ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 韓国

韓国

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
6874e8d8

韓国の大手紙「中央日報」が、事もあろうに本紙の旭日旗報道にイチャモンを付けた。
サッカーW杯ロシア大会中に韓国が複数回、旭日旗を「戦犯旗」と批判したことについて、
本紙は文筆人の但馬オサム氏のコメントとして「戦犯国という概念も戦犯旗という概念も存在しない」と報じてきた(6月27日付、7月5日付)。
その本紙報道を中央日報が8日、「開き直り」と批判し、さらに但馬氏を「嫌韓作家」と糾弾してきたものだから、ふざけるな!だ。
但馬氏が真っ向から反論した。

中央日報は「戦犯旗根絶特別企画」と銘打った「『旭日旗狩りは韓国だけ』…日本メディアのわい曲報道」という記事で
「東スポは戦犯旗論争が大きくなるたびに積極的に問題をわい曲する記事を掲載した」
「但馬氏は同メディアを通じて数回にわたって嫌韓発言を行ってきた人物」と本紙の記事を批判した。

 韓国事情に詳しく、著書「300枚のユニークな広告が語る こんなに明るかった朝鮮支配」(ビジネス社)を刊行した但馬氏は、中央日報の記事をこう斬って捨てた。

「実に韓国メディアらしい反応だと思います。『戦犯国・戦犯旗という言葉も概念もない』という私の発言への論理的な反論は一切なく、
ただ妄言だ、わい曲だ、とののしるだけです。これでは成熟した大人の議論はできません」

 韓国で使われる「戦犯国」「戦犯旗」という言葉を但馬氏は「造語だ」と否定してきたが、そこに対する反論はなかった。

韓国・中央日報が東スポ批判の愚 W杯中の本紙「旭日旗」報道を「開き直り」
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/1091872/

【韓国メディアが東スポの「旭日旗狩りは韓国だけ」報道を開き直りだと批判! 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
laos-dam-collapse-0724

ダム決壊の死者27人に=カンボジアでも住民避難―ラオス
時事通信
 【バンコク時事】ラオス南東部アッタプー県で起きた建設中の水力発電用ダムの決壊で、国営通信は26日、死者が27人に達したと報じた。

 
 トンルン首相は25日、131人が行方不明になっていると発表している。国営通信によると、木や屋根の上に取り残されていた住民は全員救助されたが、3060人が家を失った。

 ダムから流出した水は下流域のカンボジアにも影響を及ぼしている。プノンペン・ポスト紙によると、ラオスと接する北部ストゥントレン州では17村が洪水などの被害を受け、25日夜までに1200世帯以上の住民が高台に避難した。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000117-jij-asia

【【ラオス】韓国企業が建設中だった決壊したダム、カンボジアまで及ぶ大災害に 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

■TBSテレビ 【報道特集】<特集>カジノで変わった韓国の町

きのう成立したカジノを含むIR=統合型リゾート整備法。
カジノができた韓国の町・江原道チョンソン郡を取材。
カジノの営業時間は午前10時から翌朝4時まで。
町には夜通しネオンがともる。
ギャンブル依存症に陥った人々の相談を受けている町のギャンブル被害者支援センター代表・バンウングン牧師は「増えたのは夜の商売しかない。
カジノで観光産業を発展させようとするのは愚かな考え」と指摘。
https://jcc.jp/news/13713908/
07/21 18:30

■画像ピックアップ
no title

no title

no title



■動画
https://www.dailymotion.com/video/x6iz45w

【韓国人「カジノをつくると、その街は滅びてしまいますよ。日本もそうなるのではないでしょうか」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180703-01655890-gekisaka-000-4-view

[7.2 ロシアW杯決勝トーナメント1回戦 日本2-3ベルギー ロストフ・ナ・ドヌ]

 日本代表がベルギー代表に2-3で逆転負けを喫した。アジア勢で唯一決勝トーナメントに進んでいた日本の結果を、韓国メディアも速報で伝えた。

 しかし『中央日報』によると、同試合を中継した韓国放送公社『KBS』の解説者の発言が批判を浴びている。
問題の場面は2-2で迎えた後半アディショナルタイム4分、ベルギーMFナセル・シャドリのゴールが決まると、解説者のハン・ジュニ氏は「シャドリ、ありがとう。なぜ投入したかと先ほど言ってしまったが、間違っていた」と発言。「感謝して謝罪します」などと続けた。

 “日本の負けを喜ぶ”発言が公共放送の電波を使ってされたことで、韓国国内でも批判の対象になっている様子。
『KBS』には「いくら日本が勝つのが嫌だといっても、公共放送の解説は公平にしなければいけない」「日韓戦でもないのに。もっと中立性を保って放送するべきだった」といった声が寄せられているという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-01655890-gekisaka-socc

【【 日本の負けをお祝い申し上げます】W杯日本敗退に韓国公共放送で解説者が「負けてくれてありがとう」 】の続きを読む

このページのトップヘ