ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 韓国

韓国

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
150918-3-1

 真冬の熱き戦いに日本中が酔いしれている。

 平昌冬季五輪が開幕し、16日で1週間となる。表彰台に立って満面の笑みを浮かべた選手たちは多くの国民に感動を与えたが、一方でメダル候補といわれながら結果を残せずに涙を浮かべた女子スノーボーダーの姿もあった。だが、悲喜こもごものドラマはまだ終わっていない。ひのき舞台に立つ日本勢の活躍を願い、その一挙一動に今も多くの人たちが固唾(かたず)をのみながら見守っているはずだ。

観戦後、帰宅難民になった人も

 ただし、この平昌五輪にはどうしても引っかかるところがある。ホスト国、韓国の大会運営があまりにもずさんでひど過ぎるからだ。のっけからブーイングが飛び出したのは、10日夜のノルディックスキー・ジャンプ男子個人ノーマルヒル決勝。決勝の1本目は午後9時半過ぎに始まったが、秒速5メートルを超える強風が時折吹き荒れ、何度も競技が中断される事態になった。

 気温は氷点下10度を下回り、その中で待機させられるハメになった選手たちは係員に毛布でくるまれたり、マッサージを受けたりしながら懸命に冷気から身を守っていた。このような環境下は普通ならば競技どころではなく、順延が妥当だ。

 ところが競技は強行され、すべてが終了したのは日付が変わった深夜0時半近くだった。21位に終わった“45歳のレジェンド”葛西紀明も「『こんなの中止でしょう』という感じ」と口にし、珍しく怒りをあらわにしていたほど。観衆も極寒に耐え切れず、競技終了を待たずして逃げるように早々と会場を去っていった。

●アクシデントが発生してしまう危険性

 葛西が怒るのも無理はないだろう。悪条件によってコンディションが狂わされた選手はたまったものではなく、下手をすればアクシデントが発生してしまう危険性もあった。

 そもそも、このスキージャンプ、ノルディック複合(ジャンプ)競技会場の「アルペンシアスタジアム・アルペンシアスキージャンプセンター」は1年前のプレ大会の開催時から強風に対する強い不満の声が参加選手たちからあがっていたと聞く。

 1年前の時点で韓国の大会組織委員会側はすでに強風に関するデータが集まっていたはずなのに対応策を練り切れておらず、本番では結局生かせなかったということになる。待たされる選手への配慮も明らかに欠けていただけに、李煕範(イヒボム)組織委員長を筆頭とした大会組織委員会の考えの甘さにはあきれ返るほかない。

 ちなみに平昌は各メディアでも報じられているようにアクセスの面でも不平不満が方々から爆発している。開会式の会場となった平昌オリンピックスタジアム周辺で9日の式終了後、大パニックが発生したというニュースには多くの人が驚かされただろう。午後10時半過ぎに観客が帰路につき始めたものの、最寄り駅の珍富(チンブ)駅へピストン輸送するシャトルバスの本数が極端に少ない上に時間通りに来ないため乗り場付近ではあっという間に長蛇の列ができた。

 しかも、会場付近の気温は氷点下10度前後。強風が吹き荒れる極寒地獄の中で待たされた人たちはようやく日付が変わってシャトルバスに乗れたが、珍富駅に着くと終電はすでに終了していたというからシャレにならない。

 田舎町のためか、タクシーも30分に1台程度しか来なかったことから残された大半の人は一時絶望感を味わったのではないだろうか。その後、鉄道会社側が珍富駅発の特別列車の運行を決めたので、“帰宅難民”と化した人を何とか乗車させたとはいえ、あり得ない話だ。長い五輪の歴史を振り返ってみても、こんな体たらくは前代未聞と言っていい。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000024-zdn_mkt-bus_all 

【【平昌五輪】なぜこんなことに? ホスト国、韓国の大会運営があまりにもずさんでひど過ぎる 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180215-00126870-nksports-000-4-view

 平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)のフィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)を翌日に控えた15日、会場の江陵アイスアリーナで公式練習が行われた。男子は昼、夜と2度の練習が組まれており、夜の練習は一般公開。だが、SPの最終組メンバーで姿を見せたのは金博洋(中国)だけだった。

 66年ぶりの2連覇を目指して右足首の故障から復帰した羽生結弦(23=ANA)が登場すればSPを前に生の滑りを「先取り」できる機会だったが、ファンにとっては肩すかしを食らう格好となった。公式練習では順番にSPの曲が流され、金博洋は途中で練習を終了。羽生のSP「バラード第1番」は結果的に誰もいないリンクに流されることとなり、曲の終了と同時に「キャー」というファンの歓声がこだました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00126870-nksports-spo

【【平昌五輪】羽生結弦は夜練姿なし…曲だけ流れファン「キャー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
U2000-PN1-2

韓国に粘り勝ち、開幕3連勝とした。1点を追う第9エンド、相手スキップが最終投で円心を通過させてしまう痛恨のミス。2点が転がり込んだ日本が、そのまま逃げ切った。
会場は韓国の応援団でいっぱいだったが、サードの吉田知は「失敗して『イエーイ』って観客に言われたことがあまりなかったので、逆にすがすがしかった。もう失敗しないぞって思った」。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL2H6S73L2HUTQP052.html?ref=tw_asahi 

【【平昌五輪】カーリング女子日本代表「失敗して『イエーイ』って観客に言われた」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180214-058491066

018年2月13日、韓国政府が作成している韓国史教科書の執筆基準試案から「(北朝鮮による)6・25(=朝鮮戦争)南侵」という表現が抜けたことに憂慮の声が上がる中、韓国・テレビ朝鮮が執筆指針に従わなくてもいいとされる小学校の歴史教科書30冊を調べたところ、さまざまな“歪曲(わいきょく)”が発見されたという。

同メディアの調査によると、C出版社の現代史書籍は朝鮮戦争について「ひとまず北朝鮮の責任だが、韓国もよくやったわけではない」と説明しているという。また、S出版社の論述指導教材は北朝鮮が攻めてきた理由について「民族反逆者から苦しむ人民を解放するため」と記載していた。

韓国の国軍は「人民軍の敵」、国連軍は「土地を奪う侵略者」と記述し、北朝鮮軍が洛東江(ナクトンガン)まで南下してきたことについては「朝鮮民主主義人民共和国が民族反逆者と悪質な地主を処断した」とする一方、「国軍と国連軍は17万人を虐殺した」と非難しているという。

これを受け、専門家からは「小学校時代に歪曲された歴史観にさらされているようなもの。まるで犯罪行為のよう」との批判の声が出ているという。

韓国のネットユーザーからは

「これって実話?どんな人が執筆しているのか気になる」
「おかしいんじゃない?」
「話にならない。口があんぐり」など「にわかに信じがたい」とのコメントが目立ち、「これじゃ完全に北朝鮮の教科書」との指摘も。

また、現政権を挙げて

「さすが主体思想派(※朝鮮労働党の指導理念である主体思想を支持し、それに沿った政治活動を行う韓国の政治運動)の政府」
「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が好きそうな記事」

と皮肉の入り混じった声も少なくない。

あまりにも衝撃的だったのか

「この国の未来が心から心配」
「教育が主体思想派に奪われてしまった。子どもをしっかり守らねば」
「歪曲された歴史教育が次世代にきたす影響を考えると鳥肌が…」

と警鐘を鳴らすユーザーも多く見られた。
詳細はソースにて
http://www.recordchina.co.jp/b570806-s0-c30.html 
【【韓国ネットに衝撃走る】国連軍は「土地を奪う侵略者」 小学校の歴史教科書が“歪曲”だらけ?】の続きを読む

このページのトップヘ