ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 欧州

欧州

デンマークのコペンハーゲン警察は、コペンハーゲン市内南東部アマー島で見つかった女性の遺体について、取材のために手作りの潜水艦「ノーチラス」号に乗って出かけた後行方不明になっていたスウェーデン人の女性ジャーナリスト、キム・ウォール氏の遺体であることを確認した。
警察はツイッターで「遺体のDNAとキム・ウォール氏のDNAサンプルが一致した」と伝えた。
8月10日、ウォールさんはデンマーク人の発明家の男と一緒に潜水艦に乗って海に出た。翌11日、ウォールさんの友人からウォールさんが行方不明だとの
通報があり、潜水艦の捜索が始まった。その後、潜水艦が見つかり、潜水艦に乗っていた男と連絡が取れた。
後に、潜水艦がコペンハーゲン近郊で沈没、男は近くにいたヨットの乗組員に救助されたことがわかった。
2日後に潜水艦は海底から引き揚げられたが、そこにウォールさんの姿はなかった。ウォールさんと一緒に潜水艦に乗った発明家の男ピーター・マッセン容疑者は殺人罪で起訴され、勾留されている。また警察は、潜水艦は故意に沈められた可能性があると発表した。

https://jp.sputniknews.com/incidents/201708234012941/
no title

【手作り潜水艦「ノーチラス号」で出航した女性ジャーナリスト、遺体で発見される。艦長逮捕。】の続きを読む

スウェーデンで白いヘラジカ撮影、見物客殺到 「近付くと危険」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

【8月16日 AFP】スウェーデン中部ベルムランド(Varmland)地方の地元議員が希少な白いヘラジカを撮影してフェイスブック(Facebook)に投稿したところ、この数日間インターネット上で大きな注目を集め、現地に人々が押し寄せる事態となっている。専門家は15日、危害を与えられる恐れがあるとしてヘラジカに近付かないよう注意を促した。

詳細はソースにて
http://www.afpbb.com/articles/-/3139347?cx_part=topstory
no title



Why This Swedish Moose Is Entirely White
http://news.nationalgeographic.com/2017/08/rare-white-moose-sweden-video-spd/

【【見物客殺到】スウェーデンで白いヘラジカ撮影、 「近付くと危険」】の続きを読む

img1502538534

スペインの海岸で12日までに、アフリカ諸国の移民や難民らが乗る小型船が突じょ漂着し、
居合わせた海水浴客を驚かせる騒ぎがあった。

現場はカディスに近いサアラ・デ・ロス・アトゥネス町の海岸。
小型船の漂着やあ然とした表情を示す海水浴客らの姿はビデオ映像に収められた。

移民らは上陸後、所持品を抱え、走りながら海岸を離れていた。

スペインの警察はCNNの取材に、移民らが上陸した際、警官1人が周辺に居たと説明。
この後、タリファなどから応援要員が駆け付けたとしている。

スペインの民生防衛当局によると、サアラ・デ・ロス・アトゥネス町などでの移民らの上陸は異例。
今回の小型船に乗っていた人数や移民らの現在の居場所も明らかにしていない。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-35105681-cnn-int

映像
https://www.youtube.com/watch?v=boon6MkE7UI


【【海水浴客ら騒然】スペインのビーチにアフリカ移民を乗せたボートが突じょ漂着、もの凄い勢いで上陸!】の続きを読む

20170808-00010003-newsweek-000-1-view

女性をさらってはダークネットで売ると言われるその正体はイギリス人モデルのクロエ・アイリーンが7月にイタリアで誘拐された事件について、イタリア警察当局は、ダークウェブ(特殊なブラウザでしかアクセスできない、犯罪の温床になっているサイバー空間)で活動する犯罪組織「ブラック・デス」(黒死病、ペストのこと)が関与していることを突き止めた。
報道によれば、アイリーンがブラック・デスの実行犯にミラノで誘拐されたのは7月11日のこと(アイリーンはその後解放され、8月6日にイギリスに帰国した)。
ダークウェブでは人身売買がはびこっており、ブラック・デスは、女性を誘拐し、ダークウェブ上のオークションを通じて売買していることを公言して知られている。

CNNによれば、イタリア警察は7月17日、アイリーンを伴ってミラノのイギリス領事館に現れたウカシュ・ヘルバを逮捕した。

だが、ヘルバがなぜわざわざアイリーンを領事館に連れて行ったのかはよくわかっていない。
英大衆紙ザ・サンの報道では、警察はヘルバを逮捕した時、14世紀に黒死病がヨーロッパで猛威を振るった頃のマスク姿の医師が描かれたチラシを発見した。
この絵は、同犯罪組織と関連付けられている。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170808-00010003-newsweek-int 
【【恐怖!?】英組織「ブラック・デス」 モデル等成人女性に麻薬を打ち、拉致したのち闇オークションで人身売買】の続きを読む

このページのトップヘ