ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 北朝鮮

北朝鮮

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: 荒波φ ★ 2012/12/03(月) 10:58:35.01 ID:???
韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」(KSLV-1)は、
高興(コフン)羅老宇宙センターで横になって精密診断を受けている。

しかし先月29日以降、まだ正確な故障の原因は確認できず、いつ起き上がるかは分からない。
10月の打ち上げ前にはロシア製の1段目のロケットに、今回は韓国製の2段目のロケットに問題が発生した。

「準備は完ぺきだった」「今度は必ず成功させる」という科学者の言葉を信じた国民の失望感は大きい。

ロケットは衛星を宇宙に打ち上げる運搬体だ。米国・ロシア・日本など世界9カ国だけが技術を持つ。
独自の発射体がない韓国は、1995年から今まで打ち上げた13基の衛星をすべて外国の地で、外国企業に任せた。

巨額を支払っても技術を一つものぞき込めない“宇宙弱小国”の限界も感じた。

このため自分たちの手で作ろうとして、10年前から8500億ウォン(約650億円、
羅老5205億ウォン+宇宙センター33114億ウォン)を投入して挑戦しているが、いつも苦杯をなめている。

打ち上げの失敗は宇宙先進国も繰り返し経験している。
日本はN1ロケットの技術を米国から丸ごと導入し、3回連続で失敗した。
独自開発したH2ロケットも98、99年にN1の前轍を踏んだ。

90年代から独自開発に着手したブラジルは03年、ロケット爆発で21人が死亡するなど
3回連続で失敗したが、挑戦を続けている。

韓国もあきらめてはならない。とはいえ、「羅老」の開発方式には根本的に問題があると考えられる。

独自開発でも技術導入でもなく、不明瞭な奇形方式だからだ。
草創期から発射過程で多くの問題が発生する余地があるという指摘があったが、結局その通りになっている。

ロシアと韓国が独自開発した1段目、2段目の各ロケットを打ち上げ1、2カ月前に連結するため、
“相性”を徹底的に点検するうえで根本的な限界がある。

しかも1段目ロケットはロシアが技術を徹底的に隠し、のぞき見ることもできない。

一方、ロケット技術を保有する9カ国はどうか。
独自開発や技術導入をし、開発・製作・試験など発射体全体を統合設計する方式を選択した。

「羅老」の奇形的な開発方式は韓ロ契約に基づくものだ。宇宙弱小国の韓国としてはやむを得ない条件だった。
それでも「羅老」の相次ぐ打ち上げ失敗と延期の免罪符にはならない。

科学界では開発過程の誤りに責任をあまり問わないのが慣行だ。しかし慣行に安住するのはよくない。
単純なミスで打ち上げ失敗や延期などが繰り返されていないか徹底的に調べ、問題があれば厳重に問責する必要がある。

しかも国産の2段目のロケットは製造から3、4年も経っている。
保管過程、作動可否、部品点検など総体的な問題も確認しなければならない。
避けられるものであるのなら、それによる国民の虚脱感はあまりにも大きい。


2012年12月03日10時34分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/213/164213.html?servcode=100&sectcode=120

【【基礎からやれよ!】奇形的開発が自ら招いた韓国ロケット「羅老」の教訓】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: 蚯蚓φ ★ 2012/12/02(日) 16:45:04.51 ID:???
no title


【ニューヨーク=ニューシス】「私たちの関心が弱まっている間、再びヨーコの話を採択する米国学
校が増えています。」日本の韓半島強制占領期、日本人を加害者でなく被害者に変身させた‘ヨ
ーコの話’が米国の小中学校で教材として再び採択されて緊急な対策が必要とされている。

ニューイングランド韓国学校のナム・イル校長は30日、ニューシスとのインタビューでボストンをは
じめとするマサチューセッツ地域をはじめ、多くの学校が排除したヨーコの話を教材としてまた採
択していると伝えた。

これと関連、1日ニューイングランド韓国学校で‘ヨーコの話排除運動’で良く知られたアグネス・ア
ン博士とシーラ・チョン氏を招いた父兄講演会が開かれた。この日、ニューイングランド韓国学校
が位置するマサチューセッツ・ニュートンは雪が降ったが2百人余りの父兄が参加した。

ヨーコの話は原題が‘So Far from the Bamboo Grove’で日系米国人ヨーコ・カワシマ・ワトキンス
が1986年出版した自伝的小説だ。日本人少女と家族が日帝崩壊後、韓半島を離れる過程を描き
ながら朝鮮人らが日本の婦女子に強姦と暴力を日常的に行ったなど日本人を被害者、韓国人を
加害者として描写した内容を含んでいる。

十一才少女の目から書かれたこの本はドラマチックな要素もあり米国の多くの学校で英語の読み
取り教材として先を争って採択された。この問題が明らかになったきっかけはボストンで産婦人科
医のアグネス・アン博士が2006年のある日、学校に通っていた息子が泣きながら「なぜ韓国人は
日本人にそんなに悪いことをたくさんしたの?」と話したことだった。びっくりしたアン博士は‘ヨーコ
の話’を読んでみてこの本があまりにも多くの虚構と偽りからなる内容を含むことを知った。

この問題に共感した父兄のシーラ・チャン氏とともにヨーコの話の問題点を広報そ同意を集めた。
ほぼ同時期、ニューヨークの学校で‘ヨーコの話’を習うことに抗議し授業を拒否したホ・ボウン・ヤ
ンさんが大きな話題を集め、ホさんの母親もアン博士などと連絡をとって集まり、「正しいアジア歴
史教育のための父兄会(Parents For an Accurate Asian History Education)」を結成した。

アグネス・アン博士は小説の中に描写された内容と歴史的事実を比較する資料をハーバード大図
書館などで探し、さらに日本、中国まで行くなどヨーコの話の排斥戦士になった。米国生まれの三
世で韓国語はほとんどできなかったが、アン博士は三一運動の時、ユ・クァンスン烈士とともに万
歳運動を行なって投獄された独立活動家オ・ジョンファ先生の孫娘という自負心があった。

ニューイングランド韓国学校での講演会を始まりに、近隣学校関係者と主流メディアを相手にヨー
コの話の問題点を知らせながら教材採択を取り消す学校が急激に増えた。ニューイングランド韓
国学校のナム・イル校長は「太平洋戦争を起こした戦犯国家、日本が原子爆弾を受けたことばか
り強調して被害者であるかのように話すが、ヨーコの話は虚構を事実のように描写して加害者日
本人を被害者に変身させたということにより大きな問題がある」と指摘する。

特に彼女は「韓国と日本の歴史を知らない米国の小学生と中学生がヨーコの話を通じて加害者日
本人に同情して被害者韓国人を悪い人と認識することになる。米国学校に通う私たちの2世、3世
も母国を恥ずかしく思って子供たちの冷やかしにあるあきれたことを体験している」と声を高めた。
(続きは>>2-5のあたり)

ノ・チャンヒョン特派員

ソース:中央日報(韓国語) 歴史歪曲‘ヨーコの話’米学校教材採択また増えて
http://joongang.joinsmsn.com/article/689/10050689.html

【【こうやって歴史を歪める】 歴史歪曲「ヨーコの話」米国の学校教材採択また増加~日本が採択するようロビー活動?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: アフリカゴールデンキャット(愛知県) 2012/12/02(日) 08:39:04.36 ID:QyRKEqaE0● BE:3817867687-PLT(12051) ポイント特典
24日の午後、ソウル・鍾路区(チョンログ)の日本大使館の前でウォルチョン小学校の生徒と
教師、父兄が、慰安婦問題の解決を求める記者会見を行っている。

「日本国民は謝罪しろよ」
http://imgnews.naver.net/image/421/2012/11/24/303336_article_59_20121124135501.jpgno title


【【関係改善???】韓国小学生 「人間のクズ、日本国民どもは今すぐ謝罪と賠償をしてよ?ねぇ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
120408-misairu-ns300


















1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2012/12/01(土) 18:53:42.83 ID:???0
北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会の報道官は1日、人工衛星を10日から22日の間に、
北西部東倉里の「」から打ち上げるとの談話を発表した。

朝鮮中央通信が報じた。4月に続く事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験。
南方に向けて発射するとみられ、沖縄など南西諸島や周辺海域の上空を飛行する恐れがある。

北朝鮮は11月に入り東倉里で発射準備を進めていることが米衛星の写真などで明らかになっていた。

報道官は1日の談話で、失敗に終わった4月のミサイル発射時の「欠点」を分析したとし、
「ロケットの信頼性を改善し、打ち上げ準備を終えた」と説明した。
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012120101001744.html

【ミサイル発射は10~22日 北朝鮮が予告・・・沖縄の上空を飛行する恐れ】の続きを読む

このページのトップヘ