ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 五輪

五輪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
東京五輪、マスコット商品発売へ
14万円特大ぬいぐるみも

https://this.kiji.is/390471300168549473

2020年東京五輪の大会マスコットの特大ぬいぐるみ
no title


2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、大会マスコットを使った関連グッズの第1弾としてタオルやキーホルダー、Tシャツなどを22日から販売すると発表した。
全長130センチ、重さ約6キロの「特大ぬいぐるみ」は価格14万400円で受注販売する。

公式オンラインショップや、東京ミッドタウン日比谷に9月6日まで期間限定で設置される「東京2020マスコットハウス」で購入できる。

全国の小学生の投票で決まったマスコットは、22日のお披露目イベントで名前が公表される。

【【Tokyo】東京五輪、マスコット商品発売へ 特大ぬいぐるみは価格14万400円 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
index_3-15

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00050044-yom-spo

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は11日の理事会で、大会ボランティアの募集要項を決定した。

 活動分野は会場案内や運営サポート、車両の運転、救護など9分野で計8万人を募る。

 3月に公表した要項案では「1日8時間で計10日以上の活動」を求めていたが、決定した要項では、
8時間の中に休憩や待機時間を含むことや連続での活動日数は5日以内が基本と明記し、活動しやすい環境を整えた。
交通費補助の目的で全員に一定額の物品を提供することも決めた。支給品は今後決定する。
組織委は活動中の食事やユニホームを提供し、けがなどを補償する保険費用も負担する。

 応募条件は02年4月1日以前に生まれ、日本国籍や日本に滞在する在留資格を持っている人。
今年9月中旬から12月上旬まで応募を受け付け、19年2月頃から説明会や面談を始める。
同年9月までに採否を決め、同10月から研修を始める。


【日本「助けて!東京五輪ボランティア8万人が全然集まらないの!無給で5日x8h以上拘束 研修もあるけど来て! 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
Tokyo_2020_Olympics_logo.svg

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、一般販売する入場券について最高額を五輪開会式の30万円、最低額を競技の2000円とする案をまとめた。大会関係者が11日、明らかにした。7月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認を得て、来春の販売を目指す。

 入場券に関する有識者会議では、子どもに観戦の機会を与えることを目的に、価格帯の幅を広げることを確認していた。参考にした12年ロンドン五輪では最も高い開会式が28万9000円、最安が2880円(ともに昨年2月の調査時のレートで換算)だった。【村上正】


 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000097-mai-spo

【【東京五輪】入場券最高額、開会式の30万円 IOCに提案へ 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180605-00000067-asahi-000-1-view

 2026年冬季五輪・パラリンピック招致を検討している計7カ国の都市が、札幌市を含め慎重な姿勢を続けている。国際オリンピック委員会(IOC)総会で立候補都市が絞られる10月まで約4カ月だが、正式表明する都市は出ていない。むしろ撤退の可能性を抱える都市が少なくない。

 今回から招致は2段階方式が導入された。現在は前段で、五輪開催に興味を示す都市に対し、IOCが専門家を派遣して負担軽減の支援に協力する「対話ステージ」。10月から公式な招致期間「立候補ステージ」に入り、19年9月のIOC総会で開催都市が決まる。

 1988年に冬季五輪を開催し、有力候補に挙がるカルガリー(カナダ)は、5日に4回目の評価委員会を開く。すでに立候補の可能性を探るための委員会を設置し、400万米ドル(約4億3千万円)以上を費やしてきた。経済効果が期待できる一方で、46億米ドル(約5050億円)と予想する大会運営費を懸念する声も根強い。

 市民の声を広く聞くために、公聴会を検討中。10月以降に住民投票を実施する案も出ている。カナダ・オリンピック委員会のトリシア・スミス会長は「市民に正確な情報を与え、意見を主張する機会を設けることは大事だ。カルガリーなら、最高の舞台を整えられると信じている」と話す。

 同じく有力候補とみられているシオン(スイス)では、10日に予定されている住民投票が鍵を握る。スイス政府は10億米ドル(約1090億円)の経済支援を表明しているが、直前の調査では劣勢と報じられている。結果によっては撤退を選ぶ可能性も否めない。

 開催すれば1972年以来2回目となる札幌市も、秋元克広市長は30年大会に変更したい意向を示している。ストックホルム(スウェーデン)、グラーツ(オーストリア)、エルズルム(トルコ)、共催案を掲げるコルティナダンペッツォ、トリノ、ミラノ(イタリア)でも、明確な方針は固まっていない。(遠田寛生)


朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000067-asahi-spo

【【2026年冬季五輪】いまだ正式立候補の都市なし 札幌は… 】の続きを読む

このページのトップヘ