ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 映画

映画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180813-00000328-oric-000-9-view

アジア各国でヒットし、今月3日に中国全土約6000スクリーンにて公開された、是枝裕和監督作『万引き家族』が11日(現地時間)、8390万元(約13.4億円)を記録。映画『銀魂』(2017年9月1日公開:興収累計8143万元/約13億円)を超えて、実写邦画のNo.1興収を達成した。

 中国作品以外のパルム・ドール賞受賞作品として、初めての中国拡大公開となる本作。8月3日に中国全土で公開し、週末興行成績が第4位(4860万元/約7.9億円)で、今年中国で公開された全実写邦画のオープニング成績を超える大ヒットスタートとなった。

 6月23日の『上海映画祭』では是枝監督、松岡茉優、城桧吏が、7月31日には、リリー・フランキーと佐々木みゆが訪中。毎回熱烈な歓迎を受け、多くのメディアで取り上げられた。また、中国の観客にも本作の深い感動が伝わっているようで、中国の映画サイトMAOYANでは8.1、DOUBANでは8.8というレビュー評価で高得点をマーク。今回の結果を受け、中国ファンの間では本作と『銀魂』をコラボさせた画像がウェブで展開されるなど、旋風が巻き起こっている。

 『万引き家族』は、第71回カンヌ国際映画祭「コンペティション部門」にて日本人として21年ぶりの最高賞<パルム・ドール>を受賞。日本国内興行においては8月12日までには、興収43億1200万円、約352万人動員を記録している。

 同作は、さまざまな“家族のかたち”を描き続けてきた是枝監督が、この10年間考え続けてきたことを全部込めたと語る渾身作。東京の下町で質素に暮らす、一見ありふれた家族。しかし、彼らは生計を立てるため、家族ぐるみで軽犯罪を重ねていたのだった。犯罪でしかつながれなかった家族の“許されない絆”が、ある事件をきっかけに衝撃の展開を迎える。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000328-oric-ent

【『万引き家族』中国史上実写邦画No.1興収達成 『銀魂』超え 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

no title


NHK世論調査 各党の支持率

NHKの世論調査によりますと、各党の支持率は自民党が35.6%、立憲民主党が5.6%、国民民主党が0.4%、
公明党が4.1%、共産党が2.7%、日本維新の会が0.9%、自由党が0.3%、社民党が0.3%、「特に支持している政党はない」が43.2%でした。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180806/k10011566731000.html

【【緊急悲報】立憲民主党の支持率5.6%(-1.9) モリカケや宴会、LGBTで頑張ったのになぜ・・・ 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
三谷幸喜映画、8作目は政界コメディー!記憶喪失の総理役に中井貴一

 映画「THE 有頂天ホテル」の大ヒットで知られる脚本家で映画監督、三谷幸喜氏(57)が最新作「記憶にございません!」(来年公開)を製作中であることが5日、分かった。

 2015年の「ギャラクシー街道」以来4年ぶり8作目の主人公は、史上最低の支持率を記録した総理大臣。頭に石が当たったことが原因で記憶喪失になった総理が、その事実を国民に隠し公務をこなしていく政界コメディーだ。

 このほど都内で取材に応じた三谷監督は、同作について「高校生のときに思いついた。構想40年。100年後の人が見ても楽しめるもの、日本のコメディー映画の歴史のなかで転換期になる作品を作りたい」と所信表明。酷暑の中、今月下旬のクランクアップをめざし撮影中だ。

 総理大臣役は三谷組の常連で、11年の「ステキな金縛り」以来の顔合わせとなる中井貴一(56)。「日本のエンターテインメントコメディーの傑作を目指し、毎日酷暑の中撮影に取り組んでおります」と演説のようなコメントを寄せた。

 タイトルの「記憶にございません!」は国会の答弁などでよく聞く言葉。三谷監督は「映画がヒットして世間に認知されたら、証人喚問でこの言葉は使えなくなる。政界に一石を投じる」とニヤリ。最後は「必ず勝つ!!」と政治家ばりに右手を突き上げ、大ヒットを誓った。


新作映画のセットで取材に応じた三谷監督。握り拳を作って気合十分
no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000501-sanspo-movi

【【三谷幸喜映画】8作目は政界コメディー!記憶喪失の総理役に中井貴一 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
https://www.narinari.com/Nd/20180750390.html


クリストファー・ロイド(79歳)が、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」第4弾の実現を熱望している。

同人気作品でドクことエメット・ブラウン博士を演じていたクリストファーは、第4弾が製作されるのであれば、その役をまた演じたいそうだ。

「また演じられたら大感激だね。これまでの3作のようにストーリーがしっかりつながったアイデアで4作目が作られるのなら是非出たいよ」

主役のマイケル・J・フォックスと見事なコンビを見せていたクリストファーだが、さらなる続編の製作は監督のロバート・ゼメキスとその共同執筆者であるボブ・ゲイルの気持ち次第だと続ける。

「ロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルがまたあのシリーズの新しいエピソードをやりたいかが何よりも重要だろ。そして彼らが見合ったアイデアを思いつくかが大事さ」
「オリジナル作並みに良いアイデアを思いつくのは相当なチャレンジだと思う。でも不可能ではないんじゃないかな」
「そんな話があるとも聞いたことはないけどね。彼らがやりたいと思えば、実現させることだってあり得るだろ」

そんなクリストファーのシリーズ内1番のお気に入りは、マイケル演じるマーティとドクが西部開拓時代へとタイムスリップする「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」だそうで、「前作が1番好きなんだ。西部劇でさ。西部劇っていつも面白いだろ。乗馬もたくさんあって。ドクとクララのロマンスもあったしね」「だから3作目が一番面白いと思う。オリジナルを超えられる作品があるかは分からないけど」と語った。

no title

no title

【ドクことエメット・ブラウン博士が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」第4弾熱望!?】の続きを読む

このページのトップヘ