ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 北朝鮮

北朝鮮

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
post_19041_20170510

韓国政府は14日、平昌冬季五輪への北朝鮮参加に関連した便宜提供や行事開催の費用として、総額28億6000万ウォン(約2億8400万円)を南北協力基金から支援することを決めた。

 スポーツ大会に関連した北朝鮮への支援額では過去最大。宿泊費や競技場利用料などで、五輪組織委員会や大韓体育会を通じて支出する。

 韓国統一省は「国際的な制裁状況などを考慮しながら、国際社会と緊密に協議していく」と述べ、制裁に抵触しないよう配慮する立場を強調した。

 金永南最高人民会議常任委員長が団長を務め、金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党中央委員会第1副部長らが加わった高官代表団の訪韓については、「南北会談関連予算」から別途、関連費用を支出するという。 

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000083-jij-kr

【【マジかよ…】韓国「おい、北朝鮮。オリンピック来てくれてありがとな。28億6000万やるよ」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
江陵とソウルで2度の公演を行い平昌五輪で話題を集めた北朝鮮の三池管弦楽団が2月12日に北朝鮮に帰国した。
15年半ぶりに行われた韓国での公演で評価は非常に高かったという。

三池管弦楽団137人が同日の午前11時20分に南北出入事務所(CIQ)を介して帰国。6日には万景峰号で入国したが帰国時は陸路となった。

三池管弦楽団が北に帰ろうとするときに出入事務所に、北朝鮮への送還を要求する脱北女性が現れた。
女性の名前はキム・リョンヒで自分の名前を叫びながら騒ぎたてバスが到着すると半島旗を振りながら「平壌市民だよ」と叫んだ。

脱北者のキム・リョンヒの話を聞くと「ブローカーに騙され韓国にこさせられた。北朝鮮に送ってほしい」と主張している。
しかし政府は「国民を北に送ることができない」と述べた。

http://gogotsu.com/archives/37238
no title

【【激震!】平昌五輪の北朝鮮応援団の帰国時に脱北者が現れ「私も連れて帰って」というトラブル発生!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ダウンロード (2)

ユニセフ=国連児童基金は、ことし1年間に北朝鮮で5歳未満の子ども6万人が深刻な栄養失調に陥るおそれがあると明らかにし、
国連安保理の制裁で支援物資を運ぶための燃料費が高騰するなどの影響が出る中、滞りなく支援を実施できるかどうかが課題だとしています。

ユニセフはことし1年間に世界で行うべき人道支援活動の概要をまとめ、30日、スイスのジュネーブにある国連ヨーロッパ本部で記者会見して発表しました。

このうち北朝鮮について、およそ1800万人が食料の供給が不安定な状況にあると見られ、
5歳未満の子ども6万人が深刻な栄養失調に陥るおそれがあると明らかにしました。

ユニセフによりますと、人道支援の活動は国連安保理の制裁の対象から除外されていますが、支援物資を北朝鮮国内まで運ぶための燃料費が高騰するなど影響が出ているということです。

また金融機関の審査も厳しくなり、北朝鮮国内への資金と物資の運搬により時間がかかるようになっていて、滞りなく支援を実施できるかどうかが課題だとしています。

そのうえで、北朝鮮の子どもたちへの支援にはことし1年間で1650万ドル、日本円でおよそ18億円が必要だとし、国際社会に支援を呼びかけています。
詳細はソースにて
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180131/k10011309421000.html 

【ユニセフ「助けて!北朝鮮の人が餓死しそうなの!18億円よこせ!」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20170802-00074029-roupeiro-000-6-view

北朝鮮の駐英公使を務め、2016年8月に韓国に亡命した
太永浩(テ・ヨンホ)氏(55)が毎日新聞の単独インタビューに応じ、日本人拉致問題について金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「拉致問題の解決と引き換えに、日本から巨額の資金援助を受けられることを望んでいる」と明らかにした。また、北朝鮮が「解体する」と表明していた拉致被害者らの調査のための「特別調査委員会」について「裏では(担当する)部署はそのまま残っている」とも証言した。

太氏は17年12月中旬、ソウル市内でインタビューに応じた。

 拉致問題を調査する部署に関連し、太氏は「正確な名前は分からないが、国家保衛省(旧・国家安全保衛部=秘密警察)の中に、拉致被害者問題を担当する専門の部門が別途ある」と強調した。拉致被害者の安否情報を「(北朝鮮側は)当然すべて把握している」と述べたものの、具体的な情報には言及しなかった。
太氏は拉致問題をめぐり「資金の入った袋を日本が明確に見せない限り、金正恩(委員長)は拉致問題を解決しようとしないだろう」と述べ、日本側と食い違っている点を強調した。
太氏は「(北朝鮮側から)『資金援助で帰す』と持ちかけるわけにはいかない」との見方を示す。日本側の世論がより硬化する恐れがあると判断しているためだ。
また「(金委員長は)拉致問題で日本から資金を得て、北朝鮮経済に輸血しようとしている」と例えた上、「資金を出すならば、日本に有利に解決するはずだ」との見解も示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000012-mai-int

【北朝鮮「拉致問題を解決したいなら金を払え」 】の続きを読む

このページのトップヘ