ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 災害

災害

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2016042600035_1

熊本地震のボランティア受け入れが本格化し、全国から大勢の人が被災地に駆けつけている。
特に大型連休となるゴールデンウイークは多数のボランティア希望者が熊本に詰めかけることが予想されており、人々の善意が復興を後押ししようとしている。だが、その一方で懸念されているのが「モンスターボランティア」だ。

2011年の東日本大震災では個人・団体問わず全国から大勢のボランティアが集結したが、一部の人たちが無料の宿泊所や食事などを被災地に要求する行為が問題視された。

「自己満足的な善意で被災地に現れ、汚れ仕事や力仕事はやらず、仲間内で歌を歌ったり親睦を深めたり…… 被災者そっちのけで盛り上がって帰っていく“自称ボランティア”が少なくなかった。
それでいながら『働いたのに食事くらい出ないのか』と文句をつけるのだから、まさにモンスターボランティア。

彼らは『感動』や『感謝』といった見返りを求めるので地味な仕事はやりたがらない。
阪神・淡路大震災の時もガレキの前で記念撮影したり、避難所ではしゃいで顰蹙を買った人がいましたが、その当時からあまり変わっていません」(関東のNPO団体関係者)

この関係者によると、災害ボランティアは「自力で宿泊場所や食事を確保できる人」という自己完結型が基本だという。
被災地に負担を掛けないようにするためには至極当然のルールであり、特に災害初期は地元にボランティアの世話までさせたら本末転倒になりかねない。

自治体やボランティア団体によっては食事や宿泊所の提供はあるが、それはあくまで先方の善意と考えて「現地に頼らない」が鉄則となる。

問題は一部ボランティア参加者の動機にも関係するという。

感動ポルノとして被災地を消費する人や、就職面接のネタにするために参加している大学生もいる。
動機は何であれ被災地の役に立つのならいいのですが、そういった人はトラブルの原因になりがちです。
勢いだけでやみくもに現地入りすれば交通や救援活動の妨げになったり、無用に被災地の負担を増やすことにもなる」(同)

ボランティア希望者が殺到しているために受け入れ態勢が限界に達し、現地入りしながら仕事が割り振られずに活動できない「ボランティア難民」も発生している。
大型連休で希望者が増加すれば、より現地の混乱は増すだろう。

「地元の自治体やボランティア支援団体が発表する情報をしっかりと事前にチェックし、需要もないのに押し掛けるようなことは慎むべきだ。ボランティア経験や医療などの特別な技能がなければ参加できる仕事は限られてくるので、被災地に行かずとも可能な支援をするのも重要なことだと思います。
もし参加する場合もボランティアセンターへの登録やボランティア保険への加入、複数人行動を心掛けるなど、とにかく地元に迷惑をかけないことを第一にしてもらいたい」(同)

災害からの復興にはボランティアの存在が不可欠。
だが、まだまだ余震の恐怖から解放されていない被災地では復興ムードはひとまず先の話だ。
善意の協力は立派なことであるが、感情に任せて行動するのではなく「自分にできること」を冷静に判断する必要があるだろう。

http://dot.asahi.com/dot/2016042600035.html
【【熊本地震】被災地で懸念される「モンスターボランティア」 自己満足的な善意、就活ネタ作り、仲間内で歌や親睦、食事宿泊場所要求】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
熊本県の龍田中学校が避難所名義でAmazonの欲しいものリストを開設し、支援物資ではない600万円相当の高級品をGETしていた件について、テレビ朝日のモーニングショーが校長に突撃取材した。
校長の発言から新たな真実が浮かび上がる。




 避難所名義でやるからには被災した地域の人に役立てる水や食料、医療道具、生活必需品を募集するのかと思いきや、並んでいる商品を見ると贅沢品ばかり目につく。
これは避難所に必要なものではなく、主導している龍田中学のPTAメンバーが私的に欲しいものではないかという疑惑が浮上した。
この点についてテレビ朝日は校長に直接取材。その結果、やはり学校としてではなく、あくまでPTAのメンバーが勝手にやったということが分かった。
▼逃げも隠れもせず、しっかりメディアの取材に応じる校長。まずは謝罪の言葉を口にした。










 
 大園校長はこうしてしっかり学校の責任者として顔を出して回答しており、好感がもてる。
だが問題は事件を主導したPTA会長だ。会長はすでに個人・PTA両方のFacebookを削除して逃亡しており、何の説明責任も果たしていない。

以下ソースで
http://netgeek.biz/archives/71926
2016年4月27日
【【熊本地震】Amazon欲しいもの事件 龍田中学の校長謝罪 実行犯PTA会長は雲隠れ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
女優の佐々木希さん(28)が4月28日、熊本県の益城町総合体育館で炊き出しに参加した。Twitterには写真とともに、被災者から「来てくれて嬉しい」などの声があがっている。













http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/28/nozomi-sasaki-volunteer-mashiki_n_9792214.html
【【これは炎上しない】佐々木希さんがスッピンで熊本県益城町で炊き出し参加 男達が群がり写真撮影会へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20160425-00048527-gendaibiz-000-5-view

熊本地震で、災害時の報道のあり方が注目されている。23日、朝日放送「正義のミカタ」と東京MXテレビ「淳と隆の週刊リテラシー」では、「マスコミ」がテーマに扱われた。前者では災害報道のあり方について、後者では日本のマスコミの報道自由度にも議論が及んだ。

 従来から、災害時のマスコミ報道には多くの批判があった。たとえば、1984年9月14日、長野県西部でマグニチュード6.8、最大震度4の地震が発生した際、長野県王滝村では死者29名がでたが、過剰なマスコミ取材が問題になった。1300人の村にマスコミが500人も来て、村役場の人に取材が集中し、震災対応に支障が出たという。

 1993年7月12日、北海道南西沖でマグニチュード7.8・最大震度5の地震が発生し、奥尻町は壊滅的な被害を受けた。そういた状況の中、家族を失って呆然としている遺族にマスコミは無遠慮な取材をして、大きな批判を受けている。

 1995年1月17日、阪神・淡路大震災(マグニチュード7.3、最大震度7)が発生した。東京や大阪から来たマスコミは被災者の気持ちを考えていないということで、厳しい評価を受けていた。特に、ヘリコプター取材は、その騒音で倒壊家屋の下敷きになった人たちの救出活動を妨げたと、激しく批判された。

 2011年3月11日、東日本大震災(マグニチュード9.0、最大震度7)でも、各局ともに同じ津波映像ばかりを放映し続けるマスコミに、もっと被災者に役に立つ情報を多く流せという批判がでた。

 今や、誰もがSNSで意見を発信できる時代だ。しかも画像、動画付きで、だ。被災地におけるマスコミの問題行動は直ぐにSNSで話題になる。ところが、それらがマスコミで報道されることはまずない。

■取材は一社に任せればいいのに

マスコミよ、もう被災地へ行くのはやめなさい~災害報道は1社に任せれば十分!

 ただ、テレビの災害報道は生放送である。そこで、とんでもない光景を目にしてしまった。4月21日の「Nスタ」(TBS系)で17:24頃だ。避難所となっている益城町の広安小学校の入り口付近だ。

 放送では、被災地に入るボランティアが心がけることとして、数々の準備などが紹介され、被災者からもボランティアの受け入れは歓迎されているとレポーターが述べていた。レポーターと、ボランティア活動をしていた”ピースボート”の辛島友香里さんがスタジオと話していたとき、後ろにいた男性が、「撮るな」「見せ物じゃない」といって、中継が中断されたのだ。

 SNSを見ていると、こうしたマスコミと被災者の間のトラブルは少なくない。並んでいるのを割り込んでガソリンを入れた関西テレビの中継車、夜なのに明るいライトで被災者を照らして睡眠を妨げる日テレ、マスコミ各社のヘリコプターの音がうるさく町内放送が聞こえないという苦情、炊き出し現場や被災物資の運搬に障害になっているマスコミ、など多くの画像付きの実例をSNSで探し出すことができる。

 被災地で食料が手に入りにくいを承知の上で、弁当を現地調達して、批判を浴びた毎日放送の記者もいる。

 このマスコミの災害報道を巡って、ある現役のテレビ局幹部と話したことがある。その話を聞いた筆者の率直な感情は、災害報道は、事前の仕込みがものを言う調査報道とは違って「特ダネ」なんてほぼないのだから、単なる情報伝達に徹すればいい、ということだ。

 そのためには、マスコミ各社が被災地に取材に繰り出すのではなく、共同体制または一社に任せて他社はそれを利用すればいいと思っている。

 マスコミの人は、自社だけの映像、記事がほしいようだが、筆者から見れば、ワケもわからず「現場」にいっても、ほとんど素人なので、被災者の方が画像、動画付きでSNSに投稿しているものと同じぐらいの情報を流すか、当事者感覚や地の利がないだけ劣っているとしか思えない。マスコミの人はなぜか報道のプロ意識を主張するばかりで、筆者は理解できなかった。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160425-00048527-gendaibiz-bus_all
【【災害報道】<熊本地震>マスコミよ、もう被災地へ行くのはやめなさい~災害報道は1社に任せれば十分!】の続きを読む

このページのトップヘ