡)を持っている。
レトロ・リフレクターは地上から発射したレーザー光を反射させる役割を持ち、その反射光を地上で捉えることで、衛星までの距離、ひいては衛星の軌道を精密に観測することができ、さらにその変化を調べることで地球の重力場がどのようになっているかを知ることもできる。
CSSIによれば、今年2月4日にロシア側からブリッツの軌道と姿勢が変化していること、またその変化が生じたのは協定世界時2013年1月22日7時57分ごろであることが報告された。
それを基にCSSIが調査した結果、風雲1号Cの破壊によって生じた破片が、協定世界時2013年1月22日3時8分にブリッツに接近することが判明、また変化が生じたとされる時期に接近する物体はただこの一つだけであることから、ブリッツの軌道と姿勢の変化は風雲1号Cと衝突したために生じたと結論付けられた。
ブリッツの被害は明らかになっていないが、姿勢が乱れたことでレーザー測距は行えない状態になり、また衝突によってデブリが生じたことも確認されている。
同社では衝突の原因や被害、今後の影響については、より多くの研究が必要としている。
■Chinese space debris hits Russian satellite
http://blogs.agi.com/agi/2013/03/08/chinese-space-debris-hits-russian-satellite/
__________________
▽記事引用元 sorae,jp March 9 - 2013配信記事
http://www.sorae.jp/031099/4812.html
▽関連スレッド(過去ログ)
【宇宙】中国の衛星破壊実験による破片数、予想はるかに超す
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1200660166/
【ISS】国際宇宙ステーションに宇宙ゴミが接近、中国が破壊した衛星の破片
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1280067836/

【【宇宙開発】ロシアの小型衛星ブリッツと中国の気象衛星「風雲1号C」に由来するスペース・デブリとが衝突】の続きを読む

c18a4657-s

1: メインクーン(新疆ウイグル自治区) 2013/03/09(土) 20:03:58.02 ID:TaWwX/7y0 BE:1134590786-PLT(12000) ポイント特典
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130309-00000011-okinawat-oki
オスプレイ:キンザーなど初飛来 浦添市抗議
沖縄タイムス 3月9日(土)10時42分配信
 【中部・北部】米軍普天間飛行場のオスプレイ1機が8日午前8時40分ごろから同9時半ごろにかけて、キャンプ・キンザー(浦添市)とキャンプ・コートニー(うるま市)を含む中北部の米軍基地に飛来した。両基地で離着陸が確認されるのは初めて。要人輸送に向けた訓練の一環とみられる。浦添市は同日、沖縄防衛局と米軍に電話で抗議した。
 同訓練をしたのは01機でで、いったん普天間に戻った後、午前10時10分ごろに再び離陸した。同基地に近い普天間高校(宜野湾市)では、入学試験が始まる午前10時ごろまで米軍機の騒音が響いていたため、県教育庁を通じて2度申し入れた。オスプレイかどうかは不明。金城正樹教頭は「全県で一斉に試験がある特別な日。せめて半日でも時間をずらすことはできなかったのか」と話した。
 米軍は7日「来賓支援任務」のため午前9時~同11時半まで飛行するといったん日本側に通知した後、入試に配慮して午前9時55分までに終えると再度通知した。浦添市に6日に入った連絡では、近く予定される米海兵隊幹部の来県に備えた訓練という。
 キンザーには、浦添市屋富祖、宮城、仲西などの各地域の上空を通り、国道58号東側から着陸。市当局は、「市街地上空の飛行は遺憾」と伝え、海側から入るよう再度申し入れた。
 一方、四国で訓練していたオスプレイ3機は同日午後3時20分ごろ、普天間に相次いで着陸した。
嘉手納に外来機次々
 【嘉手納】在韓米軍烏山基地所属のA10サンダーボルト対地攻撃機8機と、米カリフォルニア州のトラビス空軍基地の超大型長距離輸送機C5ギャラクシー1機が7日、米空軍嘉手納基地に飛来した。
CH46・ハリアー帰還
 【宜野湾・嘉手納】8日午後、米軍のCH46中型輸送ヘリ4機が普天間飛行場に相次いで着陸した。一方、嘉手納基地には垂直離着陸攻撃機ハリアー2機が着陸。いずれも、タイで行われていた多国間軍事演習「コブラゴールド」から帰還したものとみられる。強襲揚陸艦ボノム・リシャールに艦載され、1月30日に、うるま市勝連のホワイトビーチから出港していた。

【A10サンダーボルト対地攻撃機と超大型長距離輸送機C5ギャラクシーが米空軍嘉手納基地に飛来】の続きを読む

このページのトップヘ