ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 映画

映画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
中国最大の超大作が大コケ 映画『阿修羅』、初週で公開停止
AFP=時事
AFP037407_00.qui

北京の地下鉄構内で、映画『阿修羅』のポスターの前で立ち止まる女性(2018年7月17日撮影)。 AFPBB News


【AFP=時事】中国映画史上最大の予算を投じ製作されたファンタジー映画『阿修羅(Asura)』が、
歴史的な興行不振を記録し、公開初週の週末に上映が打ち切られる事態となった。

アリババ影業集団(アリババ・ピクチャーズ、Alibaba Pictures)が製作した同作は、チベット仏教の神話に着想を得た壮大な3部作の第1部として、13日に公開された。
製作の背景には、伝統的な中国文化を題材とした作品を推奨する中国当局の働き掛けもあった。

国営メディアは、製作費が7億5000万元(約126億円)だったと報じている。これまで中国で製作された大作映画の大半は、この半分の予算で製作されていた。

映画チケット販売サイト「猫眼電影(Maoyan)」によると、初週の週末興行収入は4900万元(約8億2500万円)余りにとどまった。
同作のソーシャルメディア公式アカウントは15日、同日午後10時をもって映画館での上映を打ち切ると発表した。

米ドル換算した推定損失額は1億600万ドルで、興行成績分析サイト「ボックス・オフィス・モジョ(Box Office Mojo)」によると世界映画史上5位に入った。
過去最大の赤字作品は1億2500万ドル(約140億円)の損失を出した『シンドバッド 7つの海の伝説(Sinbad: Legend of the Seven Seas)』とされている。

国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)によると、本作は製作に6年を費やし、映像面に多額の予算を投入。上映時間141分のうち2400シーンに特殊効果が使われているという。

香港のドル箱スター、レオン・カーフェイ(梁家輝、Tony Leung Ka-fai)やカリーナ・ラウ(劉嘉玲、Carina Lau)を起用した他、
「ロード・オブ・ザ・リング(Lord of the Rings)」シリーズの衣装を担当しアカデミー賞(Academy Awards)に輝いた
デザイナーのナイラ・ディクソン(Ngila Dickson)といった大物外国人スタッフも参加した。

それでも、中国で最も影響力の大きいレビューサイト「豆弁(Douban)」での評価は10点満点中わずか3.1点となっている。
あるユーザーは、「おぞましい! 単なる糞便の壮大な山だ!」とコメントした。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000000-jij_afp-ent 
【【悲報】中国最大の超大作『阿修羅』(製作費約126億円)が大コケ、初週で公開停止 興行収入約8億】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でレジスタンスの整備士ローズを演じたベトナム系アメリカ人女優ケリー・マリー・トランが、22万人以上のフォロワーがいる自身のInstagramの全投稿を削除した。アジア系女優として初めて『スター・ウォーズ』正史の主要キャラクターを演じたケリーは、『最後のジェダイ』やローズを憎む人々から人種差別なものを含む誹謗中傷をInstagramで受けていた。

 昨年12月に公開され、世界興行収入13億3,253万9,889ドル(約1,466億円)を稼ぎ出す大ヒットとなった『最後のジェダイ』だが、熱狂的なファンが多いシリーズだけに評価は賛否真っ二つ。監督・脚本のライアン・ジョンソンも批判の声にTwitterなどで何度も反応してきたが、キャスト陣の中でその矛先が向けられてしまったのがケリーだったようだ。現在、ケリーのInstagramにはプロフィール部分に「怖いけれど、とにかくやるしかない」という言葉だけが残され、これまでの投稿が全て削除されてしまっている。

(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 この事態にジョンソン監督は「ソーシャルメディアでは、少数の病的な人々が大きな影を落とすことになる。だが、過去4年間で僕は本当の『スター・ウォーズ』ファンにたくさん会った。好き嫌いがあっても、僕たちはそれをユーモアと愛、リスペクトの気持ちを持って表明しないといけない」とツイート。「その映画が嫌いだということと、一人の女性に憎しみに満ちたひどい嫌がらせをして、彼女にソーシャルメディアを辞めさせるのは違うこと」と怒りをにじませた。

 ケリーが受けた仕打ちを悲しむファンたちは「#FanArtforRose(ローズのためのファンアート)」というハッシュタグを作り、各々が描いたローズの絵をSNSに次々と投稿して、応援の気持ちを表明している。(編集部・市川遥)

シネマトゥデイ 2018年6月7日 13時13分
https://www.cinematoday.jp/news/N0101401

写真
no title


2018/06/08(金) 08:37:48.86
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528414668/

【【悲報】<スター・ウォーズ>アジア系女優、誹謗中傷に耐え切れずインスタ全投稿を削除か…応援の輪が広がる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180608-00000041-mai-000-5-view

<林文科相>カンヌ最高賞で祝意を 是枝監督は辞退表明

 フランスで先月開かれた第71回カンヌ国際映画祭で、メガホンを取った「万引き家族」が最高賞「パルムドール」を受賞した是枝裕和監督に対し、林芳正文部科学相が文科省に招いて祝意を伝える考えを示したところ、是枝監督が自身のホームページ(HP)に「公権力とは潔く距離を保つ」と記して辞退を表明した。

 林氏は7日の参院文教科学委員会で、立憲民主党の神本美恵子氏から「政府は是枝監督を祝福しないのか」と質問され、「パルムドールを受賞したことは誠に喜ばしく誇らしい。(文科省に)来てもらえるか分からないが、是枝監督への呼びかけを私からしたい」と述べた。今回の受賞を巡っては、仏紙「フィガロ」が安倍晋三首相から祝意が伝えられないことを「是枝監督が政治を批判してきたからだ」と報じていた。

 答弁を受け、是枝監督は同日、HPに「『祝意』に関して」と題した文章を掲載。今回の受賞を顕彰したいという自治体などからの申し出を全て断っていると明かした上で「映画がかつて『国益』や『国策』と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、公権力とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないか」とつづった。【伊澤拓也】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000041-mai-pol 
【【是枝監督】カンヌ最高賞で祝意を辞退表明「公権力とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 一九八〇年代、テレビなどで人気を集めたアニメ「まいっちんぐマチコ先生」(えびはら武司さん原作)が、栃木県を舞台に実写で映画化される。原作はギャグアニメだったが、映画は廃校を巡り、卒業生たちの思惑が交錯する青春物語。那須烏山市の廃校舎で撮影した。プロデューサーで県のPR役「とちぎ未来大使」も務める藤原綾子さんは「映画を通じて、栃木の魅力を発信していきたい」と意気込む。 (原田拓哉)

 映画は、アニメで描かれていた時代から十年後を舞台にした「初恋スケッチ~まいっちんぐマチコ先生~」。

 マチコ先生が担任をしていた中学校「あらま学園」が廃校となり、学園は工場として利用されていたが、ショッピングセンターの進出で、校舎を取り壊す計画が浮上。卒業生たちを巻き込んで、反対派と賛成派が対立する。

 ロケ地となったのは、学校が移転したことで廃校舎となり、一部が工場として活用されている那須烏山市の旧江川小学校。当時のまま残っている二階の教室、校門、裏庭などで撮影した。この校舎も、数年後には取り壊す計画という。

 女優やグラビアアイドルとして活躍する大澤玲美さんが「マチコ先生」、お笑いコンビ「しずる」の村上純さんが、中学時代からマチコ先生に思いを寄せる卒業生の「ケンタ」を演じる。このほか、アイドルグループ「AKB48」の元メンバーらが出演。地元の人や工場の従業員ら約四十人がエキストラに加わった。

 監督は、二〇一五年に「夏ノ日、君ノ声」で劇場映画デビューした神村友征(ともゆき)さん。九月に上映予定。

 映画初主演という大澤さんは「原作は有名なのでよく知っていました。原作に負けないようなキュートなマチコ先生となれば」と張り切っていた。

 プロデューサーの藤原さんは、益子町出身で音楽ユニット「i-nos(アイノス)」でも活動しており、今回、映画の主題歌も担当する。

 藤原さんは「栃木でも学校の廃校が進む。地域の課題に対して、何ができるのかなども、映画を通じて訴えていければ」と話す。

no title


http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201806/CK2018060302000151.html

【【栃木舞台に実写映画化】まいっちんぐマチコ先生「10年後」描いた青春物語 】の続きを読む

このページのトップヘ