ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 欧州

欧州

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180510-00000038-jij_afp-000-3-view

救急車呼んだ女性、相手にされず死亡 フランス社会に怒り広がる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000038-jij_afp-int
フランスで、ひどい腹痛に苦しみながら救急車を呼ぼうと緊急通報した若い女性がオペレーターにあざけられて相手にされず、数時間後に死亡していたことが分かり、国民の間に非難が広がっている。
医療保険サービスへの予算増額を求める声も上がる中、仏検察当局は9日、捜査を開始した。

ナオミ・ムセンガ(Naomi Musenga)さん(当時22)は昨年12月29日、救急通報ダイヤルに電話し、深刻な腹痛を訴えた。遺族が最近になって入手した3分間の電話記録の中で、ムセンガさんはかろうじて聞き取れる小さな声で「体中が痛い」「もう死にそう……」などと話している。

ところが、通報を受信した女性オペレーターは「そのとおり、あなたは死ぬでしょう。皆と同じく、いつの日か」と応答。同僚と一緒になってムセンガさんの訴えをからかった後、医師に電話して往診を頼むよう告げた。

一人暮らしだったムセンガさんは5時間後、再び救急ダイヤルに電話。そこでようやく救急車が手配され、ムセンガさんは東部ストラスブール(Strasbourg)の病院に搬送されたが、到着後まもなく心臓発作で死亡した。
仏紙ルモンドによると、検視解剖でムセンガさんは多臓器不全を起こしていたことが明らかになった。

ムセンガさんの姉妹のルワンジュさんは「人として、どうして今にも死にそうな人にこんなことが言えるのか、疑問に思わざるを得ない」とラジオ局フランス3アルザスに語った。問題のオペレーターは停職処分を受けたが、検察によると「危機にある人を助けなかった容疑」で訴追される可能性がある。

ムセンガさんの死を受け、フランスでは医療保険制度に割く予算と資源を増やすよう求める声が再び高まっている。仏政府は既に大きな負担にあえぐ医療現場の問題に取り組み始めているが、ここ数週間にわたり医師らは病床不足で大勢の患者が廊下で寝ることを余儀なくされていると抗議しており、看護師をはじめとする医療従事者も人手不足と対応能力を上回る患者数をめぐって抗議を続けている。

【女性「体中が痛い…死にそう」 救急オペレーター「でしょうね、人は皆いつか死ぬわ(ガチャン」女性は死亡 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
【5月7日 AFP】自転車レース「ツール・ド・フランス(Tour de France)」の優勝者に「セクシー美女」たちが表彰台でキスを贈る慣行は「性差別を助長するステレオタイプ」だとして、仏パリ市がこれを廃止しようとしている。

 自転車競技界では昨年、ブエルタ・ア・エスパーニャ(Vuelta a Espana)が先にこの「ポディウムガール」と呼ばれる女性たちによる祝福のキスを廃止。パリ市議会はこの件について採決し、代わりに優勝経験のある若いアスリートたちにツール・ド・フランス優勝者の祝福を担わせる意向だ。

 この議題を提出したファディハ・メハル(Fadiha Mehal)氏は「(ポディウムガールは)不変的な性差別的ステレオタイプを示すものであり、2018年の今、我々はそうしたものを求めていない。見かけだけで知性に欠けるイメージに女性が関連付けられることはもはや容認できない」と述べた。

 同氏によると今後パリ市当局はローラ・フレセル(Laura Flessel)スポーツ相とツール・ド・フランスの主催者に対し、必要な措置を取るよう要求していくという。

 今年1月にはフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)の興行主である米リバティメディア(Liberty Media)が、自社のブランド価値と「共鳴しない」として、スタート位置にモデルの女性を立たせる「グリッドガール」の廃止を発表している。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3173714?cx_module=latest_top 
 女性モデルから祝福のキスを受ける自転車競技選手(2011年7月26日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / ANP / ROBIN VAN LONKHUIJSEN
no title

【【美女廃止】美女による祝福キス、ツール・ド・フランスでパリ市が廃止の意向 「性差別を助長するステレオタイプ」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
5974d_1607_f41ce172_f0762cbf


フランス・パリに旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像の設置が推進される見通しだ。

京畿道光明市によると、旧日本軍の韓国人慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さん(89)は11日、「フランスで平和の少女像を設置しようとする意見が提示された」と話した。

李さんは同国の元国家改革・簡素化担当相のジャン・ヴァンサン・プラセ氏の要請により、国際女性デーに合わせパリを訪問し、この日帰国した。

少女像の設置は李氏の仏下院での証言や講演会の際に、自然に話が持ち上がったという。

光明市やプラセ氏らはフランスに居住する韓国人らと協議し、少女像の設置に向けた具体的な日程を決めるとしている。

http://news.livedoor.com/article/detail/14417521/ 
【【フランス・パリ】 「慰安婦像設置」を推進する計画、フランスに居住する韓国人らと協議】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
img5a9cb394bad7a

 英国政府観光庁は3月1日から2日にかけて、北部の主要都市ニューキャッスルで英国最大のインバウンド旅行商談会「Explore GB 2018」を開催した。参加したサプライヤーはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドから330名。
バイヤーは29ヶ国から280名が集まり、そのうち日本からは9社・9名が参加した。

 同庁ストラテジー・アンド・コミュニケーション担当ディレクターのパトリシア・イェーツ氏は、本誌とのインタビューで日本市場について「安定した成熟市場。特に人気の高い湖水地方では地元経済に大きな貢献をしている」と評価。アジアでは中国や韓国の伸び率が高いものの、今後も高い現地消費額が期待できることから重要なマーケットとの認識を示した。

 日本市場の拡大に向けては、現地での体験を重視。「これまで日本市場では、文化や歴史遺産が主な観光素材だったが、これからはフード&ドリンクや鉄道の旅などもアピールしていく」考えを示した。フード&ドリンクについては、ロンドンをはじめ各地でクオリティーが上がっており 「従来のネガティブなイメージを覆していく必要がある」と強調。特に南部のデヴォンやコーンウォール地方には「質の高いシェフが集まっている」と述べ、日本人旅行者に訴求力の高いデスティネーションとした。

全文
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=80957

【イギリス「日本のみなさん、イギリスの美味しい料理を食べに来て」 】の続きを読む

このページのトップヘ