ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 映画

映画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
2月8日に公開された、人気漫画「シティーハンター」の最新長編アニメーション映画「劇場版シティーハンター」。
no title

なんとキャッツ・アイも登場!「劇場版シティーハンター」第二弾本予告ムービーが公開
no title


公開から4日間で観客動員数32万人を突破。興行収入も4億5千万超えを記録し絶好調なもっこりスタートを切っていますが、実はフランスでもシティハンターが公開スタートしたのを知っていますか?

…といってもフランスで公開されたのは、シティハンターのフランス実写版「ニッキー・ラルソン」という映画なのです。その実写版ビジュアルの再現度が凄まじすぎると昨年から話題になっていました。

そのポスタービジュアルがこちら。
no title


オリジナルに対してのリスペクトが凄まじい!

そして海坊主の再現度www
no title


「ニッキー・ラルソン」はフランスで2月6日に公開され、5日間で観客動員数が51万人を超える大ヒットとなっているそうです。そしてなんと日本でも2019年中に上映が予定されています。

シティハンターの20年ぶりの新作公開と実写版の公開、そしてなんと中国実写版も2019年に公開が予定されています。2019年はもっこり熱がおさまりそうにありません。

それでは最後に「ニッキー・ラルソン」の予告編をどうぞ!
http://news.livedoor.com/article/detail/16027092/ 
https://youtu.be/oncDf_Hv14E


【フランス実写版の「シティハンター」が大ヒット 5日間で51万人動員 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20190213-00000031-mantan-000-3-view

 日本を代表する人気ゲーム「ドラゴンクエスト」が映画化されることが13日、明らかになった。「永遠の0」などで知られる山崎貴監督が手がけ、3DCGで製作される。

 同日放送のニュース番組「news zero」(日本テレビ系)で山崎監督が発表。番組では「ドラクエ」の“生みの親”堀井雄二さんとの対談も放送された。

 今年の夏に公開予定。人気キャラクターのスライムも登場するという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000031-mantan-ent

【【ドラゴンクエスト】山崎貴監督が映画化 3DCGで製作 スライムも 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
日本最凶の心霊スポット「犬鳴村」を舞台にした映画『犬鳴村』(配給:東映)が、2020年に公開されることが決定。メガホンをとったのは、ホラー映画の第一人者・清水崇監督だ。

常に恐怖体験で名が上がるほどの最凶スポットでもある「犬鳴村」。福岡県の「旧犬鳴トンネル」の先に位置するとされ、
「近くの小屋には骸が山積みにされている」「全ての携帯電話が圏外になる」など、日本地図から存在が抹消された村である。単なる都市伝説なのか、すべて真実なのか…!?

 噂はWEB上で多く語られており、下記のような事例が報告されている。

・霊能者が心霊番組収録中に体調不良になりTV中継がキャンセルに。
・車の同乗者がトンネル内で突然笑い出し、そのまま20年間精神病棟に入院。
・一緒に車に乗っていた猫がトンネル付近で突然おとなしくなりうずくまった。
・白い影にフロントガラスを叩かれ、残った手形がなかなか消えない。

・トンネル内で座って話していると友人の一人が足を掴まれた。後にニュースにもなる失踪事件に発展した。

・ブレーキを踏んでも止まらず、無事故無違反だった人が事故を起こした。

・故障ではなく半ドアが続き、屋根に重量のある何かの死骸のようなものが落ちてくる『ドンッ』という音が聞こえる。
同乗者と確認したところ、車はへこんだりすることもなく、血などが付着することもなく綺麗な状態だった。死骸も見つからなかった。

 そんな「犬鳴村」が、これまで多くのホラー作品を国内外で手掛けてきた清水監督によって映画化されることが決定。
清水監督は『呪怨』(2003年)が大ヒット、そのハリウッドリメーク版『The Grudge』(04年)で全米興行成績1位に輝くなど、様々なホラー映画を手がけてきたまさに日本最恐の監督だ。

 最恐監督×最凶心霊スポットの夢のタッグに世界でも注目が集まっており、英語タイトルは「HOWLING VILLAGE」に決定。
先日行われた「アメリカンフィルムマーケット」ではSCREENの表紙を飾り、すでに世界中の映画会社からオファーが殺到しており、
映画完成前に「これだけの反響が来ることは異例なこと」と、東映株式会社国際営業部も驚いている。

プロデューサー:紀伊宗之 コメント

清水監督の最も強いテーマで勝負したいと思った。作り物でなく、軽くなく、長く続く日本固有の「何か」を。

そして「犬鳴村」にたどり着いた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15748745/
2018年12月16日 19時0分 AbemaTIMES

no title

no title
【【日本最凶の心霊スポットを舞台にした映画】『犬鳴村』が公開決定 監督は清水崇 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
発売前から話題を呼んでいる乃木坂46・生田絵梨花(いくたえりか・21)セカンド写真集『タイトル未定』(2019年1月22日発売/講談社)のオフショットが6日、公開された。

今回公開されたのは、アメリカ・ニューヨークのマンハッタンにあるアパートで撮影された1枚。
ピンクのVネックニットを着た生田がはにかむような笑顔を見せており、またニットから覗くきれいなデコルテが印象的な“美胸オフショット”となっている。

写真集について「21歳の大人っぽさも表現できたら」とコメントしていた生田。
先月、先行カットが公開されると「細いのにメリハリのあるスタイルがすごい」「女性らしいラインが素敵」と同性からも支持の声が多数上がっており、女性も憧れる抜群のスタイルで、新しい魅力を見せている。

生田絵梨花・写真集、公式Twitterも人気

生田のセカンド写真集は予約受付開始後すぐにネット書店のランキングで1位を獲得。
写真集の公式ツイッター(@erika_newyork)もすでに13万人を超えるフォロワー数で、乃木坂46メンバーソロ写真集のアカウントの中でも最多、注目度の高さを示している。

生田絵梨花・写真集『タイトル未定』

【発売日】2019年1月22日(火)
【撮影】中村和孝
【出版社】講談社
【ロケ地】アメリカ・ニューヨーク
【体裁】オールカラー160P/ソフトカバーB5版変形
【写真集公式ツイッター】@erika_newyork

生田絵梨花(いくた・えりか)プロフィール
1997年1月22日生まれ。A型。ドイツ・デュッセルドルフ出身。
2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。
10thシングル『何度目の青空か?』でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍。
アイドルとしての活動以外に『レ・ミゼラブル』や『ロミオ&ジュリエット』など多数のミュージカル作品にも出演。
ピアノの腕前も抜群、乃木坂46イチの才色兼備であり、天真爛漫な魅力で多くの人々を魅了している。

http://mdpr.jp/news/detail/1808743

生田絵梨花、女性も憧れる“美胸オフショット”解禁
no title


生田絵梨花セカンド写真集より
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【乃木坂46】生田絵梨花、女性も憧れる“美胸ショット”解禁「細いのにメリハリのあるスタイルがすごい」 】の続きを読む

このページのトップヘ