ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 印度

印度

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
india-no-rape-sign-getty

(CNN) 女性にとって危険な国を専門家らに尋ねた調査で、インドが1位に挙がった。性暴力や強制労働の危険性が高いとの理由からだ。

英トムソン・ロイター財団が女性問題について専門家550人から意見を聴き、26日に調査結果を発表した。

インドが最も危険とされる理由には、性暴力のほか家政婦の人身売買、労働や結婚、性労働の強制などがある。
さらに酸攻撃の横行や女性器切除、児童婚、身体的虐待など、文化的な因習の影響も指摘された。

トムソン・ロイター財団が7年前に実施した同様の調査でインドは4位だった。同国では2012年に首都ニューデリーのバス車内で女子学生が男たちの集団から性的暴行を受け、死亡した事件をきっかけに、性暴力の問題が表面化した。
政府の統計によると、現在も毎日約100件の性暴力が警察に通報されている。

危険な国のランキングではインド以下アフガニスタン(2位)、シリア(3位)などアジア、中東、アフリカの9カ国に続き、10位に米国が入った。この結果には、米国の女性らが著名人によるセクハラや性被害を告発して社会現象にもなった「#MeToo」運動が直接かかわっているという。

米国はレ○プを含む性暴力やセクハラの危険性でシリアと並ぶ3位、非性的暴力の危険性も6位だった。

7年前の危険な国ランキングは1位がアフガン、2位がコンゴ(旧ザイール)、3位がパキスタンだった。

2015年の国連サミットでは、30年までに女性への差別や暴力を根絶するとの目標が採択された。しかし同財団によると、今も世界で3人に1人の女性が一生のうちに身体的、性的暴力の被害に遭っているという。
https://www.cnn.co.jp/world/35121477.html

【【悲報】インド「女性にとって世界一危険な国」と認定される 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1人のメイドと雇い主であるマダムの言い争いが、インド・ノイダにある高級アパートメントで起きた数百人規模のメイドによる暴動へと燃え上がった。ニューヨーク・タイムズが報じた。

首都ニューデリー近郊のノイダで起きた暴動でメイドらは、岩や鉄の棒などで武装し、アパートメントに突撃していった。この反乱を受けて、数千戸の家族は、信頼が置けないとしてメイドらを追い出した。

インドの莫大な貧富の差により、富裕層はお手伝いさんを低賃金、無契約、少ない法的義務をもって雇うことができる。メイドと雇用者との衝突は定期的に起こるが、今回のような大規模暴動は前代未聞の事態だと、インドにおける家庭内労働者を調査しているラヒリ氏は述べる。

詳細はソースにて

https://jp.sputniknews.com/life/201707173890646/

画像
no title

no title
【【インドでメイド大反乱】 武装したメイド数百人が街を破壊】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
インドの女性アナウンサーがニュースの生放送中に自動車交通事故の速報が入った。
不幸にもその交通事故の被害者5人の中にはIBC24の女性アナウンサーの夫が乗っていたという。

アナウンサーのフリートカル(28)はニュース原稿を読んでいくと交通事故にあった5人の内、
死亡した3人の名前を読み上げて行く際に夫の名前があることを知る。

事故現場は友達4人と旅行に出た夫の行き先と同じで、また乗っていた車種も同じだった。
フリートカルは冷静に視聴者に対してニュースを伝え、彼女は速報を終えたあとに別のニュースを伝えた。
ニュースが終わりカメラがオフになると彼女は涙を流したという。

夫と結婚して1年経ったばかりだという彼女は、ニュース終了後に記者に事故の詳細を聞くことができた。
その後彼女は夫の名前を叫び飛び出して事故現場に向かったという。

http://gogotsu.com/archives/27732
no title

【インドのニュース生放送中にアナウンサーの夫の死亡事故が舞い込む 夫の死亡を速報で伝えることに】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
menu-pic-keema

22日放送の「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)で、インド人に関する驚きの事実が明らかとなった。

番組では、「インド人がマジリスペクト!! タンドール窯の父 高橋重雄」と題し、ナンを焼く壺形のオーブン「タンドール釜」を特集。スピードワゴンの小沢一敬と井戸田潤がナビゲーターを務めた。

タンドール釜の生みの親は日本人・高橋重雄氏だそうで、日本インド料理店のほとんどが高橋氏が作ったタンドール釜を使用しているという。
現在では、高橋氏の甥・竹田伴康氏が神田川石材商工を営み、釜を製造している。

また、ゲストには、インドカレーファンに人気の日本インド料理店である「アジャンタ」社長のジェイ・ムールティ氏や「シターラ」総料理長のモハメッド・フセイン氏らを招き、タンドール釜の歴史や高橋氏の思い出などを振り返った。

ムールティ氏は、高橋氏が売り込みに来た当時を振り返り、「ウチは南インド料理なので、もともとタンドールというものがない」と語った。

これに、タモリが「ナンは、あまり食べない?」と尋ねると、
ールティ氏は「ナンは、インド人自体あまり食べない」と言い切ったのだ。

続き livedoor news/2016年1月26日 11時22分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/11107235/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 35◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1452776325/704
【【!!!】インド人はナンを食べない? 「タモリ倶楽部」で衝撃の事実が明らかに】の続きを読む

このページのトップヘ