ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 韓国

韓国

201712150610000view

2017年12月15日、北朝鮮問題などについて話し合うため来日した韓国の最大野党・自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が、成田空港での入国審査で指紋の採取を拒否していたことが分かった。韓国・ニューシスが報じた。

1996年に国会議員として政界入りし、2012年から慶尚南道(キョンサンナムド)知事を務めていた洪氏は、今年4月、大統領選出馬に伴い知事を辞職。大統領選では文在寅(ムン・ジェイン)氏に敗れ7月からは自由韓国党代表を務めているが、国会議員など公職には就いていない。そのため「外交・公用」パスポートは所持しておらず、外国入国には一般の韓国人などと同様の審査を受ける必要がある。

しかし13日、成田空港に到着した洪氏は、「韓国の第1野党党首としての公式訪問」と主張し指紋の採取を拒否したという。日本の外務省・法務省が即対応に当たったものの、結局、指紋の採取は行われないまま洪氏は日本に入国した。

実は今回の洪氏の訪日については韓国国内では否定的な受け止めが強いようで、「洪氏が安倍晋三首相の前で自国政権をおとしめた」などとして、洪氏の日本での発言を問題視する報道が複数出ている。また、ネット上でも「自分が親日派と証明しに行ったの?」など批判する声が多数みられた。

しかし今回の「指紋採取拒否」の報を受け、韓国ネットの評価は一転したようだ。記事には「よくやった」「格好いいぞ」「これこそ国の格だ」「洪準杓はペコペコしたりしない」「さすが男の中の男だね」など絶賛コメントが寄せられている。

(全文は配信先で読んでください)
レコードチャイナ
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171215/Recordchina_20171215061.html 

【【入国させるなよ!】来日した韓国野党代表、成田空港での指紋採取を拒否し入国=「男の中の男」韓国ネットから称賛続々】の続きを読む


中国に国賓訪問中の韓国の文在寅大統領。その出席イベントでちょっとした騒動が起きた。12月14日にイベントがあり、そこで韓国の写真記者が、中国の警備員に暴行を受けた。

韓国の写真記者協会は「ゲストに招いておいて暴行するなんてこれが中国の礼儀か?」と強く反発した。
また写真記者協会はこの日「中国警備員による韓国写真記者への暴行を強く糾弾する」という内容の声明を出し、中国政府の謝罪と賠償、そして責任者と関係者の処罰を強く要求した。

詳細はソースにて

http://gogotsu.com/archives/35423
no title

no title

【【中国を訪問中のムン大統領】取材していた韓国記者が中国警備員に暴行を受け大騒動 倒れた後も殴る蹴る 】の続きを読む

prm1712120003-p1

 韓国伝統の「犬肉食用文化」。国際的な論争を巻き起こしており、2016年7月には美人のイタリア元観光長官が犬食を中断しなければ平昌五輪をボイコットすべきと主張した。30年前の1988年ソウル五輪では欧米諸国へのイメージダウンを避けるため、ソウル市内にある犬肉レストランが閉鎖されたという。ペット人口が1000万人に達する今の韓国では若者の「犬食」離れが指摘され、世論が賛否で激しく対立していると報じられる。米議会下院外交委員会はアジア諸国に犬肉の売買をやめるよう求めた決議案を採択しており、五輪を控え、韓国に食文化への圧力がかけられた格好だ。

 韓国では動物性タンパク質が貴重だった昔、病み上がりなどによく犬肉を食べさせたという。米CBSは1300年代初めから食べていたと解説した。犬の肉を使用したスープ、補身湯(ポシンタン)を夏場の強壮料理として食べられるという。朝鮮日報は年間78万~100万匹の犬が食用として流通していると報じる。

 ところが、最近は家族の一員としてペットを飼う人口が韓国でも1000万人に達し、愛玩犬のためのホテルやグッズなどを含む市場規模は15年で1兆8000億ウォン(約1800億円)に及び、20年には5兆ウォン(約5000億円)台に成長すると見込まれている。

 韓国の世論調査会社によると、15年の1年間に犬肉を食べた男性の比率は50~60代が半数を占める。韓国のアジア経済新聞によると、05年に520カ所以上あったソウル市内の犬肉専門レストランは、14年には329カ所に減少した。犬肉農場のオーナーは「今では(肉の)選択肢があり、若者はわざわざ犬肉を食べようとはしないし、ペットとして飼う家庭が増えた」と同紙に話している。このため「死に行くビジネス」と評する海外メディアもあるほどだ。

 中央日報は今年9月、動物保護団体がソウル市内で食用禁止法づくりを促進する市民集会を開き、平昌五輪開催を控え補身湯が残っている限り「国際的な恥さらしだ」とし、「動物愛護はあり得ない」と訴えたと報じた。

 衛生面でも流通している犬肉は問題があるという。朝鮮日報によると、各市民団体は犬肉が抗生物質まみれと主張している。大学の研究所に依頼した調査結果では93件のサンプルのうち45.2%に基準を上回る抗生物質成分が検出されたという。劣悪な飼育環境などのため病気に対する抵抗力が落ち、抗生物質が乱用されていると推測されている。

 ソウル五輪時には海外の動物保護団体が犬の食用を禁止しなければ五輪をボイコットして韓国製品の不買運動を展開すると韓国政府に食用禁止措置を求めた経緯がある。
詳細はソースにて

http://www.sankei.com/premium/news/171212/prm1712120003-n1.html

【【平昌五輪】 米議会、アジアに犬肉販売禁止求める 韓国伝統食文化、五輪成否の波乱要因になる? 】の続きを読む

20160104-04631700

平昌(ピョンチャン)冬季五輪期間中に1泊100万ウォン(約10万円)を超える宿泊料金を策定した平昌・江陵(カンルン)地域の宿泊業者が大規模な空室発生を懸念する自体に追い込まれている。

平昌冬季五輪大会組織委員会が事前契約した宿泊業者との客室予約を5500室ほどキャンセルした事実が9日に明らかになった。平昌冬季五輪組織委員会と江原道(カンウォンド)によると、IOCが大会主要関係者と顧客向けに配分を要求した宿泊施設の規模が2万1200室から1万5700室規模に減った。

組織委員会など大会関係企業が相次いで宿泊をキャンセルしたのは平昌冬季五輪に来る主要顧客の人数が減ったためだ。

組織委員会は儀典が必要な人たちとマーケティング関係者らのために競技場から1時間以内の距離にある3~5つ星級ホテル、コンドミニアム、リゾートなどをあらかじめ押さえておいた。だが北朝鮮の挑発など韓半島(朝鮮半島)情勢が不安定になり主要顧客が減った。これを受け組織委員会は先月原州(ウォンジュ)にあるホテルと大型コンドミニアムとの契約を相次いでキャンセルした。

これについて組織委員会関係者はあるメディアに「国家五輪委員会(NOC)など海外から来るお客が平昌組織委員会を経ず独自に宿泊地を探して契約したり、参加団の規模を減らしたことから事前契約した客室数が減った」と話した。

http://japanese.joins.com/article/351/236351.html?servcode=600&sectcode=670
【【悲報】平昌五輪1泊100万ウォン超える平昌の宿泊施設…IOC、大規模予約キャンセル!?】の続きを読む

このページのトップヘ