ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 欧州

欧州


87d82042

フランスのマクロン大統領は、軍の幹部らを前に演説を行い、15年以上前に廃止された徴兵制度を復活させる考えを示し、相次ぐテロの脅威に備えるためなどとして18歳から21歳の男女に対し、1か月間の兵役という形で導入を目指すと見られます。

フランスのマクロン大統領は19日、海軍の基地がある南部のトゥーロンで、軍の幹部や兵士を前に年頭の演説を行いました。

この中で、「すべての国民を対象にした徴兵制度に向けて取り組み、実現させる」と述べ、2002年に廃止となった徴兵制度を復活させる考えを示しました。

マクロン大統領は、去年の大統領選挙で、相次ぐテロの脅威に備えるためや国民の団結を強めるためだとして18歳から21歳の男女に対し、軍による訓練を中心とした1か月間の兵役の義務化を公約に掲げていました。

今後、この公約に沿った形で導入を目指すと見られますが、徴兵制度の復活には、その効果を疑問視する声や多額の費用がかかるという批判もあり、実現に向けて曲折も予想されます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180120/k10011295281000.html 
【【フランス】徴兵制復活へ フランスのマクロン大統領表明 18~21歳の男女対象】の続きを読む

花の都パリに“ある問題”の解決に向け設置された驚きのモノとは―。
20日のフランス「パリジャン紙」に掲載された花壇の写真。

実はこれ、小便用のトイレ。
側面の注ぎ口から用を足すと、特殊な砂に吸収されて花を育てる肥料になるという優れもの。

パリでは立ち小便が絶えず、社会問題となっていて、パリ市はこのトイレを「おしっこ歩道」と名付け、夜の繁華街を中心に設置を進める方針。

http://news.livedoor.com/article/detail/13937793/

立ち小便絶えず…パリに小便用“花壇”登場
no title

【【立ち小便絶えず社会問題に…】フランス・パリ、解決に向け小便用“花壇”登場…「おしっこ歩道」と名付けるwwwwwww】の続きを読む


独立反対デモに数十万人が参加
カタルーニャ、連帯訴え

 【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の州都バルセロナで29日、自治州の独立宣言に反対するデモ集会が開かれ、数十万人が参加した。
参加者は口々に「スペイン万歳」と叫び、国歌を歌って「連帯」を訴えながら、市中心部をスペイン国旗で埋め尽くした。

 生物学者のアンドレスさん(50)は「私はカタルーニャを愛しているが、スペイン人でもあることを示さなくてはならない」と話した。
カタルーニャの旗や欧州連合の旗を掲げ、「共存」の必要性を叫ぶ人も多数いた。

 カタルーニャ州議会は27日、「独立宣言」決議を可決。中央政府は自治権停止に踏み切るなど混乱に陥っている。

https://this.kiji.is/297345039913944161

no title
【【カタルーニャ】「独立反対」大規模デモ 数十万人がスペイン国歌を歌いスペイン国旗で街を埋め尽くす 】の続きを読む

【10月10日 AFP】オオカミが再びフランスの山々を歩き回っていると聞いて動物愛護家らは喜ぶかもしれない。一方で、オオカミによるヒツジへの攻撃が増えている事態を受け、農家はオオカミの駆除を主張している。

 2016年にオオカミに殺された動物の数は1万匹を超えるとの当局の発表を受け、フランスのリヨン(Lyon)で9日、通りを埋め尽くすほどのヒツジを連れた大勢の農家が対策強化を求める抗議デモを行った。

 オオカミによる攻撃は主にアルプスや南部で発生しており、欧州で保護の対象となっているタイリクオオカミ(学名:Canis Lupus)を徹底的に擁護する動物愛護活動家らと農家との間で激しい論争が巻き起こっている。

 フランスでは、1930年前半に絶滅したとされるまでオオカミは一般的な存在だった。1990年代初めに再び自然と姿を現し、現在の生息数はおよそ360匹とされる。

詳細はソースにて
http://www.afpbb.com/articles/-/3146081 


no title

no title

no title

【【フランス】オオカミに殺される動物は年1万匹超、ヒツジ連れて抗議デモ 】の続きを読む

このページのトップヘ