ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 裁判

裁判

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
383882028429

インターネットの通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約した男性が広告とは異なり、実際には速度制限があったとして通信会社などを訴えた裁判で、東京高等裁判所は1審とは逆に会社側に対し賠償を命じる判決を言い渡しました。

千葉県内に住む男性は3年前、東京の通信会社、「UQコミュニケーションズ」が提供しているインターネットの無線データ通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約しました。

この際、広告では「データ量制限なし」「速さもデータ量もギガヤバだ!」などと、通信量が増えても通信速度は変わらないと強調していたのに、実際には速度制限があったとして会社などを訴えました。

1審では訴えが退けられましたが、18日の2審の判決で東京高等裁判所の野山宏裁判長は
「当時の広告は速度制限について豆粒のように小さな字で目立たない場所に記載していた。
また、契約の際に十分な説明もなかった」などとして、会社側に慰謝料など2万円余りの賠償を命じました。

通信サービスの広告について消費者庁が誤解を与えるなどとして行政処分を出したことはありますが、男性の代理人の平野敬弁護士によりますと裁判で賠償が認められるのは珍しく画期的な判決だということです。

詳細はソースにて

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180419/k10011410821000.html

【【広告とは異なり実際には速度制限!?】ネット通信サービス「ギガ放題」、UQに賠償命じる逆転判決!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
008

段差で転倒 福山市賠償支払いへ

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/20180312/4000000157.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

福山市の女性が自転車で走行中に段差に引っかかって転倒し、大けがをしたのは市が危険を放置したためだとして賠償を求めていた裁判で、2審の広島高等裁判所が市に賠償を命じた判決が確定し、市は今月中にも女性に190万円あまりを支払うことにしています。

6年前、福山市の当時76歳の女性が、JR福山駅南口の広場で自転車で走行中に高さ2センチあまりの段差に引っかかって転倒し、右足を骨折するなどの大けがをしました。
女性は危険な段差を放置した福山市に責任があるとして1800万円あまりの賠償を求める訴えを起こし、おととし、1審の広島地方裁判所福山支部は市の責任を認めて340万円あまりの支払いを命じました。

その後、双方が控訴し、先月22日、2審の広島高等裁判所は女性の側にも過失があったなどとして1審よりも賠償額を減らし、市に194万円の支払いを命じていました。

市は上告をせず、先週、判決が確定したということで、
今月中にも女性に賠償を支払うことにしています。

福山市都市整備課の芳原康滋課長は「引き続き、安心安全なまちづくりに取り組んで参ります」 とコメントしています。

【【裁判】高さ2㌢もある危険な段差を放置していたため自転車で転倒し骨折した女性が1800万円を求めていた件で福山市が194万円支払い決着】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
icon_154740_256

 東京都中野区のJR中野駅で平成27年、ホームでスマートフォンを見ながら歩いていた女性と50代の男性が衝突、女性が走行中の電車と接触して重傷を負った事故があり、東京第1検察審査会は、重過失傷害容疑で書類送検された男性を不起訴とした東京地検の処分について、不起訴不当と議決した。昨年12月14日付。地検は再捜査する。

 関係者によると、男性は「肩と肩がぶつかっただけだ」とする一方、女性は「突き飛ばされた」と主張。議決は「検察官の事実認定が妥当かどうか疑問であり、衝突した状況をさらに詳しく解明すべきだ」と指摘した。

 事故は27年11月、JR中野駅のホーム上で女性と男性がぶつかり、弾みで女性は電車に接触して重傷を負った。男性は逃走したが、警視庁が数カ月後に特定して書類送検。地検は昨年5月、不起訴処分とした。

詳細はソースにて
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/180116/afr1801160061-s1.html 

【【JR中野駅】電車接触事故で「不起訴不当」 歩きスマホ中に男性と衝突しそのまま電車と接触、女性重傷】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
s_uty-201712063475-2017

預かった上役のチワワの死を偽装…自宅に放火、懲役5年

勤務先の上役から預かったチワワが死んだのをごまかすために自宅アパートに火をつけたとして、現住建造物等放火の罪に問われた小川彰被告(28)=福岡市博多区=の裁判員裁判の判決が22日、福岡地裁であった。平塚浩司裁判長は「偽装のために放火したことは、あまりに短慮で身勝手」として、懲役5年(求刑懲役6年)を言い渡した。

判決によると、小川被告はチワワの死が発覚するのを恐れ、火災で死んだように偽装することを企てた。
2月12日午後7時ごろ、当時住んでいた福岡県志免町のアパートに火を付け、アパートと近隣の2棟の住宅を全焼させた。けが人はいなかった。

被告は、事件前に勤務先の代表者から日常的に暴力を受け、チワワを預かる際に「犬に何かあれば、娘にも同じようにする」と言われたため、考えた末に放火したなどと主張していた。

詳細はソースにて

https://www.asahi.com/articles/ASKDQ5VJFKDQTIPE026.html?iref=comtop_8_07

【会社員さん「ヤバい。会社のお偉いさんから預かってたチワワ死なせてもうた。どうしよ・・・せや!」 】の続きを読む

このページのトップヘ