ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 五輪

五輪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title


 2020年東京五輪の競技日程で、約2年にわたり協議が難航していた野球の日程や大会方式が18日、スイス・ローザンヌで開催された国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認された。【田原和宏】

 6カ国・地域が2組に分かれて1次リーグ各3試合を実施後、敗者復活を含めた変則的なトーナメント10試合の計16試合で争う異例の方式。大会終盤までメダルの可能性を残して「消化試合」をなくし、盛り上げる狙いがある。

 大会方式は、試合数の増加を求めて6チームの総当たり戦を主張した世界野球ソフトボール連盟(WBSC)と、経費抑制のために1次リーグを2組に分けて実施する方式を求めた大会組織委の折衷案で決着した。

 理論上は1次リーグの2敗を含む「4勝3敗」でも金メダルを獲得する可能性のある特殊な形となったが、組織委は「(1次リーグ後も)全てのチームがメダルに関係し、消化試合がなく密度の濃いものになった」としている。

 野球はソフトボールとともに3大会ぶりに競技に復帰した。ソフトは7月24日の開会式に先立つ22日に東日本大震災の被災地にある福島県営あづま球場(福島市)で開幕。全ての競技に先駆けて行うことで復興五輪を印象付ける。野球は29日に福島でスタート。組織委は国内人気の高い野球から始める案も検討したが、野球を先に実施した場合、大会期間前から日本代表を招集する必要があり、プロ野球の中断期間が長くなり、日本のプロ野球側は影響の少ない今回の日程案を求めていた。

毎日新聞2018年7月19日 東京夕刊
https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20180719/dde/007/050/031000c

【【東京五輪】野球、変則方式に 敗者復活から金も 「消化試合」なくす狙い…参加は6チームだけ 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
IOC、eスポーツ参入で議論
五輪実施、根強い抵抗感も

https://this.kiji.is/393710901733917793

「eスポーツ」と五輪をテーマにした公開討論会に臨むIOCのバッハ会長=21日、スイス・ローザンヌ(IOC提供・共同)
no title


【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は21日、コンピューターゲームの腕前で勝敗を競う「eスポーツ」と五輪の今後をテーマにしたフォーラム(公開討論会)をスイスのローザンヌで開き、ゲーム業界関係者やプロのeスポーツ選手と意見交換した。
市場拡大が続く新たな分野の参入へ本格的なアプローチをスタートさせた形だ。

フォーラムでの一貫しないIOCのバッハ会長の言葉が、手探りの現状を浮き彫りに。
若者が中心の市場は魅力的だが「どう考えてもスポーツではない」と断言するIOC委員もいて、抵抗感は根強い。

──────────────────

eスポーツとの連携模索へ=12月にも試験的な計画策定―IOC
時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072200119&g=spo

【ローザンヌ(スイス)時事】国際オリンピック委員会(IOC)と、非五輪競技団体を含む国際競技連盟連合(GAISF)は21日、コンピューターゲームで勝敗を競う「eスポーツ」と五輪が連携する可能性を模索するため、eスポーツ連絡グループを設置することを決めた。

IOCのバッハ会長はeスポーツに関して討論した21日のフォーラムの後、「将来への足掛かりを得た。未知のこともまだあるが、対話を通じて共通する部分を探っていきたい」と語った。
各国際競技団体や各国オリンピック委員会と協議を重ね、12月に予定されている五輪サミットに向けて試験的な計画を策定したい考えを示した。

【eスポーツの五輪参入へIOCで議論 「どう考えてもスポーツではない」と断言するIOC委員も 根強い抵抗感 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
180719utmz1

東京五輪、暑さ対策で「打ち水」「浴衣」を活用? 有識者会議の内容に「風流で涼しくなるのか」とツッコミ相次ぐ
2020年開催の東京オリンピックの競技スケジュールの大枠が7月18日に固まった。マラソンなど屋外種目の一部が「厳しい暑さ」を考慮し、招致時の計画より前倒しのスタートとなるという。これについてツイッター上では、

「1、2時間予定を前倒しにした所でなにも解決しないと思うんですが…」
「今、犬の散歩6時くらいから行ってもかなり暑いのに大丈夫なのかな? てか、夏に屋外スポーツってもう無理なのでは…」

など、前倒しは根本的な解決になっていないという声が多く寄せられている。そんな中、2015年4月に読売新聞に掲載された「暑さ対策」に関する記事がネット上で話題となっている。

「日程変えろよ、竹槍かよ」「そんなもので涼しいと何分感じられるの?」

記事によると、招致決定から2年後の2015年に初の有識者会議が開かれ、「道路のおもてなし」の具体策が検討された。その中で、道路を
利用するマラソンなどの競技は熱中症予防策が重要となるとし、対策として「打ち水のほか、浴衣、よしず(編注:ヨシの茎で編んだすだれ)の活用など日本ならではの対策を盛り込み、観光PRにも生かしたい」という声が出たという。

何もしないよりかはましなのかも知れないが、ネット上では非難轟々。特に道に水を撒く「打ち水」は、比較的涼しい早朝か夕方に行うと
効果的だが、日中に行うと逆に湿度を上げてしまうこともあり、ネット上では、

「打ち水って地面の温度が50度を超えるような現代日本においてはただ湿度を上げて不快指数を上げるだけだと思うの私だけ?」
「エアコンが無いから打ち水してたのであってエアコンのある現代に水をそんな事に使わないでくれ~」

などの声が上がった。他にも「オリンピックの暑さ対策で打ち水とか浴衣とか馬鹿すぎやろ 風流で涼しくなるなら世話ねぇわな」
「そんなもので涼しいと何分感じられるの?」「日程変えろよ、竹槍かよ」と批判的な声が殺到した。

国交省「実際に散水や打ち水を行うかはこれから決めます」
記事で取り上げられた第1回有識者会議の議事概要を見ると、

「打ち水が一番効果的だと思うが、中途半端な打ち水はかえって蒸し暑くなるなど邪魔になることもあるのでやるなら徹底的にやってほしい。(略)観客席や屋根を造る配慮もほしい」
「(パラリンピックで)車いすとなるとミストや打ち水は滑ったり、ハンドリング部分が濡れると滑る危険性もあることを留意してほしい」

https://news.careerconnection.jp/?p=56883

【【東京五輪】暑さ対策に「打ち水」を活用 →「風流で涼しくなるのか」批判殺到 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180718-00000160-dal-000-4-view

 2020年東京五輪組織委員会は18日、スイス・ローザンヌで行われた国際オリンピック委員会(IOC)理事会で競技日程の大枠を提案し、承認された。17日間で史上最多の33競技339種目を行う2年後の真夏の祭典の具体像がいよいよ明らかになった。

 承認後に報道陣に対応した組織委の森喜朗会長は「開幕2年前を目前に、今後の大会準備においても重要な節目を迎えられたこと

大変うれしく思います。7月24日、開幕2日前の福島でのソフトボールを皮切りに、史上最多33競技339種目が、おおよそ2週間の大会期間に凝縮され、男子マラソンが実施される閉幕まで、これまでにないほどの熱気にあふれた大会になると確信しています」と、語った。

 競技は7月24日の開会式を前にした22日の女子サッカー1次リーグからスタート。なでしこジャパンが再び世界一に返り咲くべく、出陣する。男子サッカーは翌23日からスタートする。開会式を挟み、7月25日の大会初日から柔道、競泳、体操、卓球など人気競技がスタートする。

 招致の時点では前半に組まれていたレスリングは、日本の放送局の意向を組んで、後半の8月2日からスタート。また、追加種目で金メダルの期待が高い日本発祥の空手も終盤(8月6日から3日間)に組み込まれた。ほぼ同時期に行われる卓球個人戦とバドミントンもメダルマッチが重ならないように配慮されるなど、全日程において国内の盛り上がりがなされるように工夫された。

 陸上は通例通り後半。大会最終日は男子マラソンなどで締めくくられる。

ソース デイリー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000160-dal-spo

【【東京五輪】競技日程発表に組織委森会長「これまでにないほどの熱気にあふれた大会になると確信」  】の続きを読む

このページのトップヘ