ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 五輪

五輪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title


「コンセプト」とは、物事を進めていく上でもっとも基本となる理念のことだ。あらゆる計画は、コンセプトが揺らぐと単なる「予定」に陥ってしまう。そのコンセプトが、2020年の東京オリンピック(以下、東京五輪)にはない。

 はじめからなかったわけではない。招致段階では、明確なコンセプトがあった。当初は「Discover Tomorrow~未来(あした)をつかもう~」とうたわれており、「その精神は招致時から今に至るまで一貫して変わっていない」という反論は的を射ていない。これはスローガンであって、コンセプトではない。

 招致段階のコンセプトは「コンパクト五輪」。サッカーの予選を除く33の競技会場のうち85%にあたる28会場を半径8kmの中に集中させ、それらを公共交通網で結ぶとともに、このエリアの中に集約的な祝祭空間を創出していくことによって、過去と未来が結びついた都市の姿を浮き上がらせる。そんな理念が、2020年東京五輪の根幹に据えられていた。

 今あらためて招致ファイルを読み返してみると、「この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である」などと、とんでもない嘘っぱちも含まれている。後述するように、「コンパクト五輪」のコンセプト自体、どこまで練り上げられたものだったかという疑問も残る。それでも、コンセプトがしっかりしていたから招致が決まったのだと信じたい。

いつの間にか消えた「コンパクト五輪」の理念

 ところが、招致決定後、東京五輪は迷走に迷走を繰り返す。なかでも、立候補後の2013年1月時点で約7300億円と見積もられていた予算は、一時3兆円を超えるまでにふくれ上がっていく。その後、東京都の関連整備費を含め2兆1600万円に縮小されたが、この過程で「コンパクト五輪」のコンセプトは雲散霧消と化していった。

 サッカーと追加種目となった野球・ソフトボールの予選を除く競技会場は35。このうち、半径8km圏にあるのは21会場。その割合は、かろうじて半数を超える60%にとどまる。大会組織委員会も都も、今は「コンパクト五輪」という言葉を使っていない。

 予算が一時は4倍以上に膨張したのは、招致計画がずさんだったからにほかならない。だとしたら、「コンパクト五輪」のコンセプトもまた、ずさんなものだったのかもしれない。

 コンパクトシティとは、単に施設や機能を集約するだけではなく、「スマートグロース(賢い成長)」という新たな成長戦略と対をなすことによって、初めて本来の意味を持つ。その意味で、「コンパクト五輪」も新たな成長のあり方を体現するものでなければならなかった。この一番肝心なところが不十分だったから、あっさりと当初のコンセプトが切り捨てられていったと考えるのは、うがちすぎだろうか。

 そうはいっても、コンセプトがないのはあまりにもおかしい。そう考えたのか、大会組織委員会のホームページを開くと、「3つの基本コンセプト」なるものが記されている。しかし、その内容は、抽象論、一般論に終始している。唯一、コンセプトらしきものを拾いあげるなら「おもてなし」。「コンパクト五輪」から「おもてなし五輪」へ。格落ちの甚だしさにため息が出てきそうだ。
詳細はソースにて

https://biz-journal.jp/i/2018/10/post_25259_entry.html

【【東京五輪】<迷走の連続で露呈した招致計画の「ウソ」>いつの間にか消えた「コンパクト五輪」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180724-hirosesuzu_full

2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの大会ボランティア参加者に、記念メダルを授与する方向で最終調整していることが12日、分かった。大会組織委の森喜朗会長が都内で行った北海道新聞主催の講演会で明かした。

森会長は「東京大会に協力したと将来、子どもや孫に見せられるような物を(参加者に)渡したい」と意図を語った。大会期間中、外国人観戦客が病気やケガをし、保険適用外の診療費がかかる際の対応策について、政府と検討していることも明かした。「お金が払えない状況もあると思う。それに対して日本側がどう対処するか、政府にお願いしている」と語った。
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201810120000878.html

【【東京五輪】ボランティアに記念メダル授与で最終調整 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20181007-00010000-spht-000-1-view

ジャニー喜多川社長、史上最大40人グループ構想…東京五輪2020年へJr.メンバーで結成

 ジャニーズ事務所が、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けてJr.メンバーによるユニット「トゥエンティー・トゥエンティー」結成プロジェクトを本格化させることが6日、分かった。ジャニー喜多川社長(86)が、事務所第1号アイドルの軌跡をたどった舞台「ジャニーズ伝説」(7~29日、日生劇場)の公開稽古前にスポーツ報知などの取材に応じて明かした。


 舞台開幕2日前、ジャニー氏の一声で9人のJr.が集められた。この日から全体稽古に参加し、急きょ劇中に「5忍者」を含めたJr.だけのシーンも盛り込まれた。その9人を最初の“候補生”に年内に計20人、来年以降にさらに20人を加え、最終的に同事務所で過去最大の40人組とするという。

 「―伝説」は事務所第1号グループの実話舞台。ジャニー氏は当時から4人を米留学させるなど、海外に目を向けてきた。今回のプロジェクトは東京五輪パラ開催が決まった13年から構想を練ってきた。「今は昔より才能のある子たちが多い。世界に通用するグループを作りたい」。大会期間中に同ユニットだけの舞台を上演して海外に向けてアピールをしていく考えだ。

 ジャニー氏の力の入りようは、舞台座長の「A.B.C―Z」も感じている。開幕直前にJr.が加わったことに、河合郁人(30)は「久々に『ユー、やっちゃいなよ』というのを見ました」と熱に触れ、橋本良亮(25)も「ジャニーさんが『(今作を)早く見たい、見たい』と。プレッシャーですよね」と2日間の稽古で舞台に臨む後輩の奮闘を刺激にした。

 ユニット名称の正式表記などは、報道陣に「みなさんで考えていただきたい」と笑った。「絶対成功します。やってみせますよ、必ず」とジャニー氏。“初代”の誕生から半世紀以上たっても、スター育成にかける情熱は衰え知らずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00010000-spht-ent
【【ジャニーズ】ジャニー喜多川社長、史上最大40人グループ構想…東京五輪2020年へJr. メンバーで結成「トゥエンティー・トゥエンティー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
女優の広瀬すずが立つ傍を、数百の学生が全速力で走り抜ける。広瀬がナレーションで、〈さあ 世界をもてなそう〉と語り、〈ボランティアを募集します〉と、叫ぶ声を重ねる。9月26日から始まった東京五輪ボランティア募集のPR動画だ。組織委と都は、合計11万人のボランティアを約2カ月半の募集期間で集める計画を立てている。

「募集開始1週間前に交通費を日額1千円支給と決めたが、1日8時間拘束のボランティアでは、時給換算で125円しかない、と不満の声が聞こえます」(都政担当記者)

 自発的に集まるなら無償で当然。が、現在、各教育機関や企業、自治体に“動員”のような募集が掛かっていることが問題になっているのだ。

「お金の支給額だけの問題ではないですよ」

 とは、『ブラックボランティア』などの著書がある作家の本間龍氏。

「平昌五輪では、2千人のボランティアが開幕前に離脱したと大々的に報じられましたね。しかし、あの五輪ですら宿泊施設がボランティアの人たちに提供され、食事も全員分出ていました。東京五輪は、値上がり必至の宿泊場所も自分で確保しなくてはならない。いかに東京五輪がボランティアに厳しい大会かが分かるでしょう」

 加えて、年内中にボランティアという呼称ではなく、他の愛称を決める動きも出ている。

「ボランティアなのに動員を掛けるから不満が出る。だから、“ボランティア”と呼ぶ必要をなくしたいんですよ。それに格好良い名前を付けて士気を上げれば、一体感が生まれて、不満も減ります」(同)

 愛称を決めるにも予算が付くのだから、それを分配した方が不満も収まる? 

「週刊新潮」2018年10月4日号 掲載

10/7(日) 5:59配信 新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00549658-shincho-soci

写真
no title

【【東京五輪】<待遇は「平昌冬季五輪」以下?> “日給1千円”東京五輪ボランティアの無理難題 】の続きを読む

このページのトップヘ