ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

201210270714190a7

1: 依頼58(SB-iPhone) 2013/02/18(月) 12:22:01.81 ID:SnWu1gmQi● BE:3375439878-PLT(12001) ポイント特典
佐藤秀峰 @shuhosato
最近、知らない人からメールや手紙をいただいたり、飲み会に呼ばれて行ったら、
どこぞの社長がいて「私がフジテレビとの仲介をしてあげよう」みたいのがすごく多いのですが、
その内何割が仕組まれたものなのでしょうか…。
代理人立ててるし、これ以上ないって言ってんじゃん…。


佐藤秀峰 @shuhosato
知り合いの編集さんも「うちの会社の顧問弁護士が『どうやったら佐藤秀峰を落とせるか教えてほしい』
とフジテレビから相談された」て言ってたなぁ…。
「二度と仕事しない」という意味は、「二度と仕事しない」という意味なんですけど、どう言えば伝わるのかな…。
https://twitter.com/shuhosato

【【ウジ必死www】佐藤秀峰「フジテレビ、『二度と仕事しない』って言ってるだろ」】の続きを読む

no title
1: ライオン(栃木県) 2013/02/17(日) 22:43:33.65 ID:u4gRqwaMP BE:19082922-PLT(12791) ポイント特典
こ、これは何...? 火星にニョキッと突き出て光る謎の物体
プラスティック片なんてケチなもんじゃない、完璧におかしいですよね、これ...
自分撮りと風景撮りで多忙な火星探査機キュリオシティから送られてきた写真なんですが、この赤い惑星の地面からニョキーーッと出て光る小さな金属っぽい「突起」、これは一体なに?
引っ張ると火星人が出てくる秘密のレバーでしょうか?
それとも地面にめり込んだただの宇宙ゴミ? 
いくら考えてもわかりません。
拡大して見てください。注意して眺めると、突起には...影も写ってます(え?だからなんなんだって?まあまあ...)。何かはわからないけど、地面の赤茶けた岩とは明らかに違う異質なものであることがわかります...さて?
この金属風の謎の物体をめぐっては憶測が憶測を呼んでもはや収集つかなくなってるわけですが、散々騒がせた挙げ句に結局は「岩が一部風化しないで残ってただけでした」とか言うんでしょうね...わかります。「キュリオシティが光のトリックで地球人を惑わせただけでした」とか、「死にゆくロボットの墓でした」とか、わからないけど、そういうオチ。
因みにこの物体、高さはたったの半センチメートルで、探査機キュリオシティが2013年1月30日に
見つけたものです。正体は永久に謎のままかもしれませんね...
http://www.gizmodo.jp/2013/02/post_11660.html


【【宇宙ヤバイ】火星の表面から完全な人工物が突き出しているのを発見 探査機の一部とかでは絶対ない】の続きを読む

mitsukoshira-men

1: しいたけφ ★ 2013/02/17(日) 19:52:33.58 ID:???0
 
有数の国際都市でありながら貧弱な食事情がやり玉に挙がってきたロンドンの中心部で、ラーメン専門店が続々と開業、激戦区と化している。複雑な味のスープに多種多様な具を組み合わせた日本式ラーメンは、英国人にとって“異次元”の食べ物だったが、物珍しさもあってどの店も盛況。フィッシュ・アンド・チップスを代表とする英国の頑固な大衆料理界に、現代日本の「国民食」が風穴をあけることができるのか-。
ロンドンには多くの日本食店があり、すしや天ぷらは既にイタリア料理や中華料理、インド料理に続く外食の市民権を得ているが、ラーメンは長年無名の存在だった。
そんな中、昨年3月以降、ロンドン一の繁華街ソーホーと周辺に4軒の専門店が次々に開業した。
 昨年6月に開店した「トンコツ」は豚骨ラーメン(11ポンド=約1500円)を中心に、
しょうゆ、みそなどのラーメンのほか、ギョーザや酒類を提供する。
つづきます
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130217/mcb1302171834006-n1.htm

【【大人気!?】今、ロンドンが日本式ラーメンが人気で激戦区に 「究極のファストフード」と英メディアも後押し】の続きを読む

images

1: そーきそばΦ ★ 2013/02/17(日) 16:51:53.03 ID:???0
 これまで、ローマ法王は天皇陛下と同じく、終身在位であるように思われてきた。このため、去る2月11日、ローマ法王ベネディクト16世が枢機卿会議の席上、突然発表した今月末の退位は、前例が1415年のグレゴリウス12世まで遡(さかのぼ)るだけに、法王庁内部はもちろんのこと全世界を驚かせた。
 日本の場合、天皇陛下の退位規定は憲法にも皇室典範にもないが、法王庁法令には「法王が自らの意思により自ら公表すること」を前提とした退位規定がある。
 法王の職務は激務だ。国際情勢を熟慮した上での外交政策の決定や、外国要人との会見、数多くの儀式(儀式用の衣装だけでも重量10キロ以上もある)など、心臓にペースメーカーを入れた85歳の老法王には重労働だった。
 法王は退位の理由として体力的な衰えを挙げ、「カトリック教会のため」とした。しかしその後、間接的に「(世俗的争いのある)法王庁内部の正常化」も理由の一つとして指摘している。
 これまでの法王は病苦と戦い、死ぬまで職務を全うしてきたが、急速に変化する社会に法王庁が対処するためには、若い健康な指導者が必要だ。
 現法王が長い慣習を破り、退位の新しい前例を作ったことは誠に勇気ある決断であったといえよう。(坂本鉄男)
産経新聞 2月17日(日)15時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000540-san-eurp

【【何の修行だよw】ローマ法王の衣装は重量10キロ以上…心臓の悪いベネディクト16世には激務過ぎた】の続きを読む

このページのトップヘ