ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 露西亜

露西亜

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


プーチンとの仲が噂されるウェンディ・デン。写真は仲睦まじかった頃の元夫でメディア王のルパード・マードック氏と




アメリカが11月の大統領選に向けて盛り上がるなか、ロシアではなんと大統領の恋バナで連日のように大盛り上がり!
実現すれば世界の行方を左右する可能性もある新カップル誕生の噂で持ち切りなのです。


◆プーチン大統領はバツイチ

 噂の主役はロシア大統領のウラジミール・プーチン(63歳)。お相手は中国人セレブのウェンディ・デン(47歳)。
二人はそれぞれ2014年と2013年に離婚、その直後からお忍びデートをしているらしいと『US Weekly』が報じています。

「え、大統領なのに未婚なの?」と驚いた読者も多いかもしれませんが、実はプーチン大統領は2014年に30年間連れ添ったリュドミラ夫人と離婚しています。

 元KGBのエージェントにして現ロシア大統領、国内外で絶大なパワーを誇るプーチンは、一見すると熱愛報道からは1番遠い人物のように思えます。

 しかし、そんなコワモテ大統領でさえネタにしちゃうのが欧米系ゴシップ誌のやり方!

 離婚直後からプーチン大統領もメディアの餌食となり、過去にはロシア人の体操選手アリーナ・カバエワ(32歳)との「歳の差愛」が話題になったこともありました。


◆お相手は億万長者キラー

今回、プーチン大統領の新恋人として騒がれている中国人のウェンディ・デンは、『Wall Street Journal』や『New York Post』を傘下に持つ米ニューズ・コーポレーションの創設者、あの世界の「メディア王」ルパート・マードック(85歳)の前妻。

 同社傘下の香港のテレビ局でインターンをしている際、マードックに見初められたウェンディは結婚を機にニューヨークへ居住。
以来、「メディア王と玉の輿婚した若妻」として世界の社交界で大注目され、2013年までの14年間華麗なるセレブ生活を送ってきました。

 当時、離婚の原因と言われていたのはウェンディとイギリスの元首相トニー・ブレアのゲス不倫。
また『Vanity Fair』によれば、グーグルの親会社アルファベットの会長エリック・シュミットとも噂になっていたようですから、彼女には億万長者や世界の重鎮を引き寄せる何か底知れぬ魅力があるのかもしれません。


◆次は大統領が再婚する番?

『Daily Mail』によると、ツーショット写真は未だに公には出ていないものの、今回の熱愛報道に関しては ロシアの政府関係者さえも「二人の仲はかなり親密」と証言しているとのこと。二人の仲を取り持った人物として、英サッカーチーム、チェルシーのオーナーでもあるロシア人億万長者、ロマン・アブラモビッチの名が挙げられています。

 ところで……。プーチン大統領の総資産は、推定約2000億ドル(約2兆円)と言われ、彼は「いくつも大豪邸を持ち、自家用ジェットを58機、車を700台所有、夜は1500ドル(約16万円)のスウェットパンツを履いて寝る男」なのだそう。

 それが事実なら、「メディア王」の妻として贅沢三昧をしていたウェンディの相手としては遜色のないレベル。

 今年1月にプーチンの前妻リュドミラは20歳以上年の離れた美青年と再婚、ウェンディの元夫マードックも元モデルの美女と再婚しています。さぁ、次は大統領と中国人セレブの再婚か?

http://joshi-spa.jp/511953?display=b
【【まさかの熱愛報道!】ロシア・プーチン大統領に相手は富豪キラーの中国美女】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今年も様々なウソが誕生したエイプリルフールだが、ロシアではウソをきっかけに仕事を手に入れた猫がいるそうだ。
ロシアのセルプホフという町にある美術館、Serpukhov History and Art Museumにふらりと現れ、入り口付近に住み着くようになった猫がいる。
いったいいつ現れたのか、はっきりと覚えている従業員はいないそうだ。

 その猫は、猫好きだった前オーナーのAnna Maraeva氏にちなみ、Marayと名付けられていた。
美術館は今年のエイプリルフールにMarayを使うことにした。
Marayが「私は前オーナーと関係があるんだから、あなたは私を雇いなさい」という強気な応募書類を出してきたので、雇うことにしたと地元メディアに公表したのだ。

▼Marayの応募書類




 地元メディアはこれをエイプリルフールのネタとは受け取らず、美術館に新しい従業員のことを問い合わせたのだという。
そこで美術館は、本当にドアマンとしてMarayを雇うことにしたのだ。
給料は魚と肉で支払われるという。キャットフードでの支払いは拒否されたそうだ。

こうしてMarayは美術館の新しい従業員として、勤務を始めた。
▼来客を出迎えるMaray



▼受け取った給料を楽しんでいる



▼記念写真に応じることも



D7lkAi8


▼ドアマンだがテレビの取材にも応じる




ただし、ふいに仕事場を離れるさぼり癖は、従業員になってからも続いているという。

http://irorio.jp/jpn_manatee/20160410/313942/
2016年04月10日 17時45分
【【猫】エイプリルフールが真実に ロシアの美術館が雇ったドアマンは“ネコ”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1900543

日本人3人 在日本ロシア大使館に侵入しようとする

8日午前、日本人3人が「政治亡命」を求めるため、在日本ロシア大使館の敷地に侵入しようとした。大使館広報部が伝えた。

日本、安保分野でロシアとの協力望む

伝えられたところによると、受付で父親と娘二人が侵入を試みた。3人は、自分たちは「スイス系」で「反米的信念」によって日本で追跡されていると述べ、政治亡命を求めた。

一方でロシア大使館の担当者は、3人をゲートの中へ入れなかった。

日本人3人は、領事館の職員に政治亡命に関する文書の入ったファイルを渡した。要望書は、検討されるという。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160408/1925544.html
【【ぱよぱよ?】日本人3人が在日ロシア大使館に亡命を求め侵入…「反米的信念によって日本で追跡されている」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1431080

ロシアのドミートリイ・ロゴジン副首相がスプートニクの取材に応じた。
ロゴジン氏は、「今のロシアは1999年のロシアではない。大統領も違うし、政権も違う。
ロシア航空宇宙軍はシリアにおいて、ロシアが既に新たな次元に入っていることを示した」と述べ、次のように続けた。

「2020年にかけ、装備計画の進捗に従い、ロシアは欧州で最も現代的な、質において米軍をも凌駕する軍隊を手にする。ロシアは全く新しい戦略ミサイルを持ち、新たな航空部隊を擁する即応機動戦力を持ち、新たな射撃兵器を持ち、新たな走行車を持ち、非常にロボット化の進んだシステムを手にする。ロシアが大きな国であることは誰でも知っている。
しかし人工は、たった1億4600万人に過ぎない。これはフランスとドイツを足した程度だ。
世界最大の領土面積を誇る国の安全を、どうやって100万人規模の軍隊で保障できるのか。
だから我々は、ロボット化された装備システムの開発に力点を置くのだ。
もはや軍人は、自ら戦うのでなく、オペレーターとして軍用ロボットを操縦する、ということだ。

我々は今、人工知能搭載兵器の開発に取り組んでいる。
たとえば、アルマタは、ただの戦車ではない。いざとなったら遠隔操作できる戦車なのだ。
いわば、ロボット戦車。だからこそいま我が軍はエンジニアの軍、高等教育を受けた人たちの軍なのだ。
我々はプロフェッショナルな軍隊の創設に取り組み、じょじょにその目標に近づいていく。

現時点ですでにテロリストらを相手に遠隔・非接触戦闘を行なっている。
カスピ海や地中海から攻撃を行っているのだ。こうして我々は、ロシアの国外で、祖国をテロリストから守る戦いを行なっているのである。むろん、同時に、現実の戦場において、我が軍の新型兵器の動作を確認している。そして、結果には満足している」

http://jp.sputniknews.com/politics/20160113/1430381.html
【【おそロシア】ロボット軍の創設を目指す】の続きを読む

このページのトップヘ