ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 災害

災害

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
熊本地震直前にUFO出現 益城町の上空に「謎の発光体」
東スポWeb 4月23日 10時23分配信

上方に2つが斜めに並ぶ発光体




正体はいったい!? 14日午後9時26分ごろ発生の震度7の前震を皮切りに、16日の本震を経ていまだ余震が続く熊本地震。
その発生約2時間前に、震度7が2度観測された熊本・益城町の上空で「謎の発光体」が目撃・撮影されていたことが明らかになった。
震度7が起きた場所での発光体出現という不気味な現象について、専門家は正体不明の未確認発光物体という意味で、UFOの可能性を指摘した。

大地震の前には、宏観異常現象があるといわれる。
地震の前に現れるという地震雲、太陽や月の異常、深海魚の大量浮上、クジラの大量座礁、ネズミの大量死、井戸水の水温上昇、地鳴り、携帯電話の雑音やデータ通信の遮断など、科学的には関連性が証明されていない地震の前兆とされる現象のことだ。

発光現象や発光体が目撃されるのも宏観異常現象の一つだ。
断層がずれる際に発生する電磁波により、放電現象が起こり、柱状や円盤状の光が空中を走ることがあるという。

地震による発光現象の存在は2014年、米国ラトガース大学のグループが発表。
09年のイタリア・ラクイラ地震では、発生数秒前に石畳の上をちらつく直径10センチほどの炎を大勢の人が目撃している。
1988年にカナダ・ケベック州で起きた地震では、11日前に発光現象の報告が相次いだ。
発光体の正体については「プラズマ」や「UFO」など諸説あるが、いまだ分かっていないという。

そして今回、本紙に寄せられた熊本・益城町での発光体目撃情報もその宏観異常現象なのかもしれない。

写真はホリスティック健康科学研究所(佐藤禎花代表)のスタッフの関係者T氏が撮影したものだ。
T氏は益城町の隣、熊本市東区に在住している。現在も大変な生活をしているなか、撮影当時の状況をこう証言した。

「最初の地震当日(14日)の約2時間前の午後7時30分ごろ、気付いたときから5分くらい現れました。
おばあちゃんちから帰るとき、玄関を開けたときに見えたのです。
子供を左に抱いていて、左を見たらいつもはない、まぶしい光があったから気が付いて、それで撮影することにしたのです」(T氏)

スマホで撮影された動画を検証すると、建物上空の夜空に小刻みに揺れているようにも見える2つのオレンジ色の発光体が映っている。

強い発光体と、その右斜め下に点滅する発光体も見える。強い発光体は動かない。
点滅する右斜め下の発光体が消えて間もなく、残った発光体の左上にもう一つが出現する。2つの発光体の光は強くなっていく。
そして、動かなかった強い発光体の光が弱まり、点滅を繰り返して消えると、瞬間移動したように、先ほど左上に出現した発光体のさらに左上に出現。
2つの光は強く輝く。こうした現象が40秒ほど続いていた。

UFO研究家の竹本良氏は「最初の地震の2時間前に、ヘリコプターが震源地近くをうろうろするということも考えにくいですし、
自衛隊が照明弾の演習をしているということも考えにくい。
断層がずれる際に深部ガスが発光する現象はあるが、上空で光ることはないでしょう」と分析する。

そうなると、未確認の物体という可能性も出てくる。

「大きな地震の前に謎の発光体、UFOが目撃されることは多い。エクアドルの地震でも発光現象が目撃されています。
今回の熊本地震ぐらいの規模だと“時空のゆがみ”が生じるのではないかという心配もあります。
その懸念からか、エイリアンが震源地で事前察知して地質的調査をしているのではないかと思うんですね」(竹本氏)

熊本とほぼ同時期の4月16日午後6時58分に起きたエクアドルの地震(M7・8)でも地震直前に「謎の発光体が空を駆け抜けた」との情報が飛び交い、大きな話題となっている。

益城町の発光体は、エイリアンのスペースシップと断定はできないが、空中にある正体不明の未確認発光物体という意味では、UFOということになるのかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00000007-tospoweb-ent
【【熊本地震】地震直前に上空に「謎の発光体」 専門家はUFOの可能性を指摘】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

熊本地震:避難中で不在の家から泥棒 51歳会社員逮捕  - 毎日新聞

被害申告が18件の一つ 熊本県警が窃盗容疑で

 熊本県警は23日、熊本地震で被災し、家人が避難中で不在だった同県益城(ましき)町の民家からタブレット端末などを盗んだとして福岡県糸島市加布里(かふり)、会社員、石橋勝也(かつや)容疑者 (51)を窃盗容疑で逮捕した。14日の熊本地震発生後、空き巣が相次いでいたが、容疑者逮捕の発
表は初めて。県警によると「盗んだのは間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は15日午後10時ごろ、益城町の女性(68)宅に侵入し、タブレット端末やDVDなど4点(時価計約8000円相当)を盗んだとしている。

 佐賀県から益城町役場に支援物資を届けに来た男性が、不審な動きをする石橋容疑者の軽自動車を見つけ、警察に通報した。

 県警が把握しているだけで地震後、益城町や熊本市で盗難や建造物侵入などの被害申告が18件あり、今回はそのうちの1件だという。【野呂賢治】
http://mainichi.jp/articles/20160423/k00/00e/040/182000c

【【熊本地震】避難中で不在の家から泥棒 会社員石橋勝也容疑者を逮捕】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
熊本市の名所として知られる回遊式庭園「水前寺成趣園(じょうじゅえん)」(同市中央区)の池の水が、
通常の2~3割程度に減少していることが22日、分かった。
熊本地震の影響とみられるが、原因ははっきりしていない。

園を所有・管理する出水神社によると、本震のあった16日未明、神職の男性が園内を見回った際、
通常は湧き水で満ちる池の水の大半が干上がった状態になっていた。

鳥居や灯籠も倒壊しており、前震翌日の15日以降休園している。
再開のめどは立っておらず、園は「安全性の確保や倒壊した施設の撤去、余震の影響を総合的に
判断する必要がある」としている。

園内の土産店の男性従業員(66)は「自然災害なので仕方ないが、今後が不安だ」と話していた。

また、同市北区の「小野泉水公園」の水位も一時、約30センチ低下していたことが判明。
15日に利用者からの連絡で園側が気づいた。水位は次第に戻っているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00010016-nishinp-soci

池の一部が干上がった水前寺成趣園=22日午後5時13分




水前寺成趣園



【【地震の影響か?!】熊本市の名所、水前寺公園の池が干上がる!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
no title


「施設内でのカメラ取材禁止」――。地震で大きな被害を受けた熊本県益城町の避難所に、こんな注意書きが掲出されている。その背景にあるのは、被災者と取材陣の間で発生している「大手メディアが報じないトラブル」の数々だ。

益城町震災対策本部は2016年4月22日のJ-CASTニュースの取材に対し、「カメラを向けられたり、無理な取材を受けることが被災者のストレスに繋がる。メディアの皆さんには、どうか配慮をお願いしたい」と話す。

被災者は「見せ物じゃない」

ツイッターなどに数多く報告されているマスコミと被災者のトラブル。その一例が、16年4月21日放送の情報番組「Nスタ」(TBS系)で、図らずも生中継されてしまった。避難所となっている益城町の広安小学校を訪れた取材陣に対し、被災者の1人が「撮るなと言った!見せ物じゃない、どっか行け!」と声を荒げる一幕が放送されたのだ。

「Nスタ」の取材陣にクレームをつけたのは、大柄な体格の中年男性だ。避難所の入り口付近でインタビューを行うレポーターに対し、「撮るな」「見せ物じゃない」と連呼。「お前ら(取材クルー)の車は邪魔だ、どかせ」とも続けた。

中継はすぐさま打ち切られ、画面は即座に東京のスタジオに切り替わった。スタジオの堀尾正明アナウンサーは「ちょっとご迷惑になっているようで...。すいませんでした」と平謝りしたが、「何事もなかったかのように」そのまま番組を進行した。

こうした一幕に、ネット上では「迷惑かけ過ぎ」「無神経すぎる」など番組への批判が殺到。ツイッターやネット掲示板などには、

「被災して心身ともに疲れているのに、取材、取材でウンザリなんでしょ」
「マスコミもほどほどにしてほしい。 ただでさえみんな神経質になっとるのに」
「被災者の本音が聞けてよかったな 分かったらもう帰れよ」
などと、避難者への配慮に欠ける取材陣の振る舞いを非難する声が相次いで上がった。
「取材を禁止している校内に勝手に入ろうとするマスコミの方も」

今回のトラブルの現場となった広安小学校の震災対策本部は、取材に対し、

「そうしたトラブルが起きていたとは知りませんでしたが、取材を禁止している校内に勝手に入ろうとするマスコミの方もおられます」と明かす。そうした取材陣の行動を防止するため、校内での取材禁止を告知する張り紙を16年4月21日に掲出。また、益城町福祉保健センターの避難所でも、「施設内でのカメラ取材禁止」という張り紙を出しているという。

益城町震災対策本部の担当者に話を聞くと、「施設内での取材や撮影を禁止しているのは、避難者のプライバシーを守るためです」という。続けて、マスコミの取材行為が被災者のストレスに繋がっているとも述べ、「メディアの皆さんには、どうか配慮をお願いしたい」とも訴えた。

被災者の心のケアに詳しく、過去の災害時には避難所を訪れての診療経験もあるという『東京都立中部総合精神保健福祉センター』の精神科医は、「報道に乗らないだけで、被災者とマスコミの間でトラブルが起きることは珍しくありません」と明かす。

「被災者が『見せ物じゃない』などと声を荒げたり、『カメラをこづいたり』といった行動をとることは、避難所での診療時によく耳にしました。災害によって強い心的ストレスを受けた被災者は、感情のコントロールが非常に難しい状況になっているため、こうしたトラブルが起きてしまうのでしょう」マスコミ側に対しては、被災者に対する配慮が欠けている部分があると指摘。「避難所の状況や被災者の感情を正しく理解して、配慮を徹底して取材する必要があると思います」とも述べた。
http://www.j-cast.com/2016/04/22264981.html?p=all 
2016/4/22 19:19 
 
【【社会】マスコミが報じない「被災者VS記者」トラブル 自治体の要請もむなしく「記者が勝手に...」】の続きを読む

このページのトップヘ