ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 学校

学校

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
4c1ce0ddbcda26d796837a40ecb169f2_tb

東京・銀座にある中央区立泰明小学校が高級ブランド「アルマーニ」デザインの標準服を導入することが8日、分かった。今春入学の1年生から切り替える。購入価格は今の2倍以上に値上がりする見込みで、保護者からは不安の声も上がっている。

区教育委員会によると、新標準服の販売価格は上着、ズボン・スカート、シャツ・ブラウス、帽子の4点で4万円以上になり、男女ともに2万円以下で購入できる今と比べると価格は約2・5倍になる見込み。
任意購入のセーターなども加えると8万円以上になる。在校生は現在使用している標準服の着用を続ける。

同小は昨年9月、入学希望の保護者らに新標準服の導入方針を説明。
だが、価格帯について詳しい説明があったのは同年11月に入ってからだった。

区教委に同小から説明があったのは昨年夏前で、銀座を拠点にする服飾企業や販売店などにデザイン監修を依頼したところ、アルマーニだけが前向きな姿勢を示した。校長は「銀座の街にある学校として、子供たちには学校に誇りを持って育ってもらいたい」などと話していたという。
詳細はソースにて

https://www.sankeibiz.jp/compliance/news/180208/cpd1802081847007-n1.htm

【【東京・銀座】全国初、東京都中央区立泰明小学校が「アルマーニ」の特注制服を採用!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年9月、小学校で50代教諭が給食指導で児童5人を嘔吐させたと報じられ、話題になったが、こうした行き過ぎた指導を「給食ハラスメント」と呼ぶ動きが出てきている。

11月下旬、フェイスブック上で給食ハラスメントに関する専門相談窓口を設置した一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会によると、ここ最近、学校給食に悩む子どもを持つ親からの相談が急増しているという。キャリコネニュースの取材に山口健太代表は次のように語る。


「今年の春頃から、親御さんから"子どもの給食"に関する相談が増えました。9月の件の他にも、今年は『食べる時間が短い』『まずい』など給食に関する話題が多くあがりました。11月までに約50件、今は1日2~3件の相談が寄せられています」

しかし「元々給食の悩み相談へのニーズはあった」といい、給食で何かしらのいやがらせを受けている子どもや、その親の悩みが表面化するようになった、と見ている。

「教員自身、食育研修は受けていても、給食"指導"は研修すらない」

相談内容としては、保育士・教員に無理やり食べさせられるなどの給食指導を受けた子どもが、余計に悪化して食べられなくなった、というものが多い。中には、学校給食が原因で不登校になってしまった子どももいるという。


「例えば、班の全員が残さず食べられたらシールがもらえるという取り組みも、食べられない子からすればプレッシャーです。同級生から『なんで食べられないんだ』と責められる。生き地獄ですよ。登校拒否に繋がるケースもあります。他にも、食べられない子には別室で食べさせる学校もあるようです」

このようなことが起こる理由として、教員も昔、同じような完食指導を受けてきたからではないか、と指摘する。さらに教員側の理解不足を挙げる。

(全文は配信先で読んでください)

キャリコネニュース
http://blogos.com/article/265630/ 

【【学校給食】完食を強要する「給食ハラスメント」の相談が急増 教師の過剰指導が原因で不登校になるケースも 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
250px-大津地方裁判所5250071

 2011年に大津市の中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が加害者とされる元同級生らに損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が14日、大津地裁(西岡繁靖裁判長)で開かれた。元同級生らのうち最後の1人の尋問が行われ、男子生徒に当時「死ね」と言ったのは「あいさつ程度(の認識)だった」と述べた。

 遺族側の代理人弁護士が、男子生徒に蜂を食べさせようとした行為の意図を尋ねたのに対しては「リアクションやエンターテインメントを求めていた」と説明。男子生徒に対しては「亡くなる前に何に悩んでいたかを聞きたい」と述べた。

共同通信
https://this.kiji.is/313983683105850465

【【大津いじめ訴訟】元同級生「(死)ね」はあいさつ程度と説明 蜂を食べさせようとした行為は「エンターテインメントを求めていた」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
机に大量紙切れ、高2自殺未遂 第三者委「いじめ」認定

神戸市内の私立高校に通う女子生徒(18)が今年2月に自殺未遂をし、学校が設けた第三者委員会が「いじめが日常的にあった」とする調査報告書をまとめたことがわかった。いじめと自殺未遂との因果関係も認定し、学校側の対応について問題があったと指摘した。学校側は報告書の内容を精査したうえで、兵庫県に提出するとしている。

女子生徒は2月24日、兵庫県南部の公園にある石垣(高さ約13メートル)から飛び降りて頭などを打ち、3カ月以上にわたって入院した。学校は重大事態と判断し、いじめ防止対策推進法に基づいて第三者委員会を設置した。

報告書によると、女子生徒は2年生だった昨年秋以降、同級生のグループから、机や椅子に大量の紙切れを貼りつけられたり、聞こえるように「(高校を)さっさとやめろや、ブス」などと悪口を言われたりするいじめを受けた。

こうした実態を踏まえ、報告書は「いじめがなければ、自死(自殺)行為に至らなかったことは明らかだ」と指摘。さらに担任教諭が紙を貼りつける行為を「(仲間同士の)じゃれ合い」と判断し、学校内で速やかな情報共有がなかった点などを問題点として挙げ、学校側が組織・継続的に対応していれば、自殺未遂を相当程度の確率で防げたと結論づけた。

詳細はソースにて
http://www.asahi.com/articles/ASKCP6WSBKCPPIHB02F.html
no title

【【これは酷い…】いじめで飛び降り自殺した女子高生の机と椅子。 こんなドラマみたいなこと本当にやってるのか!?】の続きを読む

このページのトップヘ