ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 韓国

韓国

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
会場ではブーイングも。ザギトワ金、メドベ銀の採点を巡って議論沸騰!

究極のハイレベルな争いとなった女子フィギュアのフリースケーティングは、SP首位だったアリーナ・ザギトワ(15、OAR)が、156.65点、“女王”エフゲニア・メドベージェワ(18、OAR)も同じく156.65点の同スコアに終わり、SPで首位に立っていたザギトワが、そのリード分、わずか1.31点差で金メダルを獲得した。だが、その両者の採点を巡って海外では早くも議論が巻き起こっている。

 パーフェクトな演技に見えたメドベージェワが逆転できなかったことに疑問を投げかけたのは、ソチ五輪アメリカ代表のアシュリー・ワグナーだ。ザギトワの金メダル決定後に3本続けてSNSにツイートした。

「うーん。あの(競技の)後で言えるのはこれだけ」とつぶやき、続いて驚きと困惑が混じったような表情の動画をアップした。さらに、「最後に楽しませてくれた今夜のトップ3選手へ」と感動しながら拍手をする動画で締めくくったが、何やら意味深なツイートだ。

 ワグナーは、欧州選手権でザギトワがメドベージェワを破って優勝した際にも、技術基礎点が1.1倍となる後半に7つのジャンプをすべて詰め込む“得点重視”の芸術性を無視したともいえるザギトワの戦略的なプログラムを批判していた。

「技術的には完璧で、その競争心には敬意を表します。でもこれはない。プログラムではない。彼女の前半は空っぽで、後半がカオスになった。これは演技ではない。採点の仕組みがそうさせていて、彼女のことを責め
ることはできないが、私は楽しめなかった。これはフィギュアスケートではないと思う」

 それだけに「アンナ・カレリーナ」の世界をまるで劇場作品のごとく美しく華麗に演じきったメドベージェワが逆転できなかったことに疑念を投げかけたのだろう。

 英国のBBCも「最後に滑ったメドベージェワは、ザギトワに十分に追い付いたように見えたが、審判たちは、2人に同じ得点を付けた」とザギトワの金メダルに批判的に報じた。
詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000002-wordleafs-spo
no title

【【平昌五輪】会場ではブーイングも。ザギトワ金、メドベ銀の採点を巡って議論沸騰! 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
タコスなどを販売するフードチェーン店タコベルにて商品を注文したところ人種差別的な言葉が書かれていたとして騒動になっている。
仁川生まれのイ・インヨン(25)さんはファーストフード店タコベルに訪れ受け取った領収書を見て驚いたという。

そこには東洋人(主に中国人)を卑下する言葉が書かれていた。

事件が起きたのは17日の午前1時40分頃でフィラデルフィアの店舗に行き注文。彼はスティーブ(Steve)という名前で
注文を行い、彼が受け取った領収書には「チンク(Chink)」という言葉が書かれていた。

この「Chink」というのは東洋人や中国人を卑下する意味。受け取った男性は激怒し、騒動が大きくなるとアメリカの大手メディアまでも取り上げはじめた。

タコベルは20日になり「従業員の行動は容認できない。即解雇した。二度とこのようなことが起きない容易に努力したい」と謝罪した。

詳細はソースにて
http://gogotsu.com/archives/37502
no title

no title

【【Chink】タコベルで人種差別的な言葉が領収書に書かれ韓国人男性が激怒 店員は即解雇 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20171023-00077232-roupeiro-000-11-view

 【平昌=田中充】平昌五輪フィギュアスケート男子で、66年ぶりに2連覇を果たした羽生結弦(ANA)が22日、25日に行われるエキシビション向けの練習に参加し、「閉会式にも出るつもり。日本選手団の1人として楽しみたい」と語った。

 冒頭では、一緒に練習した宇野昌磨(トヨタ自動車)ら5人が横一線に並び、ショートトラックのように一斉に駆け出して遊んだ。先頭に躍り出た羽生はカーブで回りきれずに転倒。激しく壁にぶつかり、苦笑いを浮かべる場面もあった。

 エキシビションナンバー「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」の曲を流すと、1回転半で大きな弧を描いたアクセルなどを披露。史上初の4回転アクセルに意欲を示す23歳は「(体の)軸を作って、ちょっとずつ大きく跳ぶ練習をしていきたい」と進化を目指す。

 昨秋に負傷した右足首については、現在も痛み止め薬を服用し、「痛いのはルッツとループの踏み切り」と回復には時間がかかりそうだ。代表に内定している3月の世界選手権(ミラノ)も現時点での出場は「未定」とし、「足首の状態をみて決断したい」と慎重な姿勢を崩さなかった。


(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180222/pye1802220049-n1.html

【【平昌五輪】 羽生結弦は閉会式に出席「日本選手団の1人として楽しみたい」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
150918-3-1

平昌(ピョンチャン)冬季五輪の日本選手の獲得メダル数は21日のスピードスケート女子
団体追い抜きの金メダルで、自国開催だった1998年長野五輪を抜き、冬季五輪で史上最多の11個(金3、銀5、銅3)となった。報奨金がメダルの色によって選手にそれぞれ贈られ、関係者はうれしい悲鳴を上げている。
日本オリンピック委員会(JOC)は金メダル500万円▽銀メダル200万円▽銅メダル100万円を贈っている。
五輪のメダル報奨金は92年アルベールビル大会から導入され、金メダルは当初、300万円だったが、16年リオデジャネイロ大会から500万円に増やされた。銀と銅は据え置かれたままだ。

メダル報奨金は競技団体などから、もらえることがある。今大会、7個のメダルを獲得した
日本スケート連盟はJOCと同じで、金500万円▽銀200万円▽銅100万円。金、銀、銅と三つのメダルをそろえた高木美帆(日体大助手)はJOCと連盟の報奨金を合わせると、
1600万円の計算になる。金メダルの女子団体追い抜きは、4人で合計4千万円の報奨金。

4個獲得している全日本スキー連盟は予算の関係などから、現時点で公表していない。
悲願のメダル獲得をめざし、女子(LS北見)が23日の準決勝に進んだカーリングは、報奨金がない。
日本カーリング協会の柳等強化委員長は「お金がないので、ない袖は振れない」と話す。

詳細はソースにて
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL2Q0Q6FL2PUTQP08Q.html?iref=comtop_8_05

【【平昌五輪】サイクルヒット達成の高木はボーナス1600万 一方、カーリングはメダルとっても0円 】の続きを読む

このページのトップヘ