ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 五輪

五輪

AS20170423001479_comm

フィギュアスケートのソチ五輪代表で、四大陸選手権優勝、全日本選手権2位などの実績を持つ村上佳菜子(22)が23日、世界国別対抗戦のエキシビションにゲストスケーターとして参加し、現役引退を表明した。
これでソチ五輪代表男女シングル6人(羽生結弦、高橋大輔、町田樹、浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子)は5人が引退。
現役選手は男子のエース、羽生結弦だけとなった。

ソチ五輪戦士の引退VTR

14年3月 鈴木明子
ソチ五輪後にさいたまスーパーアリーナで行われた世界選手権をもって、現役を引退した。
現役最後の演技となったフリー後はリンクに向かって一礼。「今日の演技は自分の生き方そのもの。
一言でいうと『ライフ』ですかね」と、笑顔で話した。引退後はプロスケーターやコメンテーターとして活躍。
後輩選手へのプログラムの振り付けも行っている。今年2月には一般男性と結婚した。

14年10月 高橋大輔
ソチ五輪後の10月、地元の岡山市内で会見し、「復帰の気持ちを少しでも残しておくことで、次に進みにくいと感じた自分がいた。
ひと区切りつけてから次に進んでいく方がいいと思った」と、現役引退を表明した。
その後は米国留学を経て、キャスターや舞台などで活躍中。

14年12月 町田樹
“氷上の哲学者”の引退は最も衝撃的だった。全日本選手権で4位となり、世界選手権代表として名前を呼ばれたリンク上で突然、
今回、世界選手権代表発表の場に立つことができたことを光栄に思うと同時に、感謝の気持ちでいっぱいです。
私事ではありますが、フィギュアスケート選手としての引退を本日、決断しました。つきましては、世界選手権の代表も辞退させていただきます」
と、現役引退を発表し、早大大学院への進学を発表。会場はどよめき、泣き出すファンもいた。
モットーである“ティムシェル(自分の道は自分で切り開く)”な生き方を貫いた。現在は大学で研究を続けながら、アイスショーにも出演している。


17年4月 浅田真央
16年12月の全日本選手権で12位に終わった後、休養に入っていたが、4月10日に自身のホームページを更新し、
「ご報告致します。突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終えることを決断致しました」と、現役引退を表明した。
2日後には記者会見を開き、「気持ちも体も自分の気力も、もう全部出し切った。悔いはない」と、笑顔で語った。
今後は未定ながら、7月のアイスショーで引退後初の演技を披露する。


デイリースポーツ
元記事タイトル『五輪代表の引退劇 真央は笑顔で「全部出し切った」 村上の表明で現役は羽生だけに』
https://www.daily.co.jp/general/2017/04/23/0010123643.shtml

【【フィギュア】五輪代表の引退劇 村上の表明でソチ組で現役は羽生だけに】の続きを読む

86369902e0b6a5fddecd43f5fdc83856

【4月12日 AFP】国際陸上競技連盟(IAAF)は、英ロンドン(London)で12日と13日に会合を開き、ロシア陸上界の改革の進捗や、アフリカ選手の国籍変更の問題とともに、50キロ競歩を五輪の種目から外すか否かについても話し合う。

 選手のスタミナが問われる50キロ競歩は、1932年のロサンゼルス五輪から採用されているが、近年は視聴者の関心が落ち込み、
また2016年のリオデジャネイロ五輪を制したセルゲイ・キルジャプキン(Sergey Kirdyapkin)が薬物違反で金メダルをはく奪されるなど、特にロシア選手の薬物違反が目立ち、2020年の東京五輪を前に廃止される可能性が出ている。

 その中で、欧州選手権を3回制したヨアン・ディニズ(Yohann Diniz)はAFPに対し、競歩の魅力を次のように訴えている。
「視聴者の反応はとてもいい。マラソンよりもよくやっているくらいだ。50キロ競歩にはいろいろなドラマがあり、予測できなことが起こる。
それに、今の五輪がビジネスになる中で、競歩は真の意味で五輪精神の素晴らしさを体現する競技だ」

 1980年のモスクワ五輪で金メダルを獲得し、現在はIAAFの競歩部会を統括するマウリツィオ・ダミラノ(Maurizio Damilano)氏は、2020年大会に向けて妥協点を見つけたいと考えている。
また、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games)に近い筋によれば、日本にも50キロ競歩存続に意欲的な支持者がいるという。

 50キロ競歩とは異なり、20キロ競歩は男女ともに東京五輪で実施される予定だが、こちらも距離がハーフマラソンと同じ21.097キロメートルに変更になる可能性があるという。

http://www.afpbb.com/articles/-/3124897 
 AFPBB NEWS 
【【50キロ競歩】東京五輪前に廃止の可能性 存続求める声も】の続きを読む

20170404-00000008-jij_afp-000-4-view

ニューヨーク(CNNMoney) アイスホッケーの北米プロリーグ、NHLは3日、2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪への選手参加を取りやめる方針を明らかにした。

NHLの声明によると、五輪に選手を派遣することでリーグ戦のシーズンが中断されるため、チーム・オーナーの大半が「強く反対」しているという。

国際オリンピック委員会(IOC)は今回、過去5回の冬季大会でホッケー選手の旅費や保険料を負担してきた方針を覆し、費用を支払わないとの意向を示している。これを受けて国際アイスホッケー連盟(IIHF)が全額負担を申し出たものの、NHLは育成事業などへの影響が懸念されるとして却下した。

NHLは声明で、数カ月前から解決の道を探ってきたが、IOC側との間で有意義な対話は実現しなかったと主張。「IOCはそれどころか、NHLが22年の北京大会に参加するためには平昌への参加が必要との条件を突き付けてきた」と批判した。

参加取りやめの発表に対して、NHL選手会(NHLPA)は同日夜、「選手たちの落胆は大きい。NHLの近視眼的な決定に強く異議を唱える」との声明を出した。

NHLの選手らはこれまで米国やカナダ、ロシアなど出身国の代表として、シーズン中の故障という危険を冒しながらも五輪に参加してきた。

平昌五輪のホッケー競技は予定通り実施されるが、従来とは異なる選手構成になることが予想される。

CNN.co.jp 4/4(火) 13:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-35099235-cnn-int

【【アイスホッケー】NHL、平昌五輪に選手派遣せず リーグ日程への影響に反発】の続きを読む

ダウンロード (1)


 【藤山健二の独立独歩】東京五輪の次の24年夏季大会に立候補していたハンガリーのブダペストが、ここへ来て招致断念を発表した。

同大会の開催地は9月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まるが、直前になってブダペストが断念したことで、残る候補地はパリとロサンゼルスの2都市だけになってしまった。

 もともと24年大会にはドイツのハンブルクやイタリアのローマも立候補を予定していた。しかし、ハンブルクは15年11月に実施した住民投票で反対が過半数を占めたために断念。ローマも「美人すぎる市長」で有名になったビルジニア・ラッジ氏が「招致反対」を訴えて当選し、昨年9月に立候補を取り下げた。いずれも巨額の開催費用への懸念がネックとなった。

 近年の五輪はひたすら肥大化への道を突き進み、経費も雪だるま式に膨れ上がっている。東京五輪の開催経費は最大1兆8000億円と見積もられている。誰がそれだけの経費を負担するのか、いまだに東京都と組織委員会、政府の結論は出ていない。世界有数の大都市である東京でさえこうなのだから、ブダペストが断念したのは賢明な判断だったと言っていい。

 パリやロサンゼルスなら財政的には開催可能だろうが、両国は財政とは別の問題をもう一つ抱えている。移民とテロへの懸念だ。トランプ大統領は就任前にIOCのバッハ会長と話した際、ロスへの招致を支援する意向を示したが、就任後の入国制限などを見る限り、不特定多数の人が大挙して入国することになる五輪に積極的とはとても思えない。フランスも5月の大統領選挙の結果次第では移民政策の変更に伴い、招致反対の声が一気に強まることも予想される。まさかとは思うが、ブダペストに続いてパリとロスも土壇場で撤退し、24年大会は消滅、東京が歴史上最後の夏季五輪になる可能性も決してゼロではないのだ。

 巨額の開催経費とテロへの懸念から、今後も五輪離れは進む一方だろう。五輪が生き残るために必要なのは規模の拡大ではなく、縮小だ。施設は最大限既存のものを利用し、競技数も種目数も今よりもはるかに減らす。それ以外にない。五輪が商業化、つまり肥大化へと舵を切るきっかけになったのは84年のロサンゼルス五輪だった。国の援助を受けずに初めて民間の資金だけで実施された同五輪は、当時の組織委員会の創意工夫で黒字となった。それに味をしめたIOCは以後、民間資金を導入し、際限なく規模の拡大を推し進めた。その結果がこれだ。24年大会の最終候補に再びロスが残っているのも何かの因縁ではないか。大きな五輪から小さな五輪へ。一日も早いIOCの決断を望みたい。(編集委員)

 ◆藤山 健二(ふじやま・けんじ)1960年、埼玉県生まれ。早大卒。スポーツ記者歴34年。五輪取材は夏冬合わせて7度、世界陸上やゴルフのマスターズ、全英オープンなど、ほとんどの競技を網羅。ミステリー大好きで、趣味が高じて「富士山の身代金」(95年刊)など自分で執筆も。

スポニチアネックス 2/27(月) 9:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000087-spnannex-spo

【【消滅の危機】夏季五輪、次の東京が最後の五輪になる? 肥大化への道を突き進み、経費も雪だるま式に膨れ上がる...】の続きを読む

このページのトップヘ