ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 裁判

裁判

c1e6f582

「白い粉」落とし騒ぎ…初公判で啓発目的と主張 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 覚醒剤に見せかけた袋を警察官の前に落として騒ぎを起こしたとして偽計業務妨害罪に問われた鹿谷(旧姓・西坂)大治被告(31)の初公判が15日、福井簡裁であり、鹿谷被告側は起訴事実の一部を否認した。

 起訴状によると、鹿谷被告は8月、福井市内にある交番の警察官の前で白い粉入りの袋を落として逃げ、警察官28人を出動させて業務を妨害したとされる。鹿谷被告は罰金40万円の略式命令を不服として正式裁判を請求していた。

 検察側は冒頭陳述で、鹿谷被告が動画を投稿していたサイト「ユーチューブ」で再生回数が増えず、広告収入が伸び悩んだことから計画的に騒ぎを起こし、その様子を投稿したと説明。鹿谷被告の弁護人は「2、3人の職務を妨害した程度。(投稿は)覚醒剤撲滅のためで、偽計業務妨害罪にもあたらない」と主張した。鹿谷被告は「啓発目的でやった。無罪にしてください」と求めた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171215-OYT1T50115.html

【【「白い粉」落とし騒ぎ…】ユーチューバー「警官の前で白い粉を落としたのは『啓発目的』なので無罪にしてください」】の続きを読む

250px-大津地方裁判所5250071

 2011年に大津市の中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が加害者とされる元同級生らに損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が14日、大津地裁(西岡繁靖裁判長)で開かれた。元同級生らのうち最後の1人の尋問が行われ、男子生徒に当時「死ね」と言ったのは「あいさつ程度(の認識)だった」と述べた。

 遺族側の代理人弁護士が、男子生徒に蜂を食べさせようとした行為の意図を尋ねたのに対しては「リアクションやエンターテインメントを求めていた」と説明。男子生徒に対しては「亡くなる前に何に悩んでいたかを聞きたい」と述べた。

共同通信
https://this.kiji.is/313983683105850465

【【大津いじめ訴訟】元同級生「(死)ね」はあいさつ程度と説明 蜂を食べさせようとした行為は「エンターテインメントを求めていた」 】の続きを読む

no title

寺田長官は来年、退官されるとのことで、国民にとって重大な決断をし罷免をもされる判決内容を下したにも関わらず、国民自体は何もできないということに、かなりの苛立ちを覚えている人はほとんどのようです。
 仕組まれた感じにも見えますし、来年退官するにあたりどういう判決を下しても自分の身には何も被害を被ることはないとして、NHK側の要求を飲んだのであれば、非常に怠惰な判決結果であると言わざるを得ません。

詳細はソースにて
https://brandnew-s.com/2017/12/06/teradaitsuro2/

【【やり逃げ?】NHK受信料合憲判決の裁判長・寺田逸郎(69)、来年定年で罷免不可】の続きを読む

20171206-00000050-asahi-000-5-view


NHK受信契約、テレビあれば「義務」 最高裁が初判断

 NHKが受信契約を結ばない男性に支払いを求めた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、テレビがあればNHKと契約を結び受信料を支払う義務がある、とする初めての判断を示した。男性は受信契約を定めた放送法の規定は「契約の自由」を保障する憲法に違反すると主張したが、最高裁は規定は「合憲」と述べ、男性の上告を退けた。

 争われたのは、2006年3月、自宅にテレビを設置した男性のケース。NHKは11年9月、受信契約を申し込んだが「放送が偏っている」などの理由で拒まれ、同年11月に提訴した。

 1950年制定の放送法の規定は「受信設備を設置したらNHKと契約しなければならない」と定める。この解釈について、男性側は「強制力のない努力規定。受信契約が強制されるなら契約の自由に対する重大な侵害だ」として違憲だと主張。NHKは「義務規定。公共放送の意義を踏まえれば必要性や合理性がある」として合憲と訴えた。
詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000050-asahi-soci 
【【悲報】NHK受信料「合憲」=最高裁が初判断、テレビがあればNHKと契約を結び受信料を支払う義務がある!?】の続きを読む

このページのトップヘ