ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > アフリカ

アフリカ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
s2-photo-1-2

 【ヨハネスブルクAFP=時事】南アフリカ北部クルーガー国立公園近くで、密猟者が殺されているのが見つかった。

 警察が12日、明らかにした。現場となったリンポポ州の警察報道官は「密猟中、ライオンの群れに襲われたようだ。食べ尽くされていたが、頭部は残されていた」と述べた。

 遺体発見現場近くで10日、被害者のものとみられる銃も見つかった。弾は込められたままだった。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000095-jij-m_est 

【【南アフリカ】密猟者、ライオンに食われる!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
人種差別広告により議論となったスウェーデンのアパレル企業H&Mがとんでもないことになった。

1月13日、南アフリカ共和国にあるH&Mの店舗が襲撃されたと伝えられた。H&Mは黒人の子供モデルを起用し「ジャングルで最もイカした猿(COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE)」というフレーズが書かれた服を着せて非難を浴びた。
この「猿」という単語が黒人を差別する言葉として使用されたとして現地の人が激怒。
南アフリカ共和国は多くの人が黒人で、H&Mに抗議を行った。

騒動が大きくなると1月8日にメーカーは「この画像に不快な思いをした多くの人々に心から謝罪します」と謝罪文を発表。
翌日にはその製品を全部廃棄処分すると発表。

しかし騒動は収まるどころか、1月13日には南アフリカ共和国の共和国第2野党(Economic Freedom Fighters/EFF)の党員がショッピングモールにあるH&Mを追い出すように要求。またH&Mを襲撃し店内はめちゃくちゃになってしまった。
マネキンを破壊しハンガーを投げ修羅場と化した店内。

Twitterにはこのデモ隊の破壊行為の映像が公開されており、「すげー!、忍者のようだ」と大喜びしている。
現地のヤフーニュースによると地元警察が出動してデモ隊をなだめたが、1人も逮捕はされていないという。

襲撃した党員は「謝罪するわけない。これからが始まりだ」という内容の声明を発表した。

動画は下記より閲覧可能。

http://gogotsu.com/archives/36350
no title

no title

【【南アフリカ】人種差別広告を打ったH&M、店が野党党員に破壊される 警察は見ぬ振りで逮捕者無し】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
2832c_759_09695ffb_9ed0b325

 中国でアフリカ移民の急増が社会問題化している。国際外交で有利に立つため、アフリカへ援助をばらまき、ビザの取得緩和を実施した影響でアフリカ諸国からの移民が急増、不法滞在者数も10~30万人規模になるという見解もある。国内問題よりアフリカ諸国へのバラマキを優先させた習近平政権の政策は「大シャー逼(ダーシャービー、大バカ)」と評判が悪い。「アフリカ村」が急増している広東省・広州市にノンフィクション作家の安田峰俊氏が飛んだ。

 * * *
「他のアフリカ各国の事情もナイジェリアと大きく変わらない。福建省や浙江省など、他の沿海各省にも仲間が大勢いるよ」

 広州市内で最大のアフリカ人集住地域・小北で貿易業を営むタンザニア人はそう話す。ここ十数年ほどの間に、従来は普通の下町だった小北は両コンゴやケニア・タンザニア・スーダン・ソマリアなどアフリカ各国の人々で溢れ、「チョコレート・シティ」の異名を持つ街に変貌した。他に中東系のイスラム教徒も多い。

 小北は看板のデザインもアフリカ色が強く、もはや中国とは信じがたい街並みだ。中国人女性と結婚したアフリカ系移民も多く、街では黒い肌の児童が地元の児童と中国語で遊ぶ不思議な光景も見られる。夜、現地の居酒屋に入ると、大音量の音楽に乗ってコンゴ共和国出身の男女十数人が盛り上がっていた。

 彼らは興に乗ると机や壁を力任せにボコボコと殴りつけ、私のタバコやライターを無断でわしづかみにして持っていく。小用に立つと、なぜか男子用トイレの個室のドアを開けっ放しにして用を足す黒人女性に遭遇した。あまりに激しいカルチャーギャップゆえに、現地社会との摩擦は拡大している。

「街でアフリカ人客を乗せることが多いが、彼らはケチな人が多くて困る。タクシー代が32元のときは30元しか払わず、文句を言っても罵ってくるんだ。言葉が通じないからトラブルになることもある」

 市内のタクシー運転手の困惑は深刻だ。業界でアフリカ人客の評判はかんばしくなく「黒鬼」と呼んで乗車拒否をする運転手もいるという。
市場においても「アフリカ人はなんでも買ってくれるが、トラブルが多い」という声が複数聞かれた。

以下ソース
http://www.news-postseven.com/archives/20170322_499891.html

【【ワロタwww】中国人がアフリカ系移民たちに困惑?! 「声が大きくて態度が傲慢。現地の文化を尊重しない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
【11月28日 AFP】ジンバブエ政府は28日、ハイパーインフレーションの再来に対する懸念が広まる中、深刻な現金不足を緩和するため、米ドルと等価の自国版紙幣「ボンドノート」の発行を開始した。

 アフリカ南部のジンバブエでは、インフレ率が5000億%に達してジンバブエ・ドルを放棄した2009年以降、米ドルを含む複数の外国通貨が使われてきた。

 しかし1年前、少額貨幣の不足を緩和するために「ボンドコイン」を発行。今回はこれに続き2ドルと5ドルのボンドノート紙幣が導入された。

 国内ではこのところ米ドル紙幣不足が深刻で、ロバート・ムガベ(Robert Mugabe)大統領は、現地で「代理紙幣」と呼ばれる代替紙幣を印刷せざるを得ない状況に陥っていた。中央銀行は国民の不安を和らげるために広報キャンペーンを打ち、小売業界や企業でもボンドノートの使用に合意済みだと宣伝している。

 一方、ボンドノート導入はガソリン不足の懸念を巻き起こし、ガソリンスタンドでは先週、車が列をつくるところもあった。また市街ではボンドノート導入に対する抗議デモも起きており、この2週間で複数の活動家が予定されていた抗議行動に先立って、殴られたり逮捕されたりしている。(c)AFP/Reagan MASHAVAVE




http://www.afpbb.com/articles/-/3109404
【ジンバブエ「ヤバい、現金が全然足りない…」→自国版の米ドル紙幣「ボンドノート」を発行開始】の続きを読む

このページのトップヘ