ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > アフリカ

アフリカ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
【11月28日 AFP】ジンバブエ政府は28日、ハイパーインフレーションの再来に対する懸念が広まる中、深刻な現金不足を緩和するため、米ドルと等価の自国版紙幣「ボンドノート」の発行を開始した。

 アフリカ南部のジンバブエでは、インフレ率が5000億%に達してジンバブエ・ドルを放棄した2009年以降、米ドルを含む複数の外国通貨が使われてきた。

 しかし1年前、少額貨幣の不足を緩和するために「ボンドコイン」を発行。今回はこれに続き2ドルと5ドルのボンドノート紙幣が導入された。

 国内ではこのところ米ドル紙幣不足が深刻で、ロバート・ムガベ(Robert Mugabe)大統領は、現地で「代理紙幣」と呼ばれる代替紙幣を印刷せざるを得ない状況に陥っていた。中央銀行は国民の不安を和らげるために広報キャンペーンを打ち、小売業界や企業でもボンドノートの使用に合意済みだと宣伝している。

 一方、ボンドノート導入はガソリン不足の懸念を巻き起こし、ガソリンスタンドでは先週、車が列をつくるところもあった。また市街ではボンドノート導入に対する抗議デモも起きており、この2週間で複数の活動家が予定されていた抗議行動に先立って、殴られたり逮捕されたりしている。(c)AFP/Reagan MASHAVAVE




http://www.afpbb.com/articles/-/3109404
【ジンバブエ「ヤバい、現金が全然足りない…」→自国版の米ドル紙幣「ボンドノート」を発行開始】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
9410145674_ed23d9d7a5

学生、ペンギン盗み海へ放す=水族館「野生では暮らせないのに」-南ア
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092800116&g=int

 【ポートエリザベス(南アフリカ)AFP=時事】南アフリカ南部ポートエリザベスで、水族館に夜間、忍び込み、生息数の激減が危惧されているケープペンギン1羽を盗み出し、近くの海に放していた学生2人が捕まった。水族館は「盗まれたペンギン『バディー』は健康だが、水族館育ちで野生では3週間と生きていけないだろう」と学生の無思慮に怒っている。

 水族館によると、学生は2人とも20歳を過ぎている。21日に忍び込む様子が監視カメラに捉えられていた。水族館は27日、2人について「そろって犯行を認めていて、ペンギンのためにやった、正しいことをしたと言っている」と説明。弁護士と対応を話し合っている。(2016/09/28-07:45)
【【動物愛護】学生、ペンギン盗み海へ放す=水族館「野生では暮らせないのに」 学生「ペンギンのためにやった」 南ア】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1:◆qQDmM1OH5Q46:2016/07/07(木)22:14:46 ???
us-passport

(CNN) アフリカ連合(AU)は6日までに、ルワンダの首都キガリで今月開かれるAU首脳会議で、加盟全54カ国間をビザなしで往来できる共通電子パスポートの構想を打ち出すと発表した。

共通パスポートは首脳会議の場で披露され、同会議に出席する首脳や高官に発行される。2018年までにアフリカの全市民に普及させることを目指す。

続き CNN
http://www.cnn.co.jp/world/35085447.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 49◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1467442053/553
【【アフリカ】アフリカ連合、共通パスポート構想 全54カ国をビザ無しで】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

相次ぐアルビノ襲撃、国連「全滅の危機」 マラウイ

CNN.co.jp 5月1日(日)11時27分配信

(CNN) アフリカ南東部のマラウイでアルビノ(先天性色素欠乏症)の人々を狙った襲撃事件が相次ぎ、国連の専門家が「このままでは全滅してしまう」と警告を発している。

アルビノの人は生まれつき目や肌、髪などに色素がほとんどない。国連によれば、マラウイには現在、アルビノが約1万人いると推定される。

アフリカの一部の国々ではアルビノの体の一部が富や幸運をもたらすお守りになるとの迷信があり、アルビノを襲撃して手足を切り落とし、呪術医に売り渡す犯行が後を絶たない。殺害された遺体を墓地から掘り出す例もあるという。

国連の専門家で自身もアルビノのイクポンウォサ・エロ氏はこのほどマラウイを訪問し、「アルビノに生まれた子どもたちやその親は常に襲撃を恐れて暮らしている」「安眠できず、外出を必要最小限に抑える人も多い」と報告した。

国連によると、マラウイでは近年アルビノへの襲撃が増加し、2014年末以降に報告されただけでも65件に上った。エロ氏は同国政府に、
アルビノの保護と犯人への捜査強化を要請。政府は市民社会や開発支援者らと緊密に協力し、警官や法曹への訓練を強化して犯人をより厳しく処罰するべきだと主張した。
同氏によれば、同国では牛を盗んだ犯人の方が厳しい罰を受けるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-35082047-cnn-int
【国連「アルビノを狙う人々がいて、このままでは全滅してしまう危険がある」】の続きを読む

このページのトップヘ