ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 欧州

欧州

ダウンロード

[パリ 7日 ロイター] - 7日実施した仏大統領選の決選投票は、投票終了直後に発表された出口調査で、中道系独立候補のマクロン前経済相が極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首に勝利する見通しとなった。

出口調査によると、得票率はマクロン氏が65%、ルペン氏35%で、その差は、投票前の調査の20%ポイント前後よりも大きい。

マクロン氏は、オランド政権で経済相を務めたものの政治経験が乏しいが、今回の選挙では1世紀にわたり左派か右派が支配する政治の構図を変える存在にのしあがった。カズヌーブ首相は、フランスが欧州の中心的地位の維持を選択したと述べた。

ナポレオン以降、フランスで最年少の指導者となるマクロン氏にとって、目先の試練は来月の議会選だ。議会の勢力図が、マクロン氏が目指す改革実現に大きく影響する。

最初の出口調査結果が発表された直後、ルペン氏はマクロン氏にお祝いを述べたことを明らかにした。ただ、「新たな政治勢力」を結成する方針を示し、「すべての愛国主義者の参加」を呼びかけた。ルペン氏の側近は、新会派の名称は国民戦線にならない見込みを示した。

<マクロン氏「分断修復に尽力」>

マクロン氏は、選挙対策本部で演説し、極右と極左が台頭し分断された状態の修復に尽力する方針を示した。

「この国が分断状態であること、それが一部で極端な意見を持つ政党への投票につながったと認識している。そうした投票行動を尊重する」としたうえで「わたしは、欧州、フランス国民の間のつながりを再構築するために尽力する」と述べた。

<欧州各国から祝福の声、トランプ米大統領も祝意>

欧州では、英国が昨年、国民投票でEU離脱を決定したのをきっかけに、EUの存在意義が問われてきた。今年3月のオランダ総選挙で極右政党が伸び悩み、与党が第1党を維持したことで、危機感は幾分和らいでいたが、ユーロ圏でドイツに次ぐ経済規模を持つフランスの大統領選は欧州の今後を占う試金石として注目されていた。

マクロン氏の勝利が確実となり、欧州域内から祝福の声があがっている。トランプ米大統領も、マクロン氏に祝意を示した。

メルケル独首相の報道官はツイッターでマクロン氏に向けて「あなたの勝利は、強く結束した欧州と独仏の友好にとっての勝利だ」と述べた。

トゥスク欧州連合(EU)大統領は、ツイッターで「偽ニュースの暴政でなく、自由、平等、友愛を選択したフランスの人々を祝福します」と述べた。投票前にソーシャルメディアでマクロン氏に関する誤解を招く情報が流れたことを念頭にした発言とみられる。

ジェンティローニ伊首相も、欧州に希望がもたらされたとツイートした。

トランプ大統領は、公式ツイッターで「マクロン氏のきょうの大勝利を祝福します。彼と協力することを楽しみにしています」と述べた。

2017年 5月 8日 5:07 AM JST

 5月7日、仏大統領選の決選投票は、投票終了直後に発表された出口調査で、中道系独立候補のマクロン前経済相(写真)が極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首に勝利する見通しとなった。パリで撮影(2017年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)
 http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN183100 
【【仏大統領選】マクロン氏の勝利確実 仏史上最年少の指導者誕生へ】の続きを読む

372256

ギリシャのチャカロトス財務相は2日、同国への支援融資再開を巡る債権団との交渉で、予備的な合意に達したと表明した。
アテネ通信が報じた。ギリシャは7月に70億ユーロ(約8500億円)規模の国債償還を控える。
自力での資金繰りが困難なことから債務危機の再燃が危ぶまれていた。
欧州連合(EU)側も同日、合意を認める声明を公表した。


融資再開へ予備的合意
http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM02H56_02052017FF1000/

【【ギリシャ】約1兆円の国債返還期限が迫るもEUから新たに借入して危機回避 「さてシエスタしよう」】の続きを読む

20170329-05489249

http://www.afpbb.com/articles/-/3125654?act=all
(リンク先に動画あり)

【4月19日 AFP】仏パリ(Paris)で17日、極右政党「国民戦線(FN)」に対する抗議デモが行われ、デモ隊と警官隊が衝突した。現場付近ではフランス大統領選に立候補している同党のマリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)党首が選挙集会を行っていた。(c)AFP

2017/04/19 16:08(パリ/フランス)
【【仏大統領選】極右に抗議する人々が暴徒化、警官隊と衝突 ルペン氏の集会近くで】の続きを読む

フランス北部の港町ダンケルク近くにある約1500人を収容するグランド・サント移民キャンプで10日夜、火災が発生した。当局者によると、火災はアフガニスタン人とクルド人の間で衝突が起きた際に始まったという。

火災で、少なくとも10人が負傷した。移民キャンプで衝突が相次いだことから当局は先月、キャンプ閉鎖の方針を示していた。

キャンプがあるノール県のミシェル・ラランド知事は、「灰の山以外、何も残っていない」と述べ、「以前あった場所に小屋をまた建てるのは不可能だ」と語った。

約40キロ離れたカレーで移民キャンプ「ジャングル」が昨年10月に撤去されて以来、グランド・サント移民キャンプの人口は増加していた。

AFP通信が目撃者や当局者の話として伝えたところによると、アフガニスタン移民の到着が増えたことで、キャンプで既に暮らしていたクルド人との緊張が高まっていたという。

火災によって避難した移民たちは、近くの体育館などを緊急の宿泊施設として使う予定。

国際NGO「国境なき医師団」(MSF)によって昨年3月に開設されたグランド・サント移民キャンプでは、これまでに何度か暴力事件が起きていた。

火災を引き起こした今回、6人が刃物による傷を負った。

AFP通信によると、先月には5人が負傷したけんかが起こり、警察が制止に入っている。また、昨年11月にも男性が刃物で刺された。

(英語記事 France migrants: Huge fire guts Grande-Synthe Dunkirk camp)
http://www.bbc.com/japanese/39565504 
no title
_95578441_mediaitem95578440
【【仏移民キャンプで火災】  アフガン人とクルド人の衝突で】の続きを読む

このページのトップヘ